情報発信するアンテナ

いつも大変お世話になっております、そうすけ(@sosuke14jp)です。

インターネットの普及によって、いつでも世界のあちこちの人と繋がれるようになった今の時代。困ったことがあってもググるだけで解決できるという、非常に便利な時代になりました。

そんな中、普段情報を探す・知る・学ぶ手段としてインターネットを活用している方は多いと思いますが、逆に自分から情報を発信する手段としてインターネットを活用している方はどれだけいるでしょうか。最近はSNSの普及によって、これらのことも非常に気軽にできるようになりましたよね。

「私が情報発信?そもそも発信することなんて無いよ?」とお思いの方もいるかもしれませんが、実はあなたが気がついていないだけで、あなたの持っている情報や体験の共有を求めている人は世界中に大勢います。

そこで今回は自分からの情報発信のススメとして、こんなものがあったら是非情報発信してみよう!というものをいくつかご紹介します。

スポンサードリンク


自分は知っているけど周りの人は知らないこと

まず1つ目は「自分は知っているけど周りの人は知らないこと」です。これは「周りの人が知らない」という点になかなか気が付きにくいというのがポイントですね。

自分にとっては当たり前のこと、しょうもない事であっても、知らない人から見れば目からうろこだったなんてことも良くあります。

例えばそうすけが昨日このブログに書いた ごちゃごちゃしたGmailの受信トレイはアーカイブ&お気に入りでスッキリ整理しよう! という記事ですが、こちらの記事の内容はそうすけからしたら普段から何気なく行なっていたなんて無いことです。しかしお陰様で、非常に多くの方に興味を持って読んで頂けているようです。

このネタ自体は、たまたま嫁のスマホを触っている際にGmailの受信トレイがごちゃごちゃ溢れかえっていたことから「これってもしかして知らない人が多いのか?」と気付き、出てきたものです。

自分の常識は他人にとっての非常識です。普段何気なく行なっていることを他人に向けて発信してみるだけでも、その情報を発見して興味を持ってくれる人・喜んでくれる人はたくさんいます。ぜひちょっとでも「もしかして・・・」と感じたら、積極的に発信してみてください。

自分も初めて知ったこと

次に発信すべき情報としてご紹介するのは「自分も初めて知ったこと」です。

あなたが初めて体験したということは、世界中にまだまだ未体験の人もたくさんいるという証拠です。世界で一番最後に体験する人なんて存在していません。そもそも中には体験せぬまま一生を過ごしていくという人だっているんですから。

だからこそ、自分が初めて知って「えっ?こんなことができるの?」「これはそういうことだったのか!」と感じたことは積極的に発信してみましょう。

もしかしたらそれを知る前のあなた同様に全然知らない人、あるいは興味があったけど中々踏み出せなかった人にとって知る機会や勇気をもたらす素晴らしいものとなるかもしれません。

自分が心から熱く語れること

3つめは「自分が心から熱く語れること」です。

これは周りの人が例え既に知っていたことだとしても、自分から発信する価値のあることです。あなたの思いが誰かの心を動かす可能性もありますし、あなたの存在に感動する人だっていることでしょう。

また何よりも自分が心から熱く語れることを発信し続けると、自分の考えに同調してくれる人や似た考えを持っている人などがどんどん集まってきます。そういった人とやりとりを行なってみると、自分自身の考えや思いもさらに磨かれ、自身のレベルアップにも繋がります。

そう考えると、情報発信は自分にとっても良いことがたくさんあるんです。

情報発信をする際に注意すること

ここまで是非発信すべき事柄を3つ紹介しましたが、情報発信をするにあたり、ひとつだけ注意しなければならない点があります。それは「嘘とわかっていることだけは発信しない」ということです。

嘘を発信してしまうと、あなた自身に対する信頼が無くなってしまい、もしその後に超有益な情報を発信したとしても真に受けてもらえなくなってしまいます。

ただ「嘘をつかないと言われると、ガッチガチに確認しないといけないな。コレって結構面倒なんじゃ・・・」なんて思う方もいるかもしれませんね。もちろん事前に嘘や誤りが無いか確認することは必要ですが、ここで重要なのはあくまで「嘘をつかないこと」です。

例えば知識不足や確認不足で「誤った情報」を発信してしまったのであれば、直ぐに訂正するなり謝るなり、対処すればよいのです。あなたが本当に「知らなかった・間違った」だけのことであれば、真摯に対応すれば情報を受け取った人もきちんと理解してくれることでしょう。

ですので恐れることはありません。もちろん最低限の確認は必要ですが、それさえ出来れば是非気軽に情報を発信してみましょう!

そうすけは思った

自分の知っている情報を発信することは、誰かの役に立てることと同時に、自分自身を更に高めるためにも有効なものです。あなたの知識から学びたい、あなたの体験を知りたい人はこの世の中にたくさんいます。ですので、はじめは面倒と思うかもしれませんが、是非一歩踏み出して自分から発信することをはじめてみましょう。

発信を続けるうちにあなたの目に映る世界はきっと変わってきます。本当だよ!

以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

キュレーション 知と感性を揺さぶる力 (集英社新書)長谷川 祐子 集英社 2013-02-15 売り上げランキング : 122430

by ヨメレバ