1ShopMobile.com Motorola Moto Z 商品ページ

モバイルガジェットの海外通販サイト1ShopMobile.comにて、Motorola Mobility(モトローラ・モビリティ。以下、Motorola)「Moto Z」の本体価格がUSD315.00(約35,000円)まで値下がりしています。

SPONSORED LINK

1ShopMobiile.comにて特価で販売されているのはMotorola Moto Z(型番:XT1650-03)。アジア地域などに投入された64GBの内蔵ストレージを搭載するDual SIMモデルで、本体カラーは「Black/Lunar Grey」と「White/Fine Gold」の2色。

2018年1月18日(木)時点における価格設定は、本体価格がUSD315.000(約35,000円)

日本国内住所宛てへの配送料は基本無料。輸入時に課せられる輸入消費税、クレジットカードでの代金決済時に発生する為替変換手数料などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約37,100円ほどです。

★1ShopMobile.comの商品ページはこちら
Motorola Moto Z – 1ShopMobile.com

Moto Zは2016年6月にMotorolaが発表した「Moto Z」ファミリーのハイエンドスマートフォン。日本国内でも2016年10月より国内向けの正規品が発売されました。

筐体は金属製。オーディオジャックを廃止したことにより、約5.19mmという薄型設計になっていることが特徴です。本体にはナノテクコーティング技術による防滴加工も施されています。

基礎仕様としては5.5インチ・2K解像度の有機ELディスプレイ、Snapdragon 820プラットフォーム、4GBのシステムメモリ、32GBまたは64GBの内蔵ストレージ、2,600mAhのバッテリーなどを備えます。

背面カメラは1,300万画素で画素ピッチ1.12μmのイメージセンサーとf/1.8のレンズという構成。フォーカス方式としてレーザーオートフォーカスを採用するほか、光学式の手ぶれ補正もサポート。暗いシーンでも高い撮影性能が期待できます。

またMoto Zファミリー共通の特徴である、専用アクセサリーシリーズ「Moto Mods(モト・モッズ)」での機能拡張にも対応。端末背面にMoto Modsを装着すれば、スマホ単体での実現が難しい光学10倍ズームなどの機能を追加できます。

そのほかMoto Z(型番:1650-03/ROM64GB/Dual SIM)が投入されている地域のひとつ、シンガポールのMotorola公式サイト製品ページにて確認できる、Motorola Moto Z(型番:1650-03/ROM64GB/Dual SIM)の主な仕様情報は次のとおり。

Motorola Moto Z(XT1650-03/ROM64GB/Dual SIM)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 153.3 mm
横幅 75.3 mm
厚さ 5.19 mm
重さ 136 g
システム
OS Android 6.0.1

SoC Qualcomm
Snapdragon 820
1.8GHz Quad-Core
RAM 4 GB
ROM 64 GB
SDカード 対応(最大2TBまで)
※SIMカードスロット2との排他設計
バッテリー 2,600 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.5 インチ
解像度 WQHD(2560 x 1440)
種類 AMOLED
カメラ
背面 1,300 万画素
前面 500 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 17
Band 19
Band 20
Band 25
Band 28
TD-LTE Band 38
Band 40
Band 41
WCDMA 850 MHz
900 MHz
1700 MHz
1900 MHz
2100 MHz
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
MIMO
Bluetooth Version 4.1
その他
防塵防水 ナノコーティング加工による撥水仕様

Moto Zは日本向け正規品として販売されている製品の型番もXT1650-03。同じ型番の1ShopMobile.com取扱品でもFDD-LTEのBand19や28(NTTドコモのプラチナバンド)をサポートしており、国内でも使いやすい仕様内容です。

また過去にROM64GB搭載のシンガポール向け製品(型番は同じXT1650-03)にて、日本の技適マークが付いていた事例も。1ShopMobile.comの現在庫がどの地域から手配した商品かは不明ですが、もしかしたら「技適マーク付き」も期待できるかもしれません。

発表から1年半以上が経過したMoto Zですが、当時の最新仕様を備えており、2018年1月現在もハイエンドモデルに分類できる存在。

「しっかりした基礎仕様を備える」「Moto Modsでの“合体機能”が利用できる」「Googleが開発するVR技術『Daydream』にも対応する」「Dual SIMモデルなら4G+3Gの同時待ち受けにも対応する」など楽しみも多く、トータル40,000円以下で入手できる現セールは十分魅力ある内容です。

★Motorola Moto Zの商品ページはこちら
Motorola Moto Z – 1ShopMobile.com

Source:1ShopMobile.com