スタバで WIRELESS GATE の公衆無線LANを満喫

WIRELESS GATE Wifi+LTE 480円プランは、行動範囲が都会に近いほどおすすめ度が上がります。

スポンサードリンク


WIRELESS GATEの公衆無線LANを利用してみる

今月から、WIRELESS GATE Wifi+LTE 480円プランを利用しています。

(参照)月額480円のMVNO、WIRELESS GATE Wifi+LTE 480円プランを契約してみた。

はじめは「月額料金480円」「データ通信速度は下り/上りとも250kbpsだけど、通信量の制限なし」という点にだけ魅力を感じて、Google Play Music を楽しむための専用回線として契約したつもりだったんですが、使ってみると意外に便利でして。職場だとauの電波の掴みが悪いということもあるんですが、おかげでずるとらの出番がメッキリ減っています。

そんなWIRELESS GATE Wifi+LTE 480円プランの素晴らしい点の1つと言えば、月額料が安いのに公衆無線LANが利用できるということ。ちなみにWIRELESS GATEの公衆無線LANサービスは非常に広いエリアで提供されています。

ワイヤレスゲートWi-Fiは、マクドナルド、スターバックス、ルノアール、東海道新幹線(東京~新大阪間)のN700系車内と全17駅のコンコース待合室、JR主要駅、成田空港、羽田空港、中部国際空港、伊丹空港、空港リムジンバス、高速バス、丸の内エリア(丸ビル・新丸ビル、オアゾ、 新東京ビルなど)、六本木ヒルズ、渋谷ヒカリエ、秋葉原中央通り、横浜元町商店街中華街、トヨタショップ、関西エリア(大阪市営地下鉄や郵便局・コンビニ・ファミリーレストランなど、生活動線上に多数スポット設置)など、屋外に設置された数多くのWi-Fi(高速無線LAN)サービスをご利用いただけるサービスです。

使いたいときに、使いたい場所で街中ブロードバンドが出来ます。

(以上、WIRELESS GATE のウェブページより引用)

私は都会住みではないので、この恩恵を受けることが出来る場所は若干限られてくるのですけれど、それでもやっぱり有ると無いでは大違いです。

でもスマホを使っている人のうち、公衆無線LANも使ってみたことがあるって実は結構少ないのでは?と思うのです。ということで、WIRELESS GATE Wifi+LTE 480円プランで WIRELESS GATE の公衆無線LANを使ってみた感じを書いておくことにします。

利用設定は簡単

公衆無線LANというと、そもそも「利用するにあたっての設定がめんどくさそう・・・」という人が非常に多そうなイメージです。正直私も昔は新幹線の車内で公衆無線LANを利用しようとして「なんやこれ?パスワード?どこに書いてあるの?」とか思ってました。

でもこの WIRELESS GATE Wifi+LTE 480円プランで WIRELESS GATE の公衆無線LANを利用する方法はとても簡単です。手順としては以下の3ステップ。

  • スマホに WIRELESS GATE の専用アプリをインストールする
  • WIRELESS GATE の公衆無線LANサービスが提供されている場所に行く
  • 端末のWifi機能をONにする

回線が開通していれば、専用アプリ自体に改めて何らかの情報を入力する必要はなし。

WIRELESS GATE 専用アプリ

WIRELESS GATE の公衆無線LANが利用出来る場所で端末のWifi機能をONにすれば、この通り、自動で接続してくれます。専用アプリをいちいち起動する必要すら有りません。

公衆無線LANに簡単に接続してくれる

超絶ラクチンですよ、ホント。

スピードテストしてみた

「WIRELESS GATE の公衆無線LANって通信速度どれくらいでるの?」という方のために、例のごとくスピードテストをしてみました。今回は地元のスタバ店内にて。

ということでスピードテスト(1回目)の結果がこちら。

WIRELESS GATE の公衆無線LANでスピードテスト

なんと下り44.15Mbps!速っ! 最近やたらとMVNO回線のスピードテストばっかりしていたせいもあって、40Mbpsなんて数値しばらく見ていなかったな!というか自宅でもこんなに速度でないし・・・。

ということでスピードテスト(2回目)に移りま・・・、あれ?

WIRELESS GATE の公衆無線LANでスピードテストしようと思ったらエラーが・・・。

何かエラーでましたが、改めてスピードテスト(2回目)です。

WIRELESS GATE の公衆無線LANでスピードテスト

下り12.40Mbpsということで、めっちゃ速度落ちましたヽ(゚д゚)ノ 上り速度も1回めの半分ほどになってます。

続いてスピードテスト(3回目)の結果はこちら。

WIRELESS GATE の公衆無線LANでスピードテスト

下り10.25Mbps。上り速度はほぼ変わりなし。この様子だと、1回目の結果がイレギュラーだったようですね。

まだまだいきます。スピードテスト(4回目)の結果。

WIRELESS GATE の公衆無線LANでスピードテスト

下り7.93Mbps。上り速度はほぼ15Mbpsで安定。下り速度がどんどん下がってきていますが、それでも下り/上りが3Mbpsも出れば基本的にストレス無く使えるということを考えると十分な数値でしょう。

最後です。スピードテスト(5回目)の結果。

WIRELESS GATE の公衆無線LANでスピードテスト

下り6.22Mbpsぇぇぇぇ・・・。いやまあ、スマホで使うなら十分な速度ですけどね。

ということで5回スピードテストを行なった結果の平均値は下り16.19Mbps/上り19.76Mbpsとなりました。1回目の数値に度肝を抜かれたものの、それ以降はWifiを一旦接続し直さない限り、同様の数値を記録することは無く(逆に言うと、接続しなおせば、接続後1回目のみは同様の好結果を叩き出します)。

公衆無線LANのデータ通信速度は利用者(接続)数によっても変わるため、今回の数値はあくまで参考値ですが、スマホで利用するなら十分な速度(ストレスも感じない)だと思います。

ちなみにこの時の接続数は当然分かりませんが、今回測定した店舗は座席がだいたい60席くらいで、この日はほぼ満席でした。

利用スポットは都心ほど多い

利用方法も簡単。速度もスマホで使用する分には十分。となると残りは WIRELESS GATE の公衆無線LANスポットが数としてどのくらいあるのか? という部分ですね。

この点に関して間違いなく言い切れるのは、 行動範囲が都会に近いほど、その恩恵を受けられる割合が増す ということ。これは間違いないでしょう。

例えば新宿駅付近のスポットマップがこちら。

新宿駅付近のWifiスポットマップ

アホかと思うくらいの数です。都会は羨ましいですね。

続いて名古屋駅付近のスポットマップ。

名古屋駅付近のWifiスポットマップ

新宿と比べると少ないですけど、それでも結構たくさんありますね。

最後にそうすけ宅の最寄り駅である豊橋駅付近のスポットマップ。

豊橋駅付近のWifiスポットマップ

一気に数が減りましたね。いや、まああるだけでも良しとしよう。ちなみに豊橋駅は一応新幹線が停まる駅です、のぞみは通過していくけど。

これらを見てもらえば分かる通り、都心エリアに近づくほど公衆無線LANスポットが多くなることは一目瞭然ですね。逆に言うと、住宅地エリアにおいては公衆無線LANの恩恵をほぼ受けられないことでしょう(←まあ当たり前か)。

まとめ

WIRELESS GATE Wifi+LTE 480円プランで利用できる公衆無線LANは、「利用が簡単」「速度も十分」なサービス。ただしこの公衆無線LAN利用の恩恵を受けられる場所は都心から離れるほど少なくなる傾向が強いため、地方在住者だと公衆無線LANの利用機会はそこまで得られない(=この点に関してのメリットはほとんど無い)かも。

最近は自宅内に無線LAN環境をお持ちの方も増えているでしょうし、自宅では無線LAN、移動中はモバイルデータ通信および公衆無線LANという利用パターンがハマる方であれば、値段も安いですしなかなか良いのではないでしょうかね。またもちろん、私のように Google Play Music 専用回線として使用するのも有りだと思います。

端末の2台持ち(例:docomoのfomaプラン+WIRELESS GATE Wifi+LTE 480円プラン)をすれば、月額利用料が1,500円程度で済み、かつ無料通話も1,000円分あるし、パケット通信料も定額だし、という強烈に安価な月額料金での利用も可能になりますね。

年々高くなる携帯利用料を少しでも安く抑えるための一手段として、今後もこのようなステキなMVNOプランの出現にぜひとも期待したいところです。

それでは。

格安スマホ(得)ガイド 使いやすさと料金を徹底比較 (アスキー書籍)[Kindle版]

アスキー書籍編集部 KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 2014-09-13
売り上げランキング : 15570

by ヨメレバ