ExpansysがHTC 10の本体価格を値下げ

日本向けの販売拠点を香港に持つガジェットショップExpansys(エクスパンシス)が本日Twitter公式アカウント(@EXPANSYSJapan)にてHTC 10の値下げをアナウンス。

詳しく確認してみるとわずかではあるものの、これまでよりも安価に購入が可能となっています。

SPONSORED LINK

2016年7月13日(水)時点においてExpansysが本体価格の値下げを行なったとするのはHTC 10(モデル番号:M10h)のROM32GBモデル。

本体カラーはTopaz Gold(正面:White/背面:Gold)とNimbus Cloud(正面:White/背面:Silver)の2色が対象となっています。

同日時点における本体価格は68,070円。日本国内住所宛への配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約72,800円ほどです。

値下げ前となる前日時点での価格設定を確認してみると、本体価格は70,490円となっています。つまり2,420円の値下げということになりますね。

ExpansysがHTC 10の本体価格を値下げ

ただしExpansysでは現在、1回の会計における代金合計額が70,000円以上となる場合は配送料を無料にするプロモーションを実施中。

今回の値下げによって本体代金が70,000円未満となることから、別途配送料(1,400円)が発生。この分を考慮すると、HTC 10を単品で購入した場合の実質的な値下げ額は1,020円ほどということができます。

HTC 10は2016年4月に発表されたHTCの現フラッグシップスマートフォン。金属とガラスを組み合わせたボディにSnapdragon 820プロセッサ(クアッドコア)や4GBのRAM、光学式手ブレ補正機能をサポートしたメイン/サブカメラ、指紋認証センサーなどを搭載します。

日本国内においても、2016夏モデルとしてKDDIから現在発売中ですね。

Expansysが取り扱うモデルは香港向けのSIMフリーモデルと思われ、HTC公式サイトの香港向け製品ページにて確認できる主な仕様情報は次のとおり。

項目 詳細
サイズ 高さ:145.9 mm
横幅:71.9 mm
厚さ:9.0 mm
重量 161 g
OS Android 6.0 with HTC Sense
(開発コード名:Marshmallow)
SoC Qualcomm Snapdragon 820
2.2GHz Quad-Core
メモリ RAM 4GB
ROM 32GB or 64GB
※Expansys取扱品はROM32GB
バッテリー 3,000 mAh
ディスプレイ 5.2インチ WQHD(2560 x 1440)
564ppi
カメラ メイン:1,200万画素
サブ:500万画素
通信方式

LTE Cat 9
FDD-LTE:B1/3/5/7/8/20/28/32
TD-LTE:B38/40/41
UMTS:850/900/1900/2100 MHz
GSM:850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth:Ver.4.2

その他 SIMカード:Nano SIM

SDカード:対応(最大2TBまで)

なお同機種に関しては、同じ2色(Topaz GoldNimbus Cloud)の本体カラーの台湾向けSIMフリーモデルが海外通販サイトETOREN(イートレン)でも現在プロモーション対象として割引販売中です。

参考までに当日時点での価格設定は、輸入消費税込みの販売価格がUSD659.00(約68,701円)、購入費用の概算見積もり額が約71,300円ほど。Expansysで購入するよりもさらに1,500円ほど安価に購入が可能です。

HTC 10に関しては、香港向けも台湾向けも対応周波数を含む基本仕様は変わりません。またExpansysもETORENもスマートフォンに関しては12ヶ月の保証が付帯となることから、少しでも安く購入したい場合においてはETORENを利用するのは有効な手段のひとつです。

なおETORENで購入する際は、PayPalでのカード決済時におけるオプション設定内容によってはレートが割高になってしまう可能性があるので注意が必要。詳しくは以下の記事で確認いただけます。

一方で支払い方法に代引きを利用したいなどExpansysでの購入を優先したい場合であれば、HTC 10で利用できるアクセサリー品などをセットで購入し、代金合計額を70,000円以上にできれば配送料が無料に。今回の値下げの恩恵をより受けることが可能となります。

RAW形式での写真撮影やハイレゾ音源の再生などに対応するHTC 10のことを考えれば、個人的にセットでの購入をオススメしやすいのはmicroSDカード。

例えば95MB/sの高速読み取りに対応するSanDisk製の製品(容量:32GB)であれば、国内Amazon.co.jpでの取り扱い価格ともそれほど価格差なく購入が可能です。

ExpansysがHTC 10の本体価格を値下げ

もちろんこの他の商品と合わせ買いをしても、代金合計さえ70,000円以上になるのであれば配送料は無料となることから、自分がもともとほしいと思っていたものがExpansysで安く販売されていないかチェックしてみることがよいといえるでしょう。

★ Expansysの商品ページはこちら:

★ ETORENの商品ページはこちら:

Source:Expansys