vivo X70 Aurora Dawn

モバイルガジェットの海外通販サイトETORENにて、vivo「vivo X70」が発売。

税込価格97,200円で販売されています。

SPONSORED LINK

価格情報

ETORENで新発売となっているのはvivo X70(型番:V2104)。

取り扱うのはシンガポールや香港などに投入されているグローバル仕様のSIMフリー製品。Funtouch OS、nanoSIMサイズの物理SIMカードスロットを2つ搭載します。

注文できるのは12GBのシステムメモリや256GBの内蔵ストレージを備える“上位モデル”。本体カラーはAurora Dawn(オーロラドーン)です。

2022年1月20日(木)時点における価格設定は、輸入消費税分を含む税込価格が97,200円。

日本国内住所宛てへの配送料を加味した購入費用の総額は約99,300円です。

参考までに、vivo X70(型番:V2104)のシンガポール向け価格は、RAM12GB/ROM256GB搭載品だと税込みでSGD949(約80,900円)。

ETORENを利用して個人輸入する場合、海外現地向け価格プラス18,000円前後で入手可能です。

なお上記価格にはETORENによる1年間(12ヶ月)の商品保証が含まれます。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
ETOREN | vivo X70(V2104)

(Source:ETOREN

製品情報

「vivo X70」の特徴

vivo X70(ヴィーヴォ エックス セブンティ)は2021年9月にvivo Mobile Communication(ヴィーヴォモバイルコミュニケーション)が海外で発表していたスマートフォン。

2022年1月20日(木)現在、日本では未発売の製品です。

ベゼルレスデザインの前面には、アスペクト比(縦横比)が19.8:9で、6.56インチ・フルHD+解像度(2376×1080ドット)の有機ELディスプレイを搭載。

狭額縁や縦長画面といった要素を取り入れ、大画面と持ちやすさの両立が図られています。インカメラをパンチホール(穴あき)デザインで配置することにより、フロントパネルにおける画面占有率も高められています。

ディスプレイは最大リフレッシュレート120Hz(=1秒間に最大120回の表示書き換え)や最大タッチサンプリングレート240Hz(=1秒間に最大240回のタッチ検出)の高速駆動をサポート。残像感を抑えたなめらかな映像描画性能、操作に対しての優れたレスポンス速度(操作~検出~表示に反映するまでの“応答速度”)を備えます。

出荷時点で搭載されているOSはAndroid 11ベースのカスタムOS。中国本土仕向けの製品にはOriginOS、その他の地域向けの製品にはFuntouch OSが搭載されます。

チップセットはMediaTek(メディアテック)のDimensity 1200-vivoです。

内蔵するバッテリーの容量は4,400mAh。最大44W入力の急速充電に対応しており、互換性のある充電機器なら充電時間を短縮できます。44W入力の急速充電なら、バッテリー残量を30分で64%まで満たせるとうたいます。

充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-Cです。

アウトカメラはトリプル設計(3眼設計)。ZEISS(ツァイス)と共同開発した画像処理システムを採用しています。

各カメラの構成はプライマリカメラが4,000万画素のイメージセンサーにf/1.89のレンズ、セカンダリカメラが1,200万画素のセンサーにf/2.2のレンズ、ターシャリカメラは1,200万画素のセンサーにf/1.98のレンズという内容です。

プライマリカメラには「Gimbal Stabilization 3.0」と呼ばれる5軸の手ブレ補正技術を搭載。光学式手ブレ補正(OIS)のみを搭載する“一般的なスマホ”よりも手ブレが予防され、優れた撮影精度が実現されています。

セカンダリカメラは“ポートレート撮影用”の望遠カメラ。人間の視野角にもっとも近いといわれる焦点距離50mm(35ミリフィルム換算)で設計されており、より自然な見た目のポートレート写真が撮れるとうたいます

ターシャリカメラは超広角カメラ。より広い範囲を1度の操作(シャッター)で1枚の写真に記録できます。

インカメラはシングル設計(単眼設計)。3,200万画素のイメージセンサーにf/2.45のレンズという組み合わせです。

端末のロック解除などに使える生体認証機能として、画面一体型センサーでの指紋認証をサポートします。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
ETOREN | vivo X70(V2104)

「vivo X70」の技術仕様

vivo公式サイトのシンガポール向け製品ページなどにて確認できる、vivo X70(型番:V2104)のおもな仕様情報は次のとおり。

vivo X70(V2104)のスペック表
外寸と重量
高さ 160.10mm
横幅 75.39mm
厚さ 7.55mm
重さ 本体色により異なる

  • Cosmic Black
    181g
  • Aurora Dawn
    182g
システム
OS Funtouch OS 12 based on Android 11
SoC MediaTek Dimensity 1200-vivo
Octa-Core(8コア)

  • 3.0GHz×1
  • 2.6GHz×3
  • 2.0GHz×4
RAM 次のいずれか

  • 8GB
  • 12GB
ROM 次のいずれか

  • 128GB
  • 256GB
外部ストレージ 非対応
バッテリー 4,400mAh
ディスプレイ
大きさ 6.56インチ
解像度 FHD+(2376×1080ドット)
種類 AMOLED
カメラ
背面カメラ トリプルカメラ

  • プライマリ:4,000万画素
  • セカンダリ:1,200万画素
  • ターシャリ:1,200万画素
前面カメラ シングルカメラ

  • 3,200万画素
SIMカード
種類 nanoSIM
物理スロット数 2
通信機能(モバイル)
5G FR1 n1
n3
n5
n7
n28
n40
n41
n78
FR2
4G FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 18
Band 19
Band 20
Band 26
Band 28
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
3G WCDMA
(UMTS)
Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 8
CDMA2000
TD-SCDMA
通信機能(その他)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.2
その他
防塵防水 非対応
おサイフケータイ 非対応
フルセグ/ワンセグ 非対応
★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
ETOREN | vivo X70(V2104)

補足情報

0.5%相当のTポイントももらえる

既報のとおり、2020年4月末からETORENではCCCマーケティング株式会社が企画・運営するポイントサービスサイト「Tモール」との連携を開始。通販利用前にTモールを経由することで、利用金額200円につき1ポイントがTポイントで付与されます。

ETORENでのTポイント獲得のながれ(詳細)は以下の関連記事にて。