ExpansysでMotorola Moto Zの販売がスタート

数日前より、Lonove傘下Motorola Mobility(以下、Motorola)の最新ハイエンドスマートフォン Moto Z の購入仮予約受付を行なっていたモバイルガジェットの海外通販サイトExpansys(エクスパンシス)

これについて本日早速初回分の商品在庫が入荷。販売が始まっています。

SPONSORED LINK

2016年9月19日(月)時点における本体価格は59,310円。販売が開始された本体カラーは Black/Lunar Gray および White/Fine Gold の2色ですが、同日18時30分頃の時点における在庫状況は後者(White/Fine Gold)のみ僅かながら在庫ありの状態。残る1色(Black/Lunar Gray)については既に次回以降の在庫入荷待ちになっています。

なお日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約63,600円ほどです。

今年6月に発表され、すでにイギリスなどでは販売の始まっていたMoto Z。Moto Mods(モト・モッズ)と呼ばれるシリーズ専用のアクセサリーが別途用意されており、これらによってスピーカー機能/カメラ機能/プロジェクター機能の強化・追加、あるいはバッテリー容量の増強といったカスタマイズができる設計となっています。

またMoto Zシリーズとして現在3種類(Moto Z/Moto Z Force/Moto Z Play)の機種が発表済みですが、このうちMoto Zに関してはMoto Modsを装着してもスマートフォンとしてのサイズ感を大きく損なわないよう、Moto Z単体での厚みはわずか5.19mmと非常に薄くデザインされていることも大きなポイントです。

Expansysの商品ページにはモデルを示す情報として「型番:XT1650-03」の記載がされています。対応する周波数などはExpansysが本社を置くイギリス向けモデルと合致しており、おそらく現在入荷している商品についてはイギリス向けのSIMフリーモデルと思われます。

参考までに、Motorola公式サイトのイギリス向け製品ページにて確認できる主な仕様情報は次のとおりです。

項目 詳細
サイズ 高さ:153.3 mm
横幅:75.3 mm
厚さ:5.19 mm
重量 136 g
OS Android 6.0.1
(開発コード名:Marshmallow)
SoC Qualcomm
Snapdragon 820
1.8GHz Quad-Core
メモリ RAM 4GB
ROM 32GB
バッテリー 2,600 mAh
ディスプレイ 5.5インチ
WQHD(2560×1440)
Super AMOLEDディスプレイ
535ppi
カメラ メイン:1,300万画素
サブ:500万画素
通信方式

FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20/25/28
TD-LTE:B38/40/41
UMTS:850/900/1700/1900/2100 MHz
GSM:850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz), MIMO
Bluetooth:Ver.4.1 LE

その他 SIMカード:Nano SIM
SDカード:対応(最大2TBまで)

Moto Zに関しては、イギリスのガジェット通販サイトHandtec(ハンドテック)にて、一足先に販売が始まっていました。

参考までにそちらでの同日時点における価格設定を確認してみると、VAT(付加価値税)抜きの本体価格がGBP409.99(約55,200円)。日本への配送料や輸入消費税、クレジットカード払いとした際の為替変換手数料などを加味した購入費用の概算見積もり額が約62,200円ほどとなっています。

加えてHandtecではMoto Modsのひとつであるバッテリー容量増強カバー「Incipio Off Grid Power Pack」を購入特典として付帯しており、入手費用だけに目をやれば、相対的にExpansysの価格設定は割高になっています。

ただ一方でExpansysであれば価格以外のサービス面が充実しているという点は大きなポイントともいえます。購入前後を含めて日本語での問い合わせが可能なこと、代金の支払いに現金払い(ヤマト運輸の代金引換)も指定できること、といった人によっては大きなメリットと感じられることがサービスに含まれています。

またExpansysでは販売するスマートフォンに対しては12ヶ月の長期保証も付帯しており、こういった価格以外のサービスも含めると、特に海外からの個人輸入に慣れていない方、不安がある方にとっては利用する価値が十分に感じられる販売元ともいえるでしょう。

なおMoto Zシリーズ専用アクセサリーのMoto Modsに関しては、現時点においてはExpansysに商品ページは用意されておらず、予約も含めた注文の受付は行われていません。

Source:Expansys