ExpansysにXperia C4 Dual E5363が入荷

海外のガジェットショップExpansysにて今月初旬より仮注文の受付が始まっていたSONYのミッドレンジスマートフォン「Xperia C4 Dual E5363」が、本日販売開始となっています。

SPONSORED LINK

2015年6月22日時点での本体価格は45,730円です。仮注文受付開始時からは635円ほど価格が下がっています。なお本体カラーに関しては3色(BlackWhiteMint)が取扱中となっており、在庫数量は同日17時50分現在でいずれも5台と少なめの入荷です。日本への配送料や輸入時に課せられる輸入消費税(内国消費税、地方消費税)などを加味した、購入費用の概算見積額は約50,600円となっています。

Xperia C4 Dualは今年5月にSONYがグローバル市場向けに発表したモデルで、最大の特徴は強化された自撮り(セルフィー)機能となっています。ミッドレンジモデルながらフロントカメラの有効画素数は500万画素と高めの性能になっている他、フロントカメラの横にもフラッシュ用のLEDライトが配置された仕様となっています。詳細な技術仕様は以下のとおり。

項目 詳細
サイズ 高さ 150.3 ✕ 幅 77.4 ✕ 厚さ 7.9 mm
重量 147 g
OS Android 5.0 Lollipop
CPU MediaTek MT6752 1.7GHz Octa-Core
メモリ RAM 2GB / ROM 16GB
バッテリー 2,600 mAh
ディスプレイ 5.5インチ Full HD(1,920×1,080)IPS Mobile BRAVIA Engine 2 400ppi
カメラ リアカメラ:1,300万画素
フロントカメラ:500万画素
通信方式

FDD-LTE:Band 1/3/7/8/28
TDD-LTE:Band 40
3G:850/900/100/2100 MHz
2G:850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth 4.1

その他 SIMカード:Nano SIM
SDカード:microSDカード(最大128GBまで)

技術仕様を改めて確認してみると、本体サイズ・ディスプレイサイズともに同社の現フラッグシップモデルであるXperia Z4(およびXperia Z3+)よりも大きい、という点も非常に興味深い感じがします。またプロセッサにQualcomm社のSnapdragonを搭載していないXperiaというのも珍しいですね。なおこのXperia C4 DualはZシリーズのようなオムニバランスデザインではなく、またZシリーズやXperia M4 Aquaのような防水・防塵機能にも非対応となっています。

Xperia C4 Dualに関しては日本への配送に対応している他のガジェットショップでまだ入荷しているところはほとんど見かけないため、現時点においてはExpansysで購入することが早く・安く入手できる方法と言えるでしょう。

Source:Expansys