Xperia ZL2とSmartBand

いつも大変お世話になっております、そうすけ(@sosuke14jp)です。

Xperiaアンバサダーとなって、現在auのXperia ZL2をお借りしています。この端末はカメラ機能がかなり良い出来になっている点が素晴らしいのですが、もう1つ、SONYのSmartBandと連携して使える(OSバージョンがAndroid 4.4.2)ことも大きなポイントですね。

で折角なので、先日この2つを携えて山に登ってきました。そうしたら登山・下山の道中が楽しいわ、頂上でも楽しいわ、帰ってきてからも楽しいわで休日を大いに満喫することができました。

ということで今回は、Xperia ZL2とSmartBandを携えて山を登ることの魅力を伝えていくはずです。はず。

スポンサードリンク


山の上にそびえ立つ岐阜城

今回登ってきたのは岐阜城です。お城で登山?と思う方もいるでしょうが、お城で登山なんですよ。これが岐阜城。

岐阜城

遥か彼方。遥か頭上ですよ。山の上にお城があって、お城に登るためには登山せなアカンというアレなわけですよ。

ちなみに麓には岐阜公園という新緑の綺麗な公園になってます。

岐阜公園

のどかで心休まる良い場所です。

のどかで心休まる良い場所

水場もあるし。

水場もある

よいよい。

よいよい

ちなみに岐阜城攻略のコースはいくつかありまして。

岐阜城の攻略コースはいくつかある

今回は嫁と一緒ということもあり、行きは「めい想の小径」コース、帰りは「七曲り登山道」コースを選択しました。

行きはめい想の小径

行き:めい想の小径コース

めい想の小径コース

行きは「めい想の小径」コースからお城を攻めることに。登り口にはあじさいも綺麗に咲いていたり、なかなかステキな感じ。

登り口に咲いていたあじさい

階段は石を積んで作られた感じですね。「舗装しましたぜ!」という感じもなく、非常に良い雰囲気です。

階段は石を積んで作られている

ところどころに名言(?)が書かれた看板が立っていたのはちょっと謎でしたが。魯迅て岐阜城に何か縁でも有るんですかね?

所々にある名言

周りはガチの登山スタイルの方から、ジャケットにスラックス姿で登っている方まで様々。近所の人からしたら普通の散歩コースなのかな。

ジャケット&スラックスで登る人も

なんかの巣なのか卵なのか、珍しいものも発見。

何かの卵

ああ、私今、マイナスイオンをビンビンに感じてますよ。

マイナスイオンをビンビン感じる

やっぱ自然の中はええわぁー。

自然の中はいいです

とか思いながら登山すること20分、気がつけばお城が結構大きくなってました。

お城がどんどん大きくなってきた

ちなみにこの時点で眺めはなかなかのものです。

既に眺めが良い

ねえ、ほら。

眺めが良いのよ

いいでしょ?

良いでしょ

しかーし、だがしかーし。ここからなんか急に道中がしんどいことに・・・。

ここから急に道中しんどくなった

これ、階段ですか?

階段?ですかこれ?

とか思ってたら、自然見溢れるステキな階段が姿を現したり。

自然見溢れるステキな階段

そうかと思えばジャングルっぽい雰囲気になったり。

ジャングルっぽい雰囲気

もののけ姫とかに出てきそうな雰囲気の場所も。

もののけ姫とか出てきそう

とかなんとかやってたら、いつの間にかお城の入り口の前に立ってました。唐突。

いつの間にかお城の入り口に

ちなみに登ってきた「めい想の小径」コースは家族向きのコースらしかったです。たしかに小さい子供連れた家族もいたな。うちの嫁はヒーヒー言ってたけど。

めい想の小径は家族向きコース

岐阜城の中身と天守閣からの景色

登ってから知ったんですが、岐阜城って織田信長さんのゆかりの地なんですね。歴史とか全然詳しくないのですが、お城の中に飾ってあったこの絵をみて「そうなのかー、そうなのかー」と思いました。

どこかで見覚えのある肖像画

ちなみにお城の間での道中よりも、お城の中にあった階段のほうが明らかに傾斜がキツかったのには笑ってしまった ^ ^;

道中よりも傾斜のきつい階段

ほれ、皆さんお待ちかねの、天守閣からの景色じゃ(くもじい風)

天守閣からの景色

ほれ、どうじゃ(くもじい風)

天守閣からの景色

ほれほれ、どうじゃ(くもじい風)

天守閣からの景色

ほれほ・・・あ、しつこいですか。ちなみにガジェクラな私達に絶対に必要である携帯の基地局もありました。

天守閣側に電波の基地局が

試しにau回線でスピードテストしてみたけど、なかなかの遅さでした。auの基地局ではないのかな?

天守閣でスピードテストした結果

登るのにかかった時間が約50分。お城にいた時間が約20分。他に見るところもなかったので、すぐに下山することに。

すぐに下山

ちなみに今回は通りませんでしたが、「馬の背登山道」コースという健脚向きのハードコースは本当にハードなようで、入り口の看板にかなりはっきりとした表示がされていました。次はこっち攻めてみたいな。

馬の背登山道はハードコース

帰り:七曲り登山道コース

七曲り登山道コース

嫁も結構ヒーヒー言ってましたので、颯爽とお城を後にして、帰りは一番ラク(但し距離は長い)らしい「七曲り登山道」コースで帰ることに。こちらはモロに人の手が加えられていることが分かる感じ。

人の手がモロに加えられている

こっちはこっちで雰囲気いいですけどね。

しかし雰囲気はよし

途中で岐阜(東海かも)で一番見晴らしの良い公衆トイレも発見。

岐阜一見晴らしの良い公衆トイレ

眺めが良い。トイレなのにさわやか。気持ちいい。

眺めが良いトイレ

道が丁寧に舗装されていて、階段をひたすら下っていく感じです。こちら。

道が丁寧に舗装されている

この頃うちの嫁はかなり疲れていたらしく、下から登ってきた人に対して「あとどれくらいですか?」なんて訪ねてて、思わず大笑いしてしまったのは内緒です。普通尋ねられる側だろうに(笑)

予想外の行動を取る嫁

しかしこのコース、1番ラクなコースのはずなのに、ほとんど人とすれ違わない。結局すれ違ったのは1組の家族だけ。簡単すぎてみんな通らないのだろうか?

全然人とすれ違わない

でも雰囲気はやっぱり良い感じ。マイナスイオンすーはー。

マイナスイオンすーはー

こんな雰囲気ならどんだけでも歩き続けられそうとか、割りと真剣に思ってしまったり。

いくらでも歩き続けられそうな雰囲気

ちなみに、急に静かになったなと思って振り返ったら、階段に座って休憩してる嫁。自由。

階段に座り込み休憩する嫁

で、てっきり元の公園に出るもんだと思っていたら、何かわからないけど住宅地に迷い込んでました(笑)

住宅地に迷い込む私

看板ちゃんとあったので、間違ってるわけではなさそうだったけど。

一応看板はある

その後もうしばらく歩いて、無事公園に帰ってきました。

無事スタート地点に到着

Xperia ZL2とSmartBandと山と私

山登りを終えたそうすけ

以上、岐阜城の登山レポートでした。・・・じゃなくて。

Xperia ZL2で写真をパシャパシャ撮影しながら登山してみたんですが、カメラの性能がよくて、写真の写りが良いので、写真を撮影していて非常に楽しかったです。防水防塵仕様だから、天気がちょっと悪くなってきても安心だったし(実際途中で雨降ってきた)。

ちなみに下山後にLifelogアプリ(SmartBandと連動している)を確認してみたところ、登山中だけで100枚以上も写真を撮っていたみたいです。

登山中に100枚以上も写真を撮っていた模様

きれいな写真が簡単に取れるXperia ZL2、写真の撮影も含めてライフログを記録できるSmartBand。このコンビはアクティビティー(←言ってみたかった)をさらに楽しい(そして思い出に残る)ものにしてくれますよ。

もちろん山登りじゃなくても、普通の観光でも、近所の散策でも、なんでも良いと思います。Xperia ZL2とSmartBandを携えて、ライフログ生活を始めてみましょう!

以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

by カエレバ