Samsung Gear Live

Samsung Gear Live なら、この通り、うるさい鹿も閉じ込めることが出来ます。

スポンサードリンク


Samsung Gear Live を使い続けて2ヶ月。変化に気がついた

Google のウェアラブルデバイス Android Wear が発表・発売されてから気がつけば2ヶ月。私は Samsung Gear Live を発売日当日に入手し、約2ヶ月使い続けています。

(参照)初Android Wear!Samsung Gear Liveが届いたので速攻で開封の儀をしてみた

(参照)Samsung Gear Liveの電池持ちを調べてみたら思っていた以上の結果が返ってきた。

(参照)Gear Live を1ヶ月間使い続けたのでとりあえずレビューしておく。

同時期に発売された LG G Watch は充電端子部分で腕がかぶれるなんて症状も報告されていましたが、私の Samsung Gear Live は至って快適、問題もなし。デザインも好みだし、本当こっち買って正解でした。

Samsung Gear Live

そんな Samsung Gear Live ですが、今日たまたま腕から外した際に「んんっ?」と思うことがありました。

Gear Live のバンドの留め具部分はご覧の通り金属製なんですが。

Samsung Gear Live

2ヶ月間毎日使い続けた結果、留め具のピンが錆びてました ^^;

Samsung Gear Live

とりあえず家にあった貴金属磨き(シルバーのアクセサリーなんかを磨く布)でゴシゴシ擦ったところ、表面の手触りはツルツルになったものの、結局色は元に戻りませんでした。錆びたというか、メッキが剥がれた感じ?

ちなみに貴金属磨きはメチャクチャ汚れました。

貴金属磨き

まとめ

Samsung Gear Live を2ヶ月間毎日使い続けたら、汗によってメッキが剥がれることも。あと水洗いだけだとやっぱり汚れを完全に落とすのは無理。

メッキが剥がれた部分は装着している際には見えない場所ですし、LG G Watch のかぶれ問題なんかと比べても大して気にする必要はないでしょうけど、こうなると純正のスペアバンドを販売してくれも良いのではないでしょうかね。

明日からも毎日 Samsung Gear Live は使い続けるので、メッキの剥がれ具合なども更に変化があれば、報告して行きたいと思います。

では。

Moto 360
  by カエレバ