ExpansysでSamsung Galaxy C7 SM-C7000の販売がスタート

2016年7月末よりSamsungのスマートフォン新シリーズ Galaxy C7 SM-C7000 の仮予約受付を開始していた海外通販サイトExpansys(エクスパンシス)

こちらについて商品在庫が入荷し、販売が開始されています。

SPONSORED LINK

2016年8月12日(金)時点において新たに販売が開始されたのは Samsung Galaxy C7 SM-C7000。本体カラーは3色(Dark GreyGoldPink Gold)の取扱いとなっています。

同日時点における本体価格は47,900円。日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約51,600円ほどです。

(費用の詳細な計算方法は以下を参照)

Galaxy C7は2016年5月にリリースされたSamsungスマートフォンの新シリーズ。金属製のボディに人間工学を取り入れた丸みのあるフォルムがシリーズ共通の特徴となっています。

スペックに関してはSoCにQualcomm Snapdragon 625(オクタコア)を採用し、4GBのRAM、64GBのROMを搭載。現行における分類上はハイエンド扱いになる1台といえるでしょう。

なおディスプレイは5.7インチ(解像度は1920×1080のフルHD)と大きめで、これに比例してバッテリーサイズも3,300mAhと大容量になっています。

Expansysが取り扱うモデルは香港向けのSIMフリーモデルと予想され、その他、Samsung公式サイトの香港向け製品ページにて確認できる主な仕様情報は次のとおりです。

項目 詳細
サイズ 高さ:156.5mm
横幅:77.1mm
厚さ:6.8mm
重量 169 g
OS Android 6.0
(開発コード名:Marshmallow)
SoC Qualcomm Snapdragon 625
2.0GHz Octa-Core
メモリ RAM 4GB
ROM 64GB
バッテリー 3,300mAh
ディスプレイ 5.7インチ フルHD(1920 x 1080)
Super AMOLEDディスプレイ
カメラ メイン:1,600万画素
サブ:800万画素
通信方式

LTE Cat 4
FDD-LTE:B1/3/7/8
TD-LTE:B38/39/40/41
WCDMA:B1/2/5/8
TD-SCDMA:B34/39
CDMA:BC0
GSM:850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:IEEE 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth:Ver.4.2

その他 SIMカード:Nano SIM x 2
SDカード:対応(最大128GBまで)

同モデルに関しては、Expansysと同じく日本向けの販売拠点を香港に構える1ShopMobile.comETOREN(イートレン)といった海外通販サイトが一足先に取扱いを開始しています。

参考までに同日時点における3サイトでの価格設定を比較してみると以下のようになります。

サイト名 販売価格 購入費用
(概算)
Expansys ¥47,900 約¥51,600
1ShopMobile 約¥41,900
($415.00)
約¥47,800
ETOREN 約¥49,300
($488.00)
約¥52,400

商品に付帯する保証が手薄い(不良対応のみの10日間)ものの、これら3サイトの中で費用的にもっとも安く購入できる試算となるのは1ShopMobile.com。Expansysではそれに次ぐ形で、費用的には約4,000円ほど高い価格設定となっています。

ただしExpansysではスマートフォンにはすべて12ヶ月の長期保証を付帯。金額以外でのサポートの手厚さの違いまで意識すれば、相対的な価格設定としてExpansysの内容も十分妥当なものであるように思います。

Source:Expansys