Nothing Phone (1) Black

Nothing公式オンラインショップ(日本向けページ)にて、「Nothing Phone (1)」が発売。

税込価格63,800円〜で販売されています。

SPONSORED LINK

価格情報

Nothing日本公式オンラインショップで新発売となっているのはNothing Phone (1)(型番:A063)。

取り扱うのは日本仕向けでSIMフリー仕様の国内正規品(オープンマーケットモデル)。

nanoSIMサイズの物理SIMカードスロットを2つ搭載します。

注文できるのは3パターンのシステムメモリ/内蔵ストレージ構成と2色の本体カラー(Black/White)をかけ合わせた計5商品です。

RAM8GB/ROM128GB搭載品

2022年8月19日(金)時点における価格設定は、販売価格が63,800円(消費税込み・配送料無料)。価格は購入予約の受付開始直後から変わりありません。

なお同内容の製品は量販店や他ECサイトを通じても購入可能です。

★Nothing日本公式通販の商品ページはこちら
Nothing日本公式オンラインショップ | Nothing Phone (1) 購入ページ

RAM8GB/ROM256GB搭載品

2022年8月19日(金)時点における価格設定は、販売価格が69,800円(消費税込み・配送料無料)。価格は購入予約の受付開始直後から変わりありません。

なお同内容の製品は量販店や他ECサイトを通じても購入可能です。

★Nothing日本公式通販の商品ページはこちら
Nothing日本公式オンラインショップ | Nothing Phone (1) 購入ページ

RAM12GB/ROM256GB搭載品

2022年8月19日(金)時点における価格設定は、販売価格が79,800円(消費税込み・配送料無料)。価格は購入予約の受付開始直後から変わりありません。

なお同内容の製品は量販店や他ECサイトを通じても購入可能です。

★Nothing日本公式通販の商品ページはこちら
Nothing日本公式オンラインショップ | Nothing Phone (1) 購入ページ

(Source:Nothing

製品情報

「Nothing Phone (1)」の特徴

Nothing Phone (1)(ナッシングフォン ワン)は2022年7月にNothing Technologyが海外で発表していたスマートフォン。

日本ではSIMフリー仕様品(オープンマーケットモデル)の発売を案内。同年8月初旬にまず「KITH TOKYO」にて、RAM8GB/ROM256GB搭載品が1日かぎりで“先行販売”されていました。

ベゼルレスデザインの前面には、アスペクト比(縦横比)が20:9で、6.55インチ・フルHD+解像度(2400×1080ドット)の有機ELディスプレイを搭載します。ディスプレイ上部(左の位置)にはインカメラを配置するための“パンチホール”付きです。

狭額縁や縦長画面といった要素を取り入れ、大画面と持ちやすさの両立が図られています。インカメラを穴あきデザインで配置することにより、フロントパネルにおける画面占有率も高められています。

ディスプレイは最大リフレッシュレート120Hz(=1秒間に最大120回の表示書き換え)および最大タッチサンプリングレート240Hz(=1秒間に最大240回のタッチ検出)の高速駆動に対応。残像感を抑えたなめらかな映像描画性能、操作に対しての優れたレスポンス速度(操作~検出~表示に反映するまでの“応答速度”)を備えます。

背面パネルは透明で、パネルの奥にGlyph Interface(グリフインターフェイス)と呼ばれるLEDライトを搭載。音声通話の着信やメッセージ受信を知らせたり、充電の進捗状況を確認したりできる通知インジケータ(通知ランプ)として機能します。アウトカメラで撮影する際のライトとしても使えます。

▼Glyphインターフェース

Nothing Phone (1)のGlyphインターフェース

出荷時点でのソフトウェアバージョンはAndroid 12がベースのNothing OS。発売から3年間のAndroid OSバージョンアップデート提供、および2ヶ月おきで4年間のセキュリティアップデート提供も案内されています。

チップセットはQualcomm(クアルコム)のSnapdragon 778G+ 5G(Snapdragon 778G Plus 5G)モバイルプラットフォームです。

内蔵するバッテリーの容量は4,500mAh。

充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-Cです。

Qi(チー)規格に準拠した無線充電にも対応。Nothing Phone (1)を“ワイヤレス充電器代わり”にし、無線充電に対応する他機器へ給電できるワイヤレスリバースチャージ機能も備えます。

急速充電は有線充電・無線充電の両方で利用可能です。最大33W入力の有線急速充電、および最大15W入力の無線充電に対応しており、それぞれ互換性のある充電機器なら充電時間を短縮できます。

33W入力の有線急速充電では、バッテリー残量を30分で50%、70分で100%まで満たせるとうたいます。15W入力の無線急速充電では、バッテリー残量を120分で100%まで満たせるともうたいます。

アウトカメラはデュアル設計(2眼設計)。プライマリカメラが5,000万画素のイメージセンサーにf/1.88のレンズ、セカンダリカメラは5,000万画素のセンサーにf/2.2のレンズという構成です。

セカンダリカメラは超広角カメラ。画角は114度です。マクロ撮影もサポートしており、4cm(4センチメートル)の至近距離から被写体の細部を大きくくっきりと記録できます。

インカメラはシングル設計(単眼設計)。1,600万画素のイメージセンサーにf/2.46のレンズという組み合わせです。

端末のロック解除などに使える生体認証機能として、画面一体型センサーによる指紋認証、インカメラでの顔認証をサポートします。

日本市場向けの製品についても、おサイフケータイやフルセグ/ワンセグ(テレビ視聴)など“国内向け機能”には非対応です。

★Nothing日本公式通販の商品ページはこちら
Nothing日本公式オンラインショップ | Nothing Phone (1) 購入ページ

「Nothing Phone (1)」の技術仕様

Nothing公式サイトの日本向け製品ページにて確認できる、Nothing Phone (1)(型番:A063)のおもな仕様情報は次のとおり。

Nothing Phone (1)(A063)のスペック表
外寸と重量
高さ 159.2mm
横幅 75.8mm
厚さ 8.3mm
重さ 193.5g
システム
OS Nothing OS based on Android 12
SoC Qualcomm Snapdragon 778G+ 5G
Octa-Core(8コア)

  • 2.5GHz × 1
  • 2.4GHz × 3
  • 1.8GHz × 4
RAM 次のいずれか

  • 8GB
  • 12GB
ROM 次のいずれか

  • 128GB
  • 256GB
外部ストレージ 非対応
バッテリー 4,500mAh
ディスプレイ
大きさ 6.55インチ
解像度 FHD+(2400×1080ドット)
種類 OLED
カメラ
背面カメラ デュアルカメラ

  • プライマリ:5,000万画素
  • セカンダリ:5,000万画素
前面カメラ シングルカメラ

  • 1,600万画素
SIMカード
種類 nanoSIM
物理スロット数 2
通信機能(モバイル)
5G FR1 n1
n3
n5
n7
n8
n20
n28
n38
n40
n41
n77
n78
FR2
4G FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 17
Band 18
Band 19
Band 20
Band 26
Band 28
Band 32
Band 66
TD-LTE Band 34
Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
3G WCDMA
(UMTS)
Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
通信機能(その他)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.2
その他
防塵防水 IP53
おサイフケータイ 非対応
フルセグ/ワンセグ 非対応
★Nothing日本公式通販の商品ページはこちら
Nothing日本公式オンラインショップ | Nothing Phone (1) 購入ページ

補足情報

他販路でも購入可能

Nothingでは(発売時の)日本国内での公式販路として、複数の量販店やメーカー公式以外のECサイトでの取り扱いも発表済み。

これらを含む他販路でも既に購入可能です。