Galaxy S5

今年5月に入手した au の Galaxy S5 ですが、スマホの魂とも言うべきSIMカードを抜き取られ、今となっては高速フォーカスの防水デジカメとなっております。

スポンサードリンク


Galaxy S5 を海に持ちだして使ってみた!

今日は楽しい日曜日。というか金曜日に有給休暇を使用したので実は3連休でした。ただ金曜日はスタバで読書、土曜日は家でゴロゴロ読書と、人によっては非常に勿体無く(もしくは贅沢に)感じる過ごし方。そんな中、本日日曜日は会社の先輩・後輩に誘われて水上バイクに乗せてもらえることに!

これは防水スマホの使い勝手を試すチャンスだ!と思い立ち、Galaxy S5 片手に遊びに行ってきました。

ちなみに Galaxy S5 に白羽の矢を立てた理由は「カメラ性能の確認」「防水性能の確認」

Xperia Z2 でも良かったんですが、今メインで使ってるのは Xperia Z2。万が一海に落として紛失したら・・・と想像して、無くしてもまだショックの少ないであろう Galaxy S5 を持って行くことに。

ちなみに以後、写真は基本的に Galaxy S5 で撮影したものです。

まずは水上バイクの停留場へ。こんな場所、お金持ちの来るところだと思ってた。

ジェットスキーの停留場

水上バイクに乗る前の私。カメラを向けられるととっさに出るポーズにピース以外のレパートリーはありません。

そうすけ氏

水上バイクに乗るために渡らざるを得ないタラップ。「錆びてるけど、まあ・・・」と平気な顔していたものの、足が震えていた(オシッコはちびってない)のは内緒です。

錆びたタラップ

ということで、一人で乗せてもらいました。エンジンは切れてます(※水上バイクを運転するには運転免許が必要です)

ジェットスキーに乗るそうすけ氏

朝こそ天気は微妙だったものの、昼過ぎにはご覧の快晴。綺麗な青空。

綺麗な青空

空と海と山。目の前に広がる広大な自然(この写真は残念なことにHDRをOFFにして撮影してしまった・・・)

大自然

砂浜も水も綺麗。

砂浜

そして砂浜で一人はしゃぐ私。ちなみにこの写真は後輩のiPhone5Sで撮影しています。たまに Galaxy S5 以外で撮影した写真を挟むと、カメラの性能の差が分かってもらえるかと。

はしゃぐそうすけ氏

しかしダイエットで人様に見られても恥ずかしくないバディに変身していたので、今日は本当に調子に乗ってしまいました。人前(しかも屋外)で上半身裸になったの、何年ぶりでしょうか。もう楽しすぎて、大バンザイ&満面の笑みを浮かべる私でした。

ジェットスキーに乗るそうすけ氏

決定的瞬間を逃さない高速フォーカスはレジャーに最適!

ということで実際にはもっとたくさん写真を撮影したのですが、Galaxy S5 の高速フォーカスが超絶素晴らしい出来だと改めて感じました。

特に今回のようなレジャーだと、景色も綺麗に写したいし、決定的瞬間もきちんと写真に残したい!となると Galaxy S5 のカメラの美しさと高速フォーカスが大活躍です。いや、大活躍でした。

今回は手首や首から Galaxy S5 をぶら下げるストラップを持参していなかったので、水上バイクに乗せてもらっている時に写真を撮ることだけは出来なかったのですが、人がジェットスキーに乗っている姿もきちんと写真に収められました。

海水に浸かっても大丈夫だった Galaxy S5

今回 Galaxy S5 は水着のポケットに入れて持ち歩いていだんですが、これが見事に水(海水)に浸かりまして。というか、ほぼ海水で濡れてました。だってそもそも水上バイクから降りる時って、腰より上の高さの水に飛び込まなきゃいけないんだもの。

Galaxy S5 は防水仕様(IP67)になっており、保護の程度としては「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」というレベル。

(参照記事)お風呂にドボンは大丈夫?防水規格について調べてみた。

ただしこれはあくまで純水の場合。海水については基本的にSamsungも使用を推奨していませんし、動作も保証していません。

でも本日1日(約7時間)海水に濡れた状態でしたが、私の Galaxy S5 は無事でした。撮影した写真が公開できているのがその証拠ですね。

とは言えやはり、使用後にきちんと端末を洗っておくことは大切です。ほら、海水ってベタベタしますし。私も帰宅後は流水できちんと洗いました。

Galaxy S5を洗う

さらにイヤフォンジャックの中も洗浄するため、洗面器にお水を張って、浸しました。

Galaxy S5を洗う

もちろん洗った後はタオルで拭いて、イヤフォンジャックは綿棒でアフターケアです(写真めっちゃブレた笑)

イヤフォンジャックを掃除

まとめ

Galaxy S5 はカメラの性能の高さと防水仕様によって、レジャーで大活躍間違いなしのハイスペックスマホ。海水に浸しても(私の場合は)大丈夫だったけど、使用後のアフターケアはきちんとしましょうね。

Galaxy S5 はまだまだお安くありませんが、今までの Galaxy シリーズよりもより多くの場面で活躍してくれること間違いないと再認識しました。これまでのガラスマだと防水仕様は当たり前だったかもしれませんが、Galaxy S5 はプラスで端末性能の良さもあります。

個人的には Xperia Z2 も素晴らしい端末だと思いますが、高速フォーカスなどに魅力を感じる方ならば購入する価値は十分にあるでしょう。

それでは。

Galaxy S5
  by カエレバ