AQUARIS E4.5 Ubuntu Edition

スペインの携帯電話メーカーBQから発売されているOSにUbuntuを搭載した初の製品版端末「AQUARIS E4.5 Ubuntu Edition」。現在はフラッシュセールという時間帯と台数を限定した形式で突発的に販売されているものです。ちょうど先日このフラッシュセールに遭遇したので、フランスの転送代行サービス業者経由で購入してみました。


SPONSORED LINK

AQUARIS E4.5 Ubuntu Editonとは?

AQUARIS E4.5 Ubuntu Editionはスペインの携帯電話メーカーBQが発売しているスマートフォンです。名前からなんとなく分かる方もいると思いますが、このAQUARIS E4.5自体はOSにAndroidを搭載したものが先に発売されています。そちらとハードは同じで中身(OS)だけUbuntuになっているモデルです。

スペックはこんな感じです。

項目 詳細
サイズ 高さ 137 x 幅 67 x 厚さ 9 mm
重量 123g
OS Ubuntu
CPU Quad Core Cortex A7 up to 1.3GHz Media Tek
メモリ RAM 1GB / ROM 8GB
バッテリー 2,150mAh
ディスプレイ 4.5インチ qHD(960×540)240ppi
カメラ アウトカメラ:800万画素 / Dual-flash / Autofocus 
インカメラ:500万画素
通信方式

3G:900/2100 MHz
GSM:850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:802.11 b/g/n
Bluetooth 4.0

その他 SIMカード:Dual micro-SIM
SDカード:最大32GB

LTE非対応、DualSIM仕様ということで、海外の新興国市場向けモデルで比較的よく見かける感じになっています。一応3Gが2100MHzに対応しているので、日本国内でもNTTドコモやSoftbankのSIMなら電波は掴んでくれるものと思われます。あとインカメラが500万画素あるのは(良い意味で)少し意外でした。昨今のセルフィー需要を意識してのスペックでしょうか。

ちなみに端末の販売価格は€169.90(約21,700円)ほど。中身がAndroidのものは€159.90(約20,500円)となっているので、Ubuntu Editonのほうが1,000円ちょっと高い価格設定となっています。

Ubuntuスマホの最大の特徴と言われるのがユーザーインターフェース(UI)。「Scopes」と呼ばれるユーザーインターフェース(UI)を搭載しており、ホーム画面から様々なサービスに直接アクセス出来るのだとか。しかし実際にどのような感じなのかについては、正直触ってみないと分かりませんね。

ただシステムは日本語に対応していないと思われます。この点は結構痛いですね。英語で表示できれば読む分にはそこまで困らないのですが、日本語を入力する方法が無いと、あまり大したことが出来ない気もしますので。

購入に際しての問題点

AQUARIS E4.5 Ubuntu Editionはガジェッターの心をくすぐる非常に興味深いスマホなのですが、購入に際してはふたつ問題があります。

販売はフラッシュセール方式

ひとつめは販売をフラッシュセール(時間帯と台数を限定して販売)と呼ばれる形式で行なっていること。フラッシュセールを行なうタイミングについてはBQのTwitterアカウントがつぶやいたりもしているようなのですが、始まってもすぐに終わってしまうんですよね。前回なんかは夜中(0時とか)にやっているのを発見したものの、あっといまに売り切れ。

たまたま今回は夕方(くらいだったはず)にフラッシュセールが開催されていて、運良く注文することが出来ました。

配送先は欧州限定

ふたつめは発送先が欧州限定となっていること。注文フォームに”Japan”なんて表記はありません。ですので購入するにあたっては転送代行サービスを利用する必要があるんです。今回はフランスで転送代行サービスを行なっているA Priori Parisを利用してみました。ちなみにクレジットカードは日本で発行したものでも決済出来ました。

A Priori Parisでは、事前に転送したい商品の情報を連絡してから転送元(購入した商品をいったん送る場所)の情報がメールで送られてきます。ただしこのメールが来るまでにはある程度時間がかかるため、ほしい商品があるのなら、予め商品情報を伝えておく必要があります。ご注意を!

A Priori Parisについて

A Priori Parisについては、Googleで「フランス 転送代行」と検索するとホームページが出てくると思います。

A Priori Paris

基本的にはメールも含めてやりとりが日本語で済むところ、そして利用料金が他のフランスの転送代行サービス業者に比べるとわかりやすそうだったので、今回はこちらを利用してみることに。

転送代行の他にも、注文代行、買物代行、オークション代行など幅広くサービスを行なっている様子です。

購入にかかる費用見積もり

今回AQUARIS E4.5 Ubuntu Editionを購入するにあたってかかる費用をざっくり見積もってみました。商品代金と送料(欧州圏内)はこの金額(€のほう)で確定で、それより下はA Priori Parisのホームページを見ながらざっくり組んでみた感じです。

項目 費用
商品代金 €169.90
(約21,700円) 
送料
(欧州圏内)
€0.00
送料
(欧州→日本)
€16.30
(約2,100円) 
転送代行手数料 €20.00
(約2,600円) 
申告税
(国内消費税に相当)
約1,700円
合計 約28,000円

商品代金プラス6,000円程度、という感じですね。スマホは輸入時に関税がかからないところが非常にありがたい限り。ちなみに商品代金に関しては外貨で請求されるはずなので、細かく書くと€173くらいになるかと。なので購入に際してかかる総費用は28,500円ほどと見積もりました。商品が届いた際に答え合わせはしようと思います。

最後に

フランスの転送代行サービス業者を利用するのはこれが初めてなので、また実際に使ってみての結果や感想などは別記事でまとめたいと思います。