1ShopMobile.comでASUS ZenFone Zoom ZX551MLの取り扱いがスタート

香港に拠点を持つガジェットショップ1ShopMobile.comにて、ASUS ZenFone Zoom ZX551ML の取り扱いが始まっています。

SPONSORED LINK

2015年12月22日時点における本体価格はUSD435.00(約53,400円)。本体カラーはBlackのみ、注文可能となっています。日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税、代金決済時に発生する為替変換手数料などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約59,800円ほどです。

ZenFone Zoomは今年9月にドイツ・ベルリンで開催されたIFA2015にて詳細が発表されたASUSのスマートフォン。リアカメラが3倍の光学ズームに対応した、カメラ機能に最大の特徴を有する機種となっているほか、プロセッサにIntel Atom Z3580 2.3GHz Quad-Coreを搭載し、RAM容量も4GBとなるハイエンド仕様となります。

なお1ShopMobile.comの製品ページにはモデル番号(ZX551ML)以外の詳細が記載されていませんが、こちらは個別に問い合わせしたところ香港向けモデルであるとの返答をいただきました。ASUS香港の製品ページにて確認できる詳細な技術仕様は以下のとおりです。

項目 詳細
サイズ 高さ 158.9 ✕ 幅 78.84 ✕ 厚さ 5-11.95 mm
重量 185 g
OS Android 5.0 Lollipop
プロセッサ Intel Aton Z3850 2.3GHz Quad-Core
メモリ RAM 4GB(LPDDR3規格) / ROM 64GB
バッテリー 3,000 mAh
ディスプレイ 5.5インチ FHD(1920×1080)403ppi
カメラ リアカメラ:1,300万画素
フロントカメラ:500万画素
通信方式

LTE Cat 4

4G(FDD-LTE):Band 1/2/3/4/5/7/8/17/18/19
4G(TD-LTE):-
3G(WCDMA):850/900/1900/2100 MHz
2G(GSM):850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0

その他 SIMカード:Micro SIM
SDカード:microSDカード(最大128GBまで)

 ZenFone Zoomに関しては、現在同じく香港に拠点を持つガジェットショップExpansysでも仮注文を受付中となっています。同日時点におけるそちらでの予定本体価格は54,635円、現時点(仮注文受付時点)より注文した場合の購入費用の概算見積もり額は約57,300円ほど。費用的には1ShopMobile.comで注文した場合のほうが約2,000円ほど高くなる試算です。

Expansysの商品ページに現在記載されている対応周波数は香港向けモデルのものと合致しておらず、1ShopMobile.comとExpansysで取り扱うモデルが別のものである可能性もあります。ただ1ShopMobile.comが取り扱っている香港向けモデルに関してはFDD-LTEのBand19(NTTドコモのプラチナバンド)に対応していることから、”現時点で確認できる情報を見る限り”では、1ShopMobile.comで取り扱うモデルを購入するほうが日本国内においては使いやすいといえるでしょう。

またASUS台湾の製品ページ上では対応周波数の記載箇所に”JP(Japan)”の記載が見られることから、今後日本国内においても正式に発売がされるものと思われます。

これまでの傾向から日本国内向けモデルは価格が割高となる可能性が高いものの、3G(WCDMA)でBand6(800MHz。ドコモのFOMAプラスエリア)に対応することから、より広いエリアでドコモのネットワークに接続できるモデルを希望するのであれば、台湾向けモデルあるいは日本国内向けモデルを購入するほうがベターと思われます。

Source:1ShopMobile.comASUS香港ASUS台湾