ExpansysにてZenFone Zoomの仮注文受付が開始

香港に拠点を持つガジェットショップExpansysにて、ASUS ZenFone Zoom ZX551ML の仮注文受付が始まっています。

SPONSORED LINK

2015年12月17日時点における予定本体価格は54,545円。本体カラーは2色(Premium Pure BlackSleek Ceramic White)が取り扱い予定となっています。なお日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約58,500円ほどです。

またExpansysでは仮注文受付時より注文を行ない、そのまま購入に至った場合には購入費用よりUSD10.00相当が割り引かれるキャンペーンを実施しており、現時点において注文すれば約57,200円ほどで入手できる試算となります。

ZenFone Zoom は2015年1月にアメリカ・ラスベガスで開催された2015 International CESでASUSが発表した新機種。その後しばらく詳細などに関する発表がありませんでしたが、同年9月にドイツ・ベルリンで開催された IFA 2015 にて改めて発表。また今月初旬よりASUSのお膝元である台湾国内ではすでに発売が開始されています。

端末の最大の特徴といわれるのはメインカメラ。製品名の ”Zoom” からも連想できるとおり、3倍の光学ズームに対応したカメラを搭載します。またこのズームは10枚のレンズを搭載することで実現しており、デジカメなどでよく見られるレンズ部分が飛び出す機構にはなっていません。有効画素数は1,300万画素で、レーザーオートフォーカスにも対応します。

またベーススペックに関してもOSにAndroid 5.0 Lollipop、プロセッサにIntel Atom Z3580 2.3GHz Quad-Core、4GBのRAM(LPDDR3規格)、64GBのROMを搭載し、ディスプレイは5.5インチ(解像度は1920×1080のFHD)とハイエンドの部類に入ります。

なおExpansysの商品ページに記載されているその他の詳細な技術仕様は以下のとおり。

項目 詳細
サイズ 高さ 158.9 ✕ 幅 78.84 ✕ 厚さ 5-11.95 mm
重量 185 g
OS Android 5.0 Lollipop
プロセッサ Intel Aton Z3850 2.3GHz Quad-Core
メモリ RAM 4GB / ROM 64GB
バッテリー 3,000 mAh
ディスプレイ 5.5インチ FHD(1920×1080)403ppi
カメラ リアカメラ:1,300万画素
フロントカメラ:500万画素
通信方式

4G(FDD-LTE):Band 1/2/3/4/5/7/8/17/20
4G(TD-LTE):-
3G(WCDMA):850/900/1700/1900/2100 MHz
2G(GSM):850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0

その他 SIMカード:Micro SIM
SDカード:microSDカード(最大128GBまで)

モデルに関してはExpansysが拠点を持つ香港、あるいは既に発売中となる台湾といったところが一般的には考えられます。ですがExpansysの商品ページに記載されている対応周波数と、ASUS香港およびASUS台湾それぞれの製品ページに記載されている対応周波数は一致しておらず、現状においてはいずれの地域(国)向けに開発されたモデルなのかが不明です。

モデル 対応周波数
Expansys 4G(FDD-LTE):Band 1/2/3/4/5/7/8/17/20
4G(TD-LTE):-
3G(WCDMA):850/900/1700/1900/2100 MHz
2G(GSM):850/900/1800/1900 MHz
ASUS香港
(香港向けモデル) 
4G(FDD-LTE):Band 1/2/3/4/7/8/17/18/19
4G(TD-LTE):-
3G(WCDMA):850/900/1900/2100 MHz
2G(GSM):850/900/1800/1900 MHz
ASUS台湾
(台湾/日本向けモデル) 
4G(FDD-LTE):Band 1/2/3/5/7/8/9/18/19/28
4G(TD-LTE):-
3G(WCDMA):850/900/1900/2100 MHz
2G(GSM):850/900/1800/1900 MHz

最悪Expansysの商品ページに記載されている内容が誤っているというケースも想定し、仮注文を行う前には詳細を問い合わせたほうが良いといえるでしょう。 なおASUS台湾の製品ページ上では対応周波数の記載箇所に ”JP(Japan)” と記載が見られることから、今後日本国内においても正式に発売がされるものと思われます。

Source:ExpansysASUS香港ASUS台湾