HUAWEI Mate 50 Pro Black

モバイルガジェットの海外通販サイトETORENにて「HUAWEI Mate 50 Pro」の国際版が発売。

税込価格188,700円で販売されています。配送料を加味した場合、海外現地向け価格プラス36,000円前後の費用で入手可能です。

SPONSORED LINK

価格情報

ETORENで新発売となっているのはHUAWEI Mate 50 Pro(型番:DCO-LX9)。

取り扱うのはシンガポールを含む世界の広域に投入されているグローバル仕様のSIMフリー製品です。

EMUI 13や8GBのシステムメモリ、256GBの内蔵ストレージ、nanoSIMサイズの物理SIMカードスロットを2つ搭載します。

注文できるのは256GBの内蔵ストレージを備えるもの。本体カラーは2色(Black/Silver)から選べます。

2022年12月4日(日)時点における価格設定は、輸入消費税分を含む税込価格が188,700円。

日本国内住所宛てへの配送料を加味した購入費用の総額は約192,100円です。

参考までにHUAWEI Mate 50 Pro(型番:DCO-LX9)のシンガポール向け価格は、ROM256GB搭載品だと税込みでSGD1,548(約156,200円)。

ETORENを利用して個人輸入する場合、海外現地向け価格プラス36,000円前後の費用で入手可能です。

なお上記価格にはETORENによる1年間(12ヶ月)の商品保証が含まれます。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
ETOREN | HUAWEI Mate 50 Pro(DCO-LX9)

(Source:ETOREN

製品情報

「HUAWEI Mate 50 Pro」の特徴

HUAWEI Mate 50 Pro(ファーウェイ メイト フィフティ プロ)は2022年9月にHuawei Technologies(ファーウェイテクノロジーズ。華為技術)が海外で発表していたスマートフォン。

2022年12月4日(日)現在、日本では未発売の製品です。

本体はIP68等級の防塵防水設計。

ベゼルレスデザインの前面にはアスペクト比(縦横比)がおおよそ19.4:9で、6.74インチ・フルHD+解像度相当(2616×1212ドット)の有機ELディスプレイを搭載します。ディスプレイ上部(中央の位置)には“ノッチ”と呼ばれるV字型の切り欠き付きです。

狭額縁や縦長画面といった要素を取り入れ、大画面と持ちやすさの両立が図られています。インカメラをノッチデザインで配置することによりフロントパネルにおける画面占有率もより高められています。

ディスプレイは最大リフレッシュレート120Hz(=1秒間に最大120回の表示書き換え)および最大タッチサンプリングレート300Hz(=1秒間に最大300回のタッチ検出)の高速駆動に対応。残像感を抑えたなめらかな映像描画性能、操作に対しての優れたレスポンス速度(操作~検出~表示に反映するまでの“応答速度”)を備えます。

出荷時点でのソフトウェアバージョンは販売地域により異なります。中国本土仕向けの製品にはHarmonyOS 3.0、それ以外のグローバル仕向品にはEMUI 13が搭載されています。

チップセットはQualcomm(クアルコム)のSnapdragon 8+ Gen 1 4G(Snapdragon 8 Plus Gen 1 4G)モバイルプラットフォームです。

内蔵するバッテリーの容量は4,700mAh。

充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-Cです。

Qi(チー)規格に準拠した無線充電にも対応。HUAWEI Mate 50 Proを“ワイヤレス充電器代わり”にし、無線充電に対応する他機器へ給電するワイヤレスリバースチャージ機能も備えます。

急速充電は有線充電・無線充電の両方で利用可能です。最大66W入力の有線急速充電、および最大50W入力の無線急速充電をサポート。それぞれ互換性のある充電機器なら充電時間を短縮できます。

アウトカメラはトリプル設計(3眼設計)。プライマリカメラが5,000万画素のイメージセンサーと絞り羽根によりF値がf/1.4-f/4で自動可変するレンズ、セカンダリカメラが1,300万画素のセンサーにf/2.2のレンズ、ターシャリカメラは6,400万画素のセンサーにf/3.5のレンズという構成です。

セカンダリカメラは超広角カメラ。画角は120度です。マクロ撮影にも対応しており、2.5cm(2.5センチメートル)の至近距離から被写体の細部を大きくくっきりと記録できます。

ターシャリカメラは潜望鏡(ペリスコープ)型を採用した望遠カメラ。望遠倍率は(プライマリカメラ比で)光学3.5倍ズーム相当です。望遠倍率はデジタルズームも使えば最大100倍まで拡張できます。セカンダリカメラ(超広角カメラ)からターシャリカメラ(望遠カメラ)でのデジタルズーム使用により、200倍ズーム相当のズームレンズをカバーします。

インカメラはデュアル設計(2眼設計)。プライマリカメラは1,300万画素のイメージセンサーにf/2.4のレンズという組み合わせです(セカンダリカメラは詳細情報なし)。

(インカメラの)プライマリカメラは超広角仕様。セカンダリカメラは3D深度測位カメラ(3Dデプスカメラ)で、顔認証利用時の空間の奥行き計測などに用いられます。

端末のロック解除などに使える生体認証機能として、画面一体型センサーでの指紋認証、インカメラによる3D顔認証をサポートします。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
ETOREN | HUAWEI Mate 50 Pro(DCO-LX9)

「HUAWEI Mate 50 Pro」の技術仕様

Huawei公式サイトのシンガポール向け製品ページにて確認できる、HUAWEI Mate 50 Pro(型番:DCO-LX9)のおもな仕様情報は次のとおり。

HUAWEI Mate 50 Pro(DCO-LX9)のスペック表
外寸と重量
高さ 162.1mm
横幅 75.5mm
厚さ 8.5mm
重さ 209g
システム
OS EMUI 13
SoC Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1 4G
Octa-Core(8コア)

  • 3.2GHz × 1
  • 2.75GHz × 3
  • 2.0GHz × 4

※Snapdragonモバイルプラットフォームシリーズの仕様一覧

RAM 8GB
ROM 次のいずれか

  • 256GB
  • 512GB
外部ストレージ NM Card(Nano Memory Card)に対応(最大256GBまで)
※SIMカードスロット2との排他設計
バッテリー 4,700mAh
ディスプレイ
大きさ 6.74インチ
解像度 FHD+相当(2616×1212ドット)
種類 OLED
カメラ
背面カメラ トリプルカメラ

  • プライマリ:5,000万画素
  • セカンダリ:1,300万画素
  • ターシャリ:6,400万画素
前面カメラ デュアルカメラ

  • プライマリ:1,300万画素
  • セカンダリ:詳細情報なし
SIMカード
種類
  • nanoSIM × 2
通信機能(モバイル)
5G FR1
FR2
4G FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 13
Band 17
Band 18
Band 19
Band 20
Band 26
Band 28
Band 32
Band 66
TD-LTE Band 34
Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
3G WCDMA
(UMTS)
Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
通信機能(その他)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.2
その他
防塵防水 IP68
おサイフケータイ 非対応
フルセグ/ワンセグ 非対応
★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
ETOREN | HUAWEI Mate 50 Pro(DCO-LX9)

補足情報

0.5%相当のTポイントももらえる

ETORENではCCCマーケティング株式会社が企画・運営するポイントサービスサイト「Tモール」と連携。通販利用前にTモールを経由すれば、利用金額200円につき1ポイントがTポイントで付与されます。

ETORENでのTポイント獲得のながれ(詳細)は以下の関連記事にて。