いつも大変お世話になっております、そうすけ(@sosuke14jp)です。

先日の土日はMNP界隈での動きが非常に慌ただしかったようですね。総務省から高額キャッシュバックの禁止令が出たという噂、そして各携帯ショップでも「CBは3/16まで」なんてアナウンスが出されたせいで、MNPを希望する人が殺到!結果、MNP予約番号発行用のサーバーがパンクなんてことにもなったみたいです。

そうすけもちょうど先週に3回線ほどMNPを行なったのですが、ラッキーなことに金曜日までにほぼ全ての契約を済ませていたため、この騒動には巻き込まれませんでした。

で、今回久しぶり(3年ぶりくらい?)にsoftbankと契約をしました。softbankと言えば、そうすけはJ-phoneの頃からメイン回線としてお世話になっていました。ただその頃とは月々の料金体系も大きく変わっており、店員さんの説明をゆっくり聞いてもなかなか理解に苦しみました(笑)

先日はauにMNPをする際のポイントをまとめたのですが、今回softbankと契約するにあたっても気にすべきポイントが幾つかあったので、今回はsoftbankにMNPする際に押さえておくべきポイントをまとめておきたいと思います。

スポンサードリンク


契約月のパケット定額サービス料は日割りにならない

MNPで新規に契約をする際、契約月(初月)の月額料金の取り扱いについては特に各キャリアごとに扱いが異なります。

最近のスマホの料金体系は基本的に「①基本使用料+②インターネット接続サービス料+③パケット定額サービス料」の3つから成り立っています。この中で1番高いのが③になるわけですが、auとdocomo(※docomoは2014年4月〜)は契約月は契約日からの日割り計算となります。

しかしsoftbankの場合は、パケット定額サービス料が日割りになりません。またsoftbankは、新規契約(既に契約中の回線を所持していない)については、料金の締め日が20日締めとなっています。なので仮に月半ばに契約すると、1ヶ月分の料金を丸々損する形となっていまいます。

パケット定額サービス料というと、月額で5,000円程度と結構な額になりますので、これが気になる場合は契約するタイミングをよく考えることをオススメします。

解約金が高い

最近はどこのキャリアも2年縛り(2年契約とし、途中で解約するには解約金の支払いが必要)を基本プランに組み込んでおり、これの解約金についてはだいたいいずれも10,000円程度なっています。

しかしSoftbankには他社からsoftbankのiPhoneへののりかえを推奨する仕組みとして「のりかえサポート」というものがあり、これが適用されている場合は契約後6ヶ月(契約月を含めると7ヶ月)以内に解約してしまうとさらに解約金として21,000円が発生してきます。

ちなみに「のりかえサポート」とは、他社からsoftbankのiPhone(5/5S/5C)へMNPすると21,000円がキャッシュバックされるというものです。softbankのiPhoneへのMNPだと比較的どのお店もキャッシュバックが多いのはこの仕組みの後ろ盾があるからでしょうね。

特にMNPを利用して「欲しい端末をゲットしちゃうぜ!」とか「お小遣い稼ぎするんだ」なんて思っている方はよく知っておかないと痛い目をみます。そして普通に使う方にとっては特に問題も無いでしょう。

バンバンのりかえ割の適用方法

docomoの「のりかえ割」、auの「auにかえる割」、softbankの「バンバンのりかえ割」といったように、現在は各キャリアともMNPで契約した場合に毎月の基本使用料を2年間割引くサービスを行なっています。

docomoとauについてはMNPでの契約手続きを済ませた時点でこの割引が自動で適用されますが、softbankだけは後日自分で改めて申込手続きを行なわないと、この割引(バンバンのりかえ割)が適用されません。

また、この申込みには①契約後に送られてくるSMS または ②ソフトバンク携帯電話からかけられる専用番号への電話 のいずれかが必要となっているため、どちらにしてもソフトバンクの携帯電話(①の場合はシムフリー端末でも可?)が手元にないと申し込みができなくなってしまいます。

ですので、例えば入手したiPhoneをお小遣いの足しにしようと考えている場合は、端末を手放す前に必ずこのキャンペーンへの申込みを行なうことを忘れないようにしましょう。忘れただけで、月々の回線維持費用が1,000円程度高くなってしまいます。ちなみにこちらも普通に使用する方にとってはほとんど関係ない話ですね。

そうすけは思った

キャッシュバック終了の件、どうやら実際本当に終わるのかどうかはまだよくわからない感じですね。docomoなんかは今月末まで延期するみたいですし、各携帯ショップのキャッシュバック条件もそこまで大きくは変わっていないようです。

MNPについては今後も動向を見守りつつ、最新機種を安価に手に入れる手段として有効に活用していきたいと思います。

以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

キレるソフトバンク キレるソフトバンク日経コミュニケーション編集 榊原 康 日経BP社 2013-12-18 売り上げランキング : 13126

by ヨメレバ