Nikon D5500

昨年末にデジタル一眼レフカメラを購入しました。

日常使用やブログ用の写真撮影レベルであれば、購入から約1年間使い続けているPanasonicのLUMIX DMC-CM1でまったく問題はないのですが、最近は広い会場で行われるイベントに取材目的で参加する機会も増加。

そんな中で「どうしても高倍率のズームが欲しい」あるいは「ズームして、さらに人物の肌の質感までもっときれいに撮りたい」と思う場面が増えたことが、一眼レフの購入を考えた主たる理由です。

実際購入に至るまではカメラに詳しい友人・知人にもたくさん相談にのってもらい、一眼レフ以外も含め、幅広い範囲から検討を行いました。

スマートフォンであれば、普段から「これはほしい(カチカチッ)」と躊躇なく購入してしまうことも多い私ですが、そんな私でも今回のデジタル一眼レフカメラ購入にあたっては、かなり入念に検討して購入した自負があります。

そこで今回はカメラの本体とあわせて購入した機材・アクセサリーも含め、それぞれ選んだ理由、すなわち「購入時にどういったことを考えていたか」を整理・記録しておきます。

SPONSORED LINK

カメラ:Nikon D5500

Nikon D5500

カメラ本体はNikonのD5500を選びました。レンズキットではなく、本体単品を購入。

もともと想定していた用途は、冒頭でも触れた「ズームが効く」「ズームしても画質が落ちない」ということ。これだけであれば、デジタル一眼レフ以外も選択肢としてあがってきます。

ただこれに関しては単純に「一度、一眼レフカメラというものを自分でしっかり使ってみたい」という思いもあり、とくに迷うことはありませんでした。

迷ったポイントといえば、搭載するイメージセンサー(撮像素子)のサイズですね。

「どうせ一眼レフカメラを購入するのなら、やはりフルサイズのイメージセンサー搭載機にこだわるべきでは?」という考えを強く持っていました。しかし相談した全ての方から「用途を考えると小さいサイズ(APS-Cサイズ)で問題ない。むしろ携帯性を考え、軽さを意識すべきでは」といわれ、納得。

ここで候補に残ったのがNikonのD5500と、その一世代前のモデルであるD5300。さっそく量販店に展示機を見に行ったときのファーストインプレッションはストレートに「一眼レフなのに小さい!」だったことをはっきり覚えています(笑)。

Nikon D5500

ちなみになぜD5300は旧モデル、すなわち“型落ち品”であり、価格が安いという大きなメリットを有しています。それでも最終的にD5500を選んだ理由は、店頭で何度か直に触ってみた結果として「個人のフィーリングにとても合う」と感じたからです。

とくにポイントとなった部分を具体的に挙げていきましょう。

まずモード切替のダイヤルが比較的シンプルであること。エントリーモデルに分類されるD5500の価格帯では「風景モード」「夜景モード」といったオート撮影でもさらに細かく使いみちを選べるシーン撮影機能が、操作ダイヤル上に割り当てられていることが多くなっています。

ですが個人的に、この機能は不要。一眼レフカメラを使う=撮影スキルの向上も目的としてあるため、操作系はよりシンプルなものを希望していました。見たお目としても、ごちゃごちゃしているよりはシンプルが好きです。

その点、D5500はかなりシンプル。シーン撮影機能も「SCENE」のひとつのみです。ボタンこそあちこちに分散してはいるものの、ひとつのダイヤルでISO感度や絞り(F値)の設定が変更できる点もピンときます。

Nikon D5500

二つ目のポイントはグリップのつくりが深いということ。これはD5300と比較した際にとくに意識させられたポイントです。

私、手のサイズが結構大きいのですが、D5500とD5300をそれぞれ握ってみると、グリップの深さがびっくりするほど違うんです。D5500のほうが深く、大きな手でも指が余らずしっかり掴めます。

Nikon D5500

ボディを薄く仕上げられている証拠でもあるグリップの深さは、最終的にD5500を選ぶ上で、かなり重要な要素となったことは間違いありません。

そして最後のポイントが、バリアングル(可動式)とタッチ操作に対応するディスプレイを搭載すること。

Nikon D5500

購入機種の検討にあたっては、上位モデルにあたるD7100やD7200も候補として考えました。ただこれらの機種が搭載するディスプレイはバリアングル(可動式)非対応。

大きな会場で行われるイベントの場合、カメラだけを上に持ち上げて撮影するシーンも十分想定できただけに、バリアングルは付いているものがよいと判断しました。ぐるりとまわるので、一眼レフカメラで自撮り(セルフィー)だって撮れますよ(笑)

それとD5500のモニターはタッチ操作にも対応。普段からスマートフォンに慣れ親しんでいる私にとって、使い始めのストレスを少しでも減らせる要素として、慣れ親しんだ操作系統の存在にも魅力を感じました。

D5500を選んだ結果として、扱い方こそまだまだ勉強が必要ですが、直感的に弄りたい項目も探せています(弄れています)し、大きなストレスもなく、楽しく使えています。とりあえず現状ではまず、よい買い物をしたと大満足ですね。

レンズ:SIGMA Contemporary 18-300mm

Nikon D5500

一眼レフカメラには、一般的に「レンズキット」と呼ばれる、純正レンズが付属しているセット品もよく展開されています。しかし今回は、本体単品+レンズを1本個別に購入することに。選んだレンズはSIGMAのズームレンズ。

レンズについては用途として「イベントや発表会で遠距離からでもアップで撮影したい」「荷物はなるべく増やさず、1本で幅広く使いたい」と用途がはっきりしていました。

そのため製品の特徴から機能がざっくり判断できるようになって以降、ほとんど迷うことはありませんでしたね。せいぜい純正品(Nikon製品)にするか、サードパーティ品にするか。この点を考えたくらいです。

では最終的にSIGMAのズームレンズを選んだ理由は?というと、たまたま身の回りの(カメラに詳しい)方々多くがSIGMAのレンズを使っていたからということに尽きます。

Amazonのレビューコメントなどを見てみると不具合を謳う内容も目に入りましたが、それが気にならないほどの安心感を個人的に感じることができた点が大きかったですね。

レンズフードが付属していたのもありがたいこと。

Nikon D5500

本体とレンズ、ぞれぞれがおおよそ500g前後。使用時はトータル1kg超えの重さにこそなりますが、前述のグリップの深さもあり、使っていても重さはさほど気になりません。というか、これでも十分軽い方なのでしょう。

使い始めのタイミングで気になったこととすれば、ズーム時に回すリングがやや硬いといったことくらい。これは使い込むうちに解決したので、あまり気にする必要はなさそうです。

SDカード:SanDisk Extreme PRO

Nikon D5500

SDメモリカードは、書き込み速度を最重要に考え「Sandisk Extreme PRO」を選択。

スマホに挿して使うSDメモリカードレベルであれば、書き込み速度はそこまで重要視もしません。ですが、一眼レフカメラの場合は「写真データのファイルサイズも大きい」「連写もする」「高画質で動画も撮る」といった用途が考えられます。

このときに書き込み速度が遅いと、撮影に追いつかなくなる(=写真が撮れなくなる)ということを強く教えてもらい、転送速度(最大95MB/s)とスピードクラス(UHS Speed Class 3、CLASS10)にこだわることとしました。

記録容量に関しては32GBを選択。基本的に「撮影した写真は毎回すぐにパソコン等へ移す」想定なので、SDメモリカード内にデータをたくさん残したまま、連続で使用するケースは稀。

一回のイベントで撮影する(と想定できる)枚数に加えて、多少の余裕を見ても、容量としては十分と結論づけました。容量を考える際は下のサイトなども参考しましたよ。

SDメモリカードの容量については、大が小を兼ねることもわかっています。ただ無駄に余ることがあらかじめ想定できるのであれば、浮いた費用を元手とし(必要に応じて)予備となる2枚目以降のSDメモリカードを買い足すほうが賢いかな?とも思います(実際にあとから同じものをもう1つ購入しました)。

なお購入費用を安く抑える方法として、パッケージをシンプルにしたバルク品を選ぶ手も考えられます。故障時の保証の取り扱いが異なるため注意は必要ですが、それを踏まえてバルク品を選ぶのはアリでしょうね。実際に私も、過去にSDカードが故障した経験が一度もないため、、今回は安さを優先してバルク品を選択しました。

レンズプロテクター:MARUMI EXUSレンズプロテクト

Nikon D5500

一眼レフカメラの購入を検討する中で、何度もいわれて覚えたのが「ボディは消耗品、レンズは(ほぼ)一生もの」ということ。

カメラ本体は機械的な部分が多く、長く使っていけばガタもくる。一方で(それに比べれば)レンズは長く使える、という話は相談に乗ってもらった方ほぼ全員からいわれました。

そんなわけで、レンズも(レンズこそ)大切に扱いたいところ。そこでレンズの外側に装着するプロテクターも購入。

こちらは自分で選んだわけではなく、お店でカメラとレンズを購入する際、適当なものを店員さんが選んでくれました。

下はSIGMAのレンズに装着してみたところ。

Nikon D5500

レンズとカバーでメーカーは異なりますが、装着時も見た目に違和感もなし。写真の写りがおかしくなるといったこともありません。

液晶保護フィルム:Kenko MG液晶保護フィルム

Nikon D5500

D5500のディスプレイはタッチ操作対応なので、普段から指でペタペタと触ります。また撮影時にファインダーを覗き込むと鼻があたることも多く、脂が付きますどうせなら画面も大切にしよう!ということで、液晶保護フィルムもセットで購入。

こちらも細かいこだわりはなかったので、チョイスはお店の方におまかせ。1,000円前後で買えますし、必需品といってよいでしょうね。

予備バッテリー:Nikon EN-EL14a

Nikon D5500

SDカードは定期的にデータをパソコンに取り込めば1枚でも済む想定ですが、バッテリーは念のため2つ持っておきたいなと。ということでNikonの純正品を1つ追加で購入。

カメラ用のバッテリーはより安価なサードパーティ製(あるいは並行輸入品)も見かけます。ただ長く使えることがわかっているだけに、少しお金を出してでも、より安心して使える国内正規品(純正品)を選びました。

三脚:SLIK PRO 330

Nikon D5500

こちらは購入ではなく、普段から仲良くしていただいている大先輩からの戴きもの。失礼であるとわかりつつも価格を調べてみて、腰が抜けました。

少し前に笹かまを贈っていたのですが、まさか三脚になって返ってきました。ありがたい。ありがたい。本当にありがたい(スリスリ)。大切に使います。

ストロボ:Nikon スピードライト SB-700

10 01 2016 516

そういえば今月はじめに珍しく(←自分でいうか?)クレクレとつぶやいていたんですが、実は誕生日がきて30歳になりました。

そして皆さん(ありがたい。とても)からいただいたギフト券を元気玉させていただき、購入したのがNikon純正のスピードライトです。

もともとイベント取材での使用を主用途と想定していた一眼レフカメラ。ただもちろん、ブログ用の写真も、よりよくレベルアップしていきたいとは考えていました。

今回カメラを購入し使ってみる中で「あとは撮影環境(具体的には照明)があると楽かも」と考える中で思いついたのが、スピードライトの購入でした。

D5500で使える純正品は他にもありますが、下位モデルと価格差もそこまでなく、かつ最近の評判を見てもよい評価が多かったことが決め手になりましたね。

実際に使ってみると、このスピードライトひとつで私の場合はおおかた照明問題が解決できました。あらためて写真撮影において「光」という存在の大切さを考えさせられるほど、便利なツールです。

10 01 2016 517

一眼レフカメラの購入前に撮りためていた写真(ブログネタのストック)がまだたくさんあるので、今後もしばらくはストロボ無しで撮影した写真が続きます。ただし当ブログを見続けていただくと、そのうちどこかできっと、写真の印象が大きく変わることと思います。

カメラバッグ:VANGURAD OSLO 22

10 01 2016 518

最後に、ここまで紹介したもの(三脚以外)を持ち歩くためのカメラバッグ。普段はなるべく荷物をコンパクトに持ち歩くよう意識しており、日常使いのバッグには一眼レフカメラをしまえるほどの余裕はありません。

むしろ一眼レフは必要時に ”プラスα” で持ち歩く機材と考えており、お弁当箱を入れるバッグのような、手で持てるケースを探していました。ということでチョイスしたのが VANGUARD OSLO 22。

価格は4,000円前後で安くなく、高くなく、の部類です。ただこのカメラバッグ、実はカメラ本体以上に強いこだわりを持って選んだものでもあります。

基本的には上部にあるジップを開いてガバッと開ける設計になっており、そこに機材を詰めています。

10 01 2016 519

左からカメラ本体、ストロボ、レンズと並んでいます。取り外しや位置の変更ができる、マジックテープで固定された仕切りが2枚ついており、私は1枚を外して使っています。

10 01 2016 520

上の写真を自分で見ていて、もう1枚をカメラとストロボの間に追加してもいいかな?とは思います。この点は今後使い勝手を見ながらベストを探っていくことに。

ただとりあえず、何よりうれしいのは、持っている機材が無駄なく、でもきちんと収まるというところ。これとても重要。

フタの裏側についているポケットには予備のバッテリー、パソコンとの有線接続時に使用するUSBケーブル、あとカメラバッグを無くさないためのおまじないが入っています。

10 01 2016 521

このバッグをえらんだポイントのひとつが、レインカバー付きであること。

10 01 2016 522

別売りのカバーを買えば簡単に解決もできますがが、バッグにくっついていれば失くすこともありません。湿気に弱い(扱いが本当に悪いとレンズの中にカビが生えることもあるんですね)カメラをしっかり守るためにも、欠かしたくない要素でした。

カバーを被せてみたところ。

10 01 2016 523

バッグ上部に設けられたグリップが持ちづらくはなるのは惜しいですが、持てないことはないので、とりあえずヨシといったところ。一時的に雨から守るため、と考えれば十分です。

10 01 2016 524

背面が大きく開いていることからも「一時的に使うもの」の認識がよいでしょうね。

10 01 2016 525

そしてこのカメラバッグを選択した最大のこだわりポイントが、ずばりバッグ底に床置き用のパーツが設けられていること。

基本床に置く場合も屋内環境(かつ平らな場所)を想定していますが、これがあると、よりしっかりとバッグが自立します。また底面の布(ナイロン地)が直接床や地面に触れないため、衛生面でも安心できますよ。

カメラバッグを探す中で同じようなサイズ、構造の製品は多くあったものの、こういったパーツが付いているものは、VANGUARDのこの製品以外に見当たりませんでした。

10 01 2016 526

斜めがけ用のストラップも付いているので、スリングバッグとして使用することも可能です。かなりお気に入り。

まとめ

以上、初めての一眼レフカメラ購入に際して買ったものとその理由のまとめでした。

一眼レフ自体は昨年末よりすでに使い始めており、最近では使用頻度もかなり増えてきました。うれしいことに、いずれの製品も現状では大きな不満は感じていません。また購入から約1ヶ月使ってみて「写真を撮るのがとても楽しい」ということを強く感じています。

余談ですが、道具を選ぶ際の考え方として、個人的には「弘法筆を選ばず。だけど、選んだほうがいいのはいいよね」ということを定期的に思います。実はかなり前にブログにも書いたことがあることなのですが、この考え方は今も変わらないんですよね(恥ずかしいですがリンク貼っておきます)。

ものの選び方や買い方(価値観)は人によって異なります。しかし、もし、本当にもし、購入するものを選ぶ際に「初心者だから」「私なんかが使う代物じゃない」なんて ”遠慮心” が理由で買うのを躊躇するのはもったいない。

タイピングが遅いからこんな高性能なパソコン使っていけないとか、あの有名なレビュワーさんが低評価していたから買うべきではないとか、どうでもよいなと。極端にいえば喫茶店でドヤ顔したいからMacBookを買う、でもよいと思います(よくひとりでドヤ顔してます汗)。

理由は何にせよ、自分が使っていて楽しさを感じられるもの、自分のやりたいことを楽にしてくれる(助けてくれる)もの。こういったものは経験上、没頭するスピードも速いですし、上達のスピードも加速させてくれます。

総じて何がいいたいかというと、好きなもの買おうぜ(使おうぜ)ってことです(お金があるとかないとかは別ですが)。

ちなみになんで急にこんなことを言い出したのかというと、今回も皆さんから最終的にいただいた「結局は自分が欲しいものを買おう」ってアドバイスが一番響いたからです。本当に満足して使えていますし、何より使っていて楽しい。ありがたい。本当に。

話を戻しますが、今回の一眼レフカメラに関しては購入に際して(スマホ購入時ではありえないくらい)時間をかけて考え、選んだつもりです。今後、半年後あるいは一年後、二年後……となっていく(使っていく)うちに考え方がどう変わっていくのか、また定期的にウォッチしていくことにします。