新千歳空港ターミナルバス

2017年9月よりLCC(Low Cost Carrier。低コスト航空会社)として事業をおこなうPeach Aviation(ピーチ・アビエーション。以下、Peach)が仙台国際空港(以下、仙台空港)と札幌(新千歳)空港を結ぶ新規路線を就航

従来よりも「短時間」「低価格」で移動できるようになり、個人的に札幌も“定期的に訪れる土地”のひとつになりつつあります。

そんなPeachを使った札幌への旅ですが、空港から先の移動手段になる公共交通機関のチケットは一部がPeach飛行機内で購入できます。

そこでこの記事では、2018年5月に札幌と訪れた際に利用した新千歳空港から札幌都心部(札幌駅周辺)へ移動できる「新千歳空港ターミナルバス」の内容・利用方法を紹介します。

空港から札幌都心への移動には「電車(JR)」も使えますが、バス利用には「席に座れる確率が高い」「一部のホテルには直行できる」などメリットあり。移動計画を立てる際などの参考にどうぞ。

SPONSORED LINK


Peach機内できっぷを購入

Peachの飛行機内ではオリジナルグッズなどのほかに「到着空港からの移動に使える公共交通機関の乗車券」も一部販売されています。

機内でチケットを購入するメリットは「割引価格になる」「その場できっぷを発券してもらえる」(※いずれも一部のみ)など。安く買えたり、飛行機を降りた後の移動をスムーズにおこなうことができたり、といった感じです。

▼取扱いのあるきっぷは「PEACH TICKETS」と書かれた機内誌で確認できる

新千歳空港ターミナルバス

新千歳空港ターミナルバス

今回購入した「新千歳空港連絡バス乗車券」は割引こそありませんが、機内で発行されたレシートがそのまま乗車券としてとして利用可能。機内であらかじめ買っておけば、空港到着後はバスのりばに直行できます。

▼購入した「新千歳空港連絡バス乗車券」の詳細内容

新千歳空港ターミナルバス

チケット代金の支払い方法は「現金」「クレジットカード」のいずれか。クレジットカードは合計金額が1,000円以上となった場合にのみ、上限30,000円の範囲で利用できます。

▼日本円は「紙幣」「硬貨」とも利用可。対応するカード会社は3社

新千歳空港ターミナルバス

チケットの購入可能時間は機内販売の実施時間と同じです。買うつもりが寝過ごした……などとならぬよう、気をつけましょう。

チケットを買うには、機内販売でまわってくるキャビンアテンダントの方に「新千歳空港連絡バス乗車券の大人券が1枚ほしい」といった感じで伝えればOKです。

新千歳空港ターミナルバス(新千歳空港→札幌駅周辺)の運賃は片道1,030円。支払額が1,000円以上であったため、今回はクレジットカードで決済することに。

支払い処理が無事済むと、その場で“高速バスの乗車券代わり”に使えるレシートを発券してもらえます。

▼カード決済の場合はサインが必要

新千歳空港ターミナルバス

▼“きっぷ代わり”になるレシート

新千歳空港ターミナルバス

レシートの裏面にスタンプが押されていないものは「乗車券として無効」となっています。受け取ったレシートの裏にスタンプが押されているかは忘れずに確認しておきましょう。

▼裏面に「peach」のスタンプが押されている

新千歳空港ターミナルバス

バス乗り場は到着フロアから徒歩数分

新千歳空港のPeach到着フロアは1階。ここから数分歩けばバスのりばに辿り着けます。

▼新千歳空港の到着フロア

新千歳空港ターミナルバス

▼乗車券販売所があるが、今回は機内でチケット購入済みのため立ち寄らず

新千歳空港ターミナルバス

最寄りの出口から屋外へ。「22番のりば」が札幌都心方面行きのバスのりばです。

▼頭上に出ている「22」の看板を目印に

新千歳空港ターミナルバス

▼「札幌都心行」の列に並ぶ

新千歳空港ターミナルバス

▼バスは1時間に4本、15分間隔で運行

新千歳空港ターミナルバス

▼札幌都心までにも停留所あり。一部ホテルには直接乗り付けることも可能

新千歳空港ターミナルバス

バス車両の内装と設備を紹介

今回乗車したのは「中央バス」の車両で、車両は一般的な観光バスタイプ。社内は横4列x縦12列の計48席を備えていましたが、このうち最前列は荷物置き場として運用。実際に座席として使えたのは44席でした。荷物は車両下のトランクに積んでもらうことも可能です。

▼この日乗った「中央バス」の車両

新千歳空港ターミナルバス

運賃は後払い方式。チケットは降車時に運賃箱へ投入します。

▼車内に設置された運賃箱

新千歳空港ターミナルバス

▼バスの内観

新千歳空港ターミナルバス

▼足元もゆったりできる広さあり

新千歳空港ターミナルバス

▼カップホルダーや荷物を挟めるネット付き

新千歳空港ターミナルバス

▼座面脇にはコンテントも付いている

新千歳空港ターミナルバス

▼車内には無料のWi-Fiも飛んでいた

新千歳空港ターミナルバス

空港→札幌都心部の所要時間は80分前後

今回は新千歳空港から乗車し、札幌都心部のバス停「大通公園」で降車しました。

▼移動日は平日の昼間。高速道路は途中で渋滞をつくっていた

新千歳空港ターミナルバス

車内前方に設置されたモニターには次の停留所名、その先の走行ルートなどが都度表示されます。車内アナウンスもあるので、しっかり見聞きしていれば降りそびれる心配はありません。

▼次に停まる停留所名は大きめに表示&車内アナウンスされる

新千歳空港ターミナルバス

▼直近の走行ルートも定期的に確認できる

新千歳空港ターミナルバス

降車する際は各座席そばに設置された降車ブザーを押して意思表示。

▼誰かがブザーを押さないと停留所を通過してしまうので要注意

新千歳空港ターミナルバス

▼降りる際に飛行機内で購入したチケットを運賃箱に入れればOK

新千歳空港ターミナルバス

参考までに今回バスが新千歳空港を出発した時刻は12時10分。札幌都心部のバス停(バス停名:大通公園)で降車した時刻が13時35分でした。所要時間は85分ほど。

ただし当日は札幌都心で要人警護を目的とした交通規制が敷かれており、バス運転手の方の話では「通常より時間を要した」とのこと。通常は約70分で移動できるそうです。

バス・電車それぞれのメリット

新千歳空港から札幌都心部への移動に使える公共交通機関はおもに「高速バス」「電車」の2つ。

調べて確認したそれぞれの特徴とメリットも整理しておきます。赤太字箇所はお互いと比べた場合に優れているポイントです。

★高速バスの特徴とメリット

  • 運行は15分間隔。1時間に4本
  • 新千歳空港→札幌都心部への所要時間は約70分
  • 片道あたりの運賃は1,030円
  • 電車に比べると車内は空いており、座れる可能性が高い
  • 札幌駅以外でも降車できる
★電車の特徴とメリット

  • 運行は15分間隔。1時間に4本
  • 新千歳空港→札幌駅への所要時間は約40分
  • 片道あたりの運賃は1,070円
  • 高速バスに比べると車内は混雑しており、座れない場合も多々
  • Suica(スイカ)など交通系ICカードが利用可能

運賃はいずれも大きく変わらないものの、移動の所要時間は電車を使うほうが約30分も短くなっています。一方で高速バスは電車と比べると利用客が少なく、見送らずに座れる可能性が高め。

おもには「スケジュールにどの程度余裕があるか」「時間がかかっても座って休みたいか」を基準に使い分けしてみるとよいかもしれません。