docomo の Galaxy S5

Galaxyアンバサダーとして(そして1 Galaxy S5 のユーザーとして)Galaxy S5 を使って感じたことをまとめておきます。Galaxy S5 に関して記事を書くのはこれが最後かも(最後じゃないかも)。

スポンサードリンク


Galaxy S5 に関する使用感まとめです

Galaxyアンバサダープログラムのモニター企画で Galaxy S5 をお借りしています。というか、正確にはお借りしていました。昨日近所のコンビニにて返却(発送)の手続きを済ませてきたところです。

端末をお借りしてから約3週間、毎日無我夢中で Galaxy S5 を触り続けたとは恐れ多くも言えませんが、Galaxyアンバサダーとして(そして1人の Galaxy S5 ユーザーとして)Galaxy S5 に対して感じたことをまとめてみようと思います。

お気に入りポイント

まずは Galaxy S5 を使ってみて「こいつはステキだぜ!」と思った点から。

カメラの使い易さがステキ

私が Galaxy S5 の最大の魅力として上げるのはカメラの性能の良さです。”カメラがステキ”というような内容で、これまでもいくつか記事を書いてきました。

(参照)防水仕様のGalaxy S5を海でカメラとして使ってみたらステキだった。

(参照)Galaxy S5 のカメラはやっぱり素敵!使っていてこれほど写真撮影が楽しくなる端末が他にあるか?

綺麗な写真が撮れる!あの時の感動を残せる!ということなんですが、単純にそれだけではなくて、ポイントとなるのはそのステキな写真を撮影するための技術(そして知識)がそこまでなくても大丈夫!という点なんです。

何せ私、ガジェットは好きなんですが、カメラについてはそこまで詳しくありません。せいぜい「HDRを使うと逆光でも良い写真が撮れる」とか「F値が小さいカメラほど暗い場所でも綺麗に撮れる」レベルの知識しかありません。

そんな私でも、あの時の感動を呼び起こすようなステキな写真が簡単に撮れる!その点が Galaxy S5 の最大の魅力なのです。

ズームやマクロ撮影といった点ではまだまだデジカメには劣りますが、日常使いなら Galaxy S5 のカメラで十分満足できます。リアルタイムHDRと高速オートフォーカスという Galaxy S5 ならではの機能が、写真を撮る楽しさを存分に感じさせてくれることでしょう。

防水防塵仕様がステキ

国内の携帯キャリアから発売される Galaxy シリーズといえば、スペックに関しては折り紙つきの安定感をホコリます。そんな Galaxy シリーズでもこれまで(Galaxy S4 まで)対応できていなかったのが”防水・防塵仕様”。

国内メーカーが販売するスマホのどれもが少なくとも防水仕様になっている中、 Galaxy シリーズは非防水のままでした。それがこの Galaxy S5 より、遂に防水(さらに防塵)仕様になったわけです。

そもそもの端末の使い勝手が良いのに、さらに場所(と場面)を気にせず使えるというストロングポイントを得たこの Galaxy S5 は、まさに最高のオールラウンダースマホと言えるものでしょう。うむ。

他のメーカーの端末に比べると防水仕様のレベルは若干低い(IPX57)ですが、それでも水洗いはもちろん、丁寧に使えば海水にだって耐えてくれます(※ただし海水については Samsung 非公認です)。

(参照)防水仕様のGalaxy S5を海でカメラとして使ってみたらステキだった。

スマホとしてのスペックもばっちり!さらにどこでも(どんな場面でも)使えるとなれば、これを最高のオールラウンダーと言わず何と言うべきか!

気になるポイント

もちろんですが、ただ褒めてばかりじゃありません。次回作(Galaxy S6?)ではこの辺りもどうにかなるともっとステキ!と言わんばかりに、気になった点も。

RAMの空き容量が気になる

これは日本国内キャリアのせいかもしれませんが、RAMの空き容量を観察していると訳が分からないほどに空き容量が少なくて、思わず「いやいや、何に使ってるの?」なんて思ってしまうんですよね。

こちらは au の Galaxy S5(root未取得)でタスクキラーアプリを使って起動アプリを一旦終了させた状態でのRAMの空き容量を確認したもの。Galaxy S5 は 2GB の RAM を搭載していますが、全タスクを終了(一部常駐アプリが起動中だが)しても、半分以上の RAM が使用中となっています。

Galaxy S5 の RAM空き状況

国内キャリアのスマホの宿命と言えるかもしれませんが、数値だけ見ると誰だって不安(そして不満)になりますよね。これでもサクサク動いてくれるから爆発こそしませんが、気になる気になる気になる・・・。むむむ・・・。

端末の大きさが気になる

最近のスマホは端末サイズがどんどんと大型化してきているので仕方がないというのは重々承知しています。それでもやはり、端末の大きさは気になります。

いやね、他の端末(Xperia Z2 とか)ならそこまで気になりません。気になるのは Galaxy S5 だからです。

なんでかというと、端末のロック解除の手段として指紋認証機能を搭載しているから。以前、iPhone の touch ID と比べると Galaxy S5 の指紋認証はショボいという記事を書きました。

(参照)iPhone の touch ID を初めて使ったところ、その快適さにガチで感動した件。

これについては今現在も考えは変わりません。それでも今改めて Galaxy S5 の指紋認証機能を使ってみると、パスコード入力などよりは簡単にロック解除ができることが分かりました。こんな感じですっと指紋を認証してくれます。

ただですね、これはあくまで両手持ち(あるいは端末を置いた状態)で指紋認証を行なった場合。片手持ち時に指紋認証でロックを解除しようとすると、扱いづらさが一気にレベル10程上がります。

端末サイズがそこそこ大きいのに片手持ちで”指をスライドさせる”という指紋の認証方法は、指紋認証というせっかくの魅力を打ち消してしまう、まさに残念ポイントです。

iPhone の touch ID なんて、指を置くだけですからね。たとえ端末のサイズが同じ(あるいはそれ以上に大きい)としても、指をスライドさせる必要があるかないかは使い勝手に大きな差を生みます。この点は次期 Galaxy のフラッグシップモデルに期待です。

最後に

さて、ここまで思ったことを好き勝手書きました。最後に私の感想として Galaxy S5 を評価するとすれば、 Galaxy S5 は十分魅力的な端末で、余裕があればぜひとも入手して使ってみて欲しい端末だ!と言い切れます。

気になるポイントとして書いた2点(RAMの空き容量/端末の大きさ)については、気にはなるけれど、使い勝手としてはそこまで気にする必要がない可能性も十分あるからです。

この Galaxy S5 をより”場所と場面を気にせず使える”ようにした Galaxy S5 Active なんて端末も発売されましたが、日常でのレジャーレベルなら正直 Galaxy S5 で十分でしょう。キャリアさえこだわらなければ、MNPや白ロムを探せば安く入手することも可能です。

メイン端末として使うも良し!サブ端末(あるいはデジカメ代わり)として使うも良し!いずれの使い方でも十分満足できる性能がこの Galaxy S5 には備わっています。

スマホ初心者からマニアにまで万人におすすめできるこの Galaxy S5、皆さんもぜひ一度実際に手に取って、その魅力をお試し下さい。

ではでは(なお明日からは引き続き Galaxyアンバサダーとして Galaxy Note Edge のレビュー記事も書きますのでお楽しみに)。

  by カエレバ