ETOREN週末限定セールでSONY Xperia X Performance F8132が50ドル割引きに

2016年6月下旬よりSONYのフラッグシップモデル Xperia X Performance F8132 を販売している海外通販サイトのETOREN(イートレン)

発売からまだ2ヶ月も経過していないこの機種が今週末限定のセール対象品として登場。全4色とも50ドルが割り引かれた価格で購入可能になっています。

SPONSORED LINK

2016年8月12日(金)より始まったETORENの今週末限定となるセールに登場しているのは SONY Xperia X Performance F8132(Dual SIM)。本体カラーも全4色(Graphite BlackWhiteRose GoldLime Gold)がセール対象となっています。

同日時点における価格設定は輸入消費税分を含む販売価格場USD649.00(約65,700円)で、通常時の販売価格に対して50ドルもの大幅な割引を適用。日本国内住所宛てへの配送料、クレジットカードでの代金決済時に発生する為替変換手数料などを加味した購入費用の概算見積もり額は約69,100円ほどとなります。

(購入費用の試算方法の詳細は以下を参照)

Xperia X PerformanceはSONYが今年2月末に発表した「Xperia Xシリーズ」のフラッグシップモデル。前作「Xperia Zシリーズ」まではリアパネル素材にガラスを用いていましたが、新たなシリーズ第1作目ではこれを金属パネルに変更。

このXperia X Performanceに関しては、Graphite BlackとWhiteの本体カラーに関してはヘアライン加工、Rose GoldとLime Goldの本体カラーに関してはサンドブラスト加工を施し高い質感を再現しています。

また前作で大幅に進化したメインカメラは今作でさらなる進化を遂げ、2種類のAF技術(位相差AFとコントラストAF)を組み合わせた超高速オートフォーカスは被写体の動きを先読みして追う先読みオートフォーカスに対応。カメラの起動自体も最速0.6秒で可能となり、よりシャッターチャンスを逃すことがないカメラに仕上がりました。

ETORENでは取扱い開始当初は香港向けのSIMフリーモデルを入荷しており、現在もその可能性が高いと思われます。なおその他、SONY Developer Worldにて公開中のホワイトペーパーで確認できる主な仕様情報は次のとおりです。

項目 詳細
サイズ 高さ 144.0 mm
横幅 71.0 mm
厚さ 8.6 mm
重量 165 g
OS Android 6.0.1
(開発コード名:Marshmallow)
SoC Qualcomm
Snapdragon 820 Quad-Core
(2.2GHz Dual + 1.6GHz Dual)
メモリ RAM 3GB
ROM 64GB
バッテリー 2,700 mAh
ディスプレイ 5.0インチ フルHD(1920 x 1080)
TFT液晶ディスプレイ
カメラ メイン:2,300万画素
サブ:1,300万画素
通信方式

LTE Cat 9
FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/19/20/26/28/29
TD-LTE:B38/39/40/41
UMTS:800/850/900/AWS/1900/2100 MHz
GSM:850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、MIMO
Bluetooth:Ver.4.2 LE

その他 SIMカード:Nano SIM x 2
SDカード:対応(最大200GBまで)

Xperia X Performanceに関しては、日本国内でも現在NTTドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアが揃い踏みで発売中。ただし国内向けモデルと海外向けモデル(ここで示す”海外向けモデル”とは型番:F8132のモノ)を比べると、大きく次の3点が異なっています。

  • 海外向けモデルはROM容量が64GB(国内向けモデルは32GB)
  • 海外向けモデルは4G+3Gのデュアルシム・デュアルスタンバイに対応(国内向けモデルは非対応)
  • 海外向けモデルはリアパネルが1枚ものの金属パネル(国内向けモデルはパネル下部に樹脂パーツを配置)

ETORENが現在取り扱うF8132は対応する周波数の幅も広く、海外向けモデルでは珍しくFDD-LTEのBand19(NTTドコモのプラチナバンド)やBand26(auのプラチナバンド)、UMTSの800MHz(NTTドコモのFOMAプラスエリア)といった周波数もサポート。

au VoLTESIMを除けば、基本的にNTTドコモ系、au系、ソフトバンク系、いずれのSIMカードでも安定して使いやすい仕様といえます。

なお同モデルに関しては、同じく日本向けの販売拠点を香港に構えるExpansys(エクスパンシス)あるいは1ShopMobile.comといった海外通販サイトでも取扱中。参考までに同日時点でのそれぞれの設定価格を比較してみたのが以下の表です。

サイト名 販売価格 購入費用
(概算)
Expansys ¥66,500 約¥71,000
1ShopMobile 約¥57,200
($565.00)
約¥64,000
ETOREN 約¥65,700
($649.00)
約¥69,100

3サイトで比較すると、最安値は1ShopMobile.com。今回紹介しているETORENは次点で、差額は約5,100円となっています。

ただこの2サイトに関しては、商品に付帯する保証などサービスの内容に差があり、ETORENでは12ヶ月の商品保証や修理拠点を国内に配置(=故障時の発送に国内宅配便が使える)といったユーザーにとってのメリットが。ちなみに1ShopMobile.comの保証内容は初期不良対応のみの10日間と手薄になっています。

商品自体も決して安いものではないことから、多少金額差があっても、より安心して使いたい方にとって個人的におすすめしやすいのはETORENでの購入といったところです。

なおETORENを利用して購入する場合、支払い方法がPaypal経由のクレジットカード払いとなります。この時支払いに関するオプションの選択内容によっては多少費用が割高となるケースがあり、注意が必要です。

ETORENでは先月中旬にもこのXperia X Performanceを台数限定でセール価格にて販売。ただし今回はそのときよりもさらに割引額がさらに大きく、ETORENにおける過去最安値を更新するセール内容となっています。

Source:ETOREN