Spigenのウルトラ・ハイブリッドを装着したGalaxy S6 edgeを落としたらこうなった

SamsungのGalaxy S6 edge(SM-G9250)を現在メインの端末として使っていて、こちらにはSpigen製のウルトラ・ハイブリッドというケースを装着しています。Galaxy S6 edge用のケースはこの他に「リキッドクリア」「ネオ・ハイブリッドCC」といったものも購入して試してみたのですが、その3つの中ではゴツさも保護性もちょうど中間といった位置にある製品です。

そんなケースを装着したまま、先週土曜日にロゲイニングというものに初参加してきまして、なんとその際にGalaxy S6 edgeを落とした上に蹴っ飛ばすという自体が発生しました。

その結果どうなったのか(ウルトラ・ハイブリッドの保護性は如何に?)といったあたりを参考までにご紹介しておきます。

SPONSORED LINK

落とした際の状況

まず落とした際の状況だけ整理しておきます。

  • 徒歩で移動中に手元から滑り落ちる
  • 地面から約1.5m程度の高さから落下
  • 地面はブロックを敷き詰めた感じで硬め
  • 落下後、更に歩いていた足で蹴っ飛ばした
  • 蹴っ飛ばした後はバウンドせず滑っていった

詳しくは別記事でご紹介する予定ですが、ロゲイニングというものにはデジカメやスマホといった写真が撮影できるものが必須なので、今回は意気揚々とGalaxy S6 edgeを持参して望んだのですが、ウキウキしすぎて完全に迂闊でした。

ケースと本体の状態確認

ケースの表面を見ていると、4つの角のうち2つに、擦れたような後が残っていました。

Spigenのウルトラ・ハイブリッドを装着したGalaxy S6 edgeを落としたらこうなった

でもエアクッションが破けているとか、そういうレベルではありません。

Spigenのウルトラ・ハイブリッドを装着したGalaxy S6 edgeを落としたらこうなった

ただ本日気がついたのですが、端末のホームボタン右下のあたりに傷が入っていました・・・。

Spigenのウルトラ・ハイブリッドを装着したGalaxy S6 edgeを落としたらこうなった

落下後に拾った際、ケースの下側が外れてかけていたのは気がついてすぐ装着しなおしたのですが、この傷は完全に見落としていました。おそらくロゲイニング中にこの傷に気がついていたら、その後ロゲイニングを楽しむどころではなかったと思うので、まあそれはそれで良かったのでしょうけれども。

ちなみに固めの材質(ポリカーボネート)で出来ている背面は意外にも無傷。

Spigenのウルトラ・ハイブリッドを装着したGalaxy S6 edgeを落としたらこうなった

気になったので改めてよくよくケースを観察してみると、背面を下にして置いた場合でも接地しないよう、背面側の四隅には爪のような突起がついていることに気が付きました。

Spigenのウルトラ・ハイブリッドを装着したGalaxy S6 edgeを落としたらこうなった

最後に

今回の傷が端末が落下したタイミングで付いたものなのか、それとも蹴っ飛ばしたタイミングで付いたものなのかは分かりません(おそらく後者だと思ってはいますが)し、あくまで一例です。しかしSpigenの「ネオ・ハイブリッドCC」をレビューした際にも書いたとおり、落下時の二次災害まで想定した保護をしたいのであれば「ウルトラ・ハイブリッド」よりも「ネオ・ハイブリッドCC」を装着しておいたほうが間違いないと改めて思いました。

ちなみにGalaxy S6 edgeは金属とガラスを用いたデザインになっていることから小キズはつきにくいものの、逆に言うとそれでも付いてしまったキズは結構目立つものになってしまいます。今回も仮にケースを装着していなかったらどうなっていたのか・・・などとは恐ろしくて想像も出来ませんし、想像したくもありません。

私は装着感的に「ウルトラ・ハイブリッド」のほうがしっくりくるので今後もこちらを常時使い続けるつもりですが、使用する場面に合わせてケースを装着する、あるいは通常時とアクティビティ時用に複数のケースを使い分けるのも選択肢としてアリかな、と感じました。

以上、ご参考まで。