ソフトバンク AQUOS zero2 AQUOS zero2 906SH アストロブラック

中古スマホやタブレットの販売店・イオシスにソフトバンク「AQUOS zero2」の未使用品(SIMロック解除済み)が入荷。

税込価格36,800円で販売されています。通販利用による配送料を加味しても、新品の発売時のキャリア直販価格から61%オフ(57,600円オフ)の費用で入手可能です。

SPONSORED LINK

価格情報

イオシスに在庫が入荷しているのはAQUOS zero2(型番:906SH)の未使用品。

取り扱うのはもともとキャリア(ソフトバンク)から販売されたものにSIMロック解除を施した“SIMフリー仕様”の国内正規品です。8GBのシステムメモリや256GBの内蔵ストレージ、FeliCaチップ、nanoSIMサイズの物理SIMカードスロットを1つ搭載します。

「在庫あり」となっている本体カラーはAstro Black(アストロブラック)。当記事作成時点での在庫数量は2個。

現在庫のネットワーク利用制限の判定はすでに「○(まる)」になっています。

2022年6月9日(木)時点における価格設定は、販売価格が36,800円(消費税込み)。

通販利用時には別途配送料(640円)がかかり、購入費用の総額は37,440円です。

参考までに、発売当初にソフトバンクオンラインショップで設定されていたAQUOS zero2(型番:906SH)の機種代金は税込みで95,040円。

イオシス通販を利用して購入する場合、発売時のキャリア直販価格から61%オフ(57,600円オフ)の費用で“新品同等品”が入手可能です。

なお未使用品として販売されていますが、動作確認のため、商品はパッケージ開封と通電(電源投入)が済んだ状態とのこと。上記価格にはイオシスによる6ヶ月の商品保証が含まれます。

★イオシス(IOSYS)の商品ページはこちら
イオシス | SoftBank AQUOS zero2(906SH)

(Source:イオシス

製品情報

「AQUOS zero2」の特徴

AQUOS zero2(アクオス ゼロツー)は2019年9月にSHARP(シャープ)が日本で発表していたスマートフォン。

日本国内では2020年1月から国内正規品が発売。まず3キャリア(NTTドコモ/ソフトバンク/KDDI)で取り扱いが始まった後、2020年3月にはSIMフリーモデル(オープンマーケットモデル)も登場していました。

本体はIP68等級の防塵防水設計。

側面部の素材に「軽量」「高強度」が特徴のマグネシウム合金フレームを使用することで、本体は141gの軽量設計に。画面サイズ6インチ以上かつ電池容量3,000mAh超の防水対応スマホとしては、2020年1月20日現在で“世界最軽量”をうたいます。

ベゼルレスデザインの前面には、アスペクト比(縦横比)が19.5:9で、6.4インチ・フルHD+解像度(2340×1080ドット)の有機ELディスプレイを搭載。ディスプレイ上部には“ノッチ”と呼ばれるV字型の切り欠き付きです。

狭額縁や縦長画面といった要素を取り入れ、大画面と持ちやすさの両立が図られています。水滴型に小さく設けたノッチ部にインカメラを配置することで、フロントパネルにおける画面占有率も高められています。

ディスプレイはリフレッシュレート240Hz(=1秒間に240回の表示書き換え)やタッチサンプリングレート240Hz(=1秒間に240回のタッチ検出)の高速駆動をサポート。残像感を抑えたなめらかな映像描画性能、操作に対しての優れたレスポンス速度(操作~検出~表示に反映するまでの“応答速度”)を備えます。

映像業界でよく知られるHDR映像技術「Dolby Vision(ドルビービジョン)」、3D音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」にも対応。対応コンテンツを再生する際には、鮮やかな色彩表現や臨場感あるサラウンドサウンドが楽しめます。

出荷時点でのソフトウェアバージョンはAndroid 10(Android Q)。発売日から2年間、最大2回のOSバージョンアップが配信される保証が付いています。ソフトバンク版の製品に対しては、2021年1月にAndroid 11へのOSバージョンアップを含むソフトウェアアップデートが配信されています。

チップセットはQualcomm(クアルコム)のSnapdragon 855モバイルプラットフォームです。

内蔵するバッテリーの容量は3,130mAh。

充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-Cです。

アウトカメラはデュアル設計(2眼設計)。プライマリカメラが1,220万画素のイメージセンサーにf/1.7のレンズ、セカンダリカメラは2,010万画素のセンサーにf/2.4のレンズという構成です。

プライマリカメラには光学式および電子式の手ブレ補正を搭載。被写体に合わせてAIがシャッタースピードを自動調整する新画質エンジン「ProPix2」、デュアルピクセル設計のセンサーによる全画素でのオートフォーカスなどにより、動きの速い被写体でも一瞬を逃さずきれいに撮れるとうたいます。

セカンダリカメラは超広角カメラ。画角は125度です。

セカンダリカメラには4つの画素を結合し1画素として扱うピクセルビニング技術も搭載。光量不足のシーンでは、画素数を4分の1へ抑える代わりに1画素あたりの面積を4倍に拡張。画素単位での受光量を増補し、ノイズの少ない明るい写真が楽しめます。

インカメラはシングル設計(単眼設計)。800万画素のイメージセンサーにf/2.2のレンズという組み合わせです。

インカメラには美顔補正や背景ぼかしに加えて、撮影時にカメラ位置へ注意を引きつける独自機能「アイキャッチセルフィー」も搭載。セルフィーでの失敗を防ぐ工夫が見られます。

端末のロック解除などに使用できる生体認証機能として、画面一体型センサーによる指紋認証、インカメラでの顔認証をサポートします。

日本版の製品にはFeliCa(フェリカ)チップも内蔵。国内向けの非接触型IC決済サービス「おサイフケータイ」も利用できます。SHARP製スマホの特徴機能として、独自の音声アシスタント「エモパー」も搭載します。

なおフルセグ/ワンセグ機能(テレビ視聴機能)には非対応です。

★イオシス(IOSYS)の商品ページはこちら
イオシス | SoftBank AQUOS zero2(906SH)

「AQUOS zero2」の技術仕様

ソフトバンク公式サイトの製品ページにて確認できていた、SoftBank AQUOS zero2(型番:906SH)のおもな仕様情報は次のとおり。

SoftBank AQUOS zero2(906SH)のスペック表
外寸と重量
高さ 158mm
横幅 74mm
厚さ 8.8mm
重さ 141g
システム
OS Android 10
※Android 11へのOSバージョンアップ配信済み
SoC Qualcomm Snapdragon 855
Octa-Core(8コア)
RAM 8GB
ROM 256GB
SDカード 非対応
バッテリー 3,130mAh
ディスプレイ
大きさ 6.4インチ
解像度 FHD+(2340×1080ドット)
種類 有機EL
カメラ
背面カメラ デュアルカメラ

  • プライマリ:1,220万画素
  • セカンダリ:2,010万画素
前面カメラ シングルカメラ

  • 800万画素
SIMカード
大きさ nanoSIM
物理スロット数 1
通信機能(モバイル)
※赤字は初期状態(SIMロック付/SoftBank回線)で国内利用できる周波数帯
5G FR1
FR2
4G FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 11
Band 12
Band 17
Band 18
Band 19
Band 28
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 41
Band 42
3G WCDMA
(UMTS)
Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
通信機能(その他)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.0
その他
防塵防水 IP65/IP68
おサイフケータイ 対応
フルセグ/ワンセグ 非対応
★イオシス(IOSYS)の商品ページはこちら
イオシス | SoftBank AQUOS zero2(906SH)

補足情報

イオシス通販利用のながれ

イオシスの通信販売サービスを利用するながれについては別記事でまとめています。はじめて利用するといった場合には、以下の関連記事も参考にどうぞ。