台湾之星 プリペイドSIMのリチャージ

台灣大哥大(台湾モバイル)同様に「◯日間データ通信が使い放題」の計日型プランを再契約(リチャージ)できる存在として、2017年6月に台北市内で購入していた台湾之星(Taiwan Star Telecom)のプリペイドSIMカード。その後再び台湾を訪れた際にリチャージを試してみました。

この記事では台湾之星(Taiwan Star Telecom)のプリペイドSIMカードをネットから再契約(リチャージ)する手順を紹介します。

SPONSORED LINK


用意するもの

台湾之星のプリペイドSIMカードをリチャージする際、あらかじめ用意するものは以下のとおり。

  • プリペイドSIMカード本体
  • SIMカードの電話番号
  • 旅券番号(パスポート番号)
  • クレジットカード(支払いに使用)
  • インターネット環境

SIMカードの電話番号は購入時のパッケージ(裏面)で確認できます。

▼台湾之星のプリペイドSIMパッケージ

台湾之星 プリペイドSIMのリチャージ

▼裏面の赤枠部に電話番号が記載されている

台湾之星 プリペイドSIMのリチャージ

▼【行動電話號碼】と書かれた10桁の番号が電話番号

台湾之星 プリペイドSIMのリチャージ

また旅券番号はプリペイドSIMカードを購入・契約した際に提示したものが必要です。

リチャージの手順

リチャージは台湾之星の公式サイトから。慣れれば数分でおこなえる作業内容です。

公式サイト(https://www.tstartel.com/CWS/)を開く

台湾之星 プリペイドSIMのリチャージ

▼【資費/手機】→【預付卡】の順にカーソルを動かし【預付卡儲値】を開く

台湾之星 プリペイドSIMのリチャージ

▼【門號】に電話番号、【身分證號】に旅券番号、【驗證碼】には下の文字列を入力

台湾之星 プリペイドSIMのリチャージ

▼3項目入力したら【我要儲値】を選択

台湾之星 プリペイドSIMのリチャージ

▼認証に成功するとリチャージするプランの選択画面に

台湾之星 プリペイドSIMのリチャージ

▼ここでは計日型の5日プラン(TWD500)を選択。【下一歩】を選んで次の画面に

台湾之星 プリペイドSIMのリチャージ

▼リチャージするための支払情報入力画面が開く

台湾之星 プリペイドSIMのリチャージ

▼【信用卡卡號】にクレカ番号、【信用卡後三碼】にクレカ裏面の認証コード、【有效期限】にクレカの有効期限を入力。下の箱にチェックを付けて【付款】を選ぶ

台湾之星 プリペイドSIMのリチャージ

▼リチャージする料金プランと支払方法の確認メッセージ。問題なければ【確認】を選択

台湾之星 プリペイドSIMのリチャージ

▼クレジットカードの認証画面に。パスワードを入力して【送信】する

台湾之星 プリペイドSIMのリチャージ

▼「儲値成功!」と表示されれば決済完了。SIMカードが使えるようになる

台湾之星 プリペイドSIMのリチャージ

台灣大哥大(台湾モバイル)と異なり、リチャージする際にの入力情報に連絡先のEメールアドレスは含まれていません。これはつまり「決済(リチャージ)完了後の通知メール等が届かない」ということなので、ブラウザ上で「儲値成功!」の表示が出たかはきちんと確認しておきましょう。

APN情報を設定する

リチャージを済ませたら、スマートフォンにSIMカードをセット。

台湾之星 プリペイドSIMのリチャージ

APN情報は以下の内容を入力・有効化します。

  • 名前:任意(例:Tstar など)
  • APN:internet
  • 上記以外は特に弄らずそのままでOK

使うスマホ(機種)によってはAPN情報を登録せずとも、SIMカードを挿すだけで、台湾之星のサービス圏内に入るとすぐネットワークを認識するものも。

▼設定なし。自動でネットワークを認識したシンガポール版のSamsung Galaxy Note8

台湾之星 プリペイドSIMのリチャージ

▼スピードテスト確認した通信速度

台湾之星 プリペイドSIMのリチャージ

さいごに

台灣大哥大のプリペイドSIMと同じように使えると聞いて購入・契約した台湾之星のプリペイドSIM。実際にリチャージを試してみると、おおよその流れは台灣大哥大の場合と変わらず、とくに戸惑うこともなく再利用できました。

ちなみに私が台湾に渡航する際は、いつもリチャージとスマホへのSIMカード差し込みを出国直前に済ませるようにしています。こうしておくと飛行機が現地空港に着陸し、フライトモードを解除した段階からすぐにモバイルデータ通信を利用可能に。その後の移動をよりスムーズにこなせます。

台湾渡航時に繰り返し使える(そして使いやすい)プリペイドSIMカードとしてもっともオススメするのは台灣大哥大。このカードを保持した上で「もう1枚同じように使えるSIMカードがほしい」といった場合はぜひ、街中でも購入できる台湾之星のプリペイドSIMカード入手を検討してみるとよいでしょう。