Xiaomi Redmi Note 11 Pro+ Forest Green

モバイルガジェットの海外通販サイトETORENにて、Xiaomi「Redmi Note 11 Pro+」が発売。

税込価格54,700円〜で販売されています。

SPONSORED LINK

価格情報

ETORENで新発売となっているのはXiaomi Redmi Note 11 Pro+。

取り扱うのは中国本土仕向けのSIMフリー製品。nanoSIMサイズの物理SIMカードスロットを2つ搭載します。

注文できるのは2パターンのシステムメモリ/内蔵ストレージ構成と3色の本体カラー(Mysterious Black/Forest Green/Timeless Purple)をかけ合わせた計6商品です。

RAM8GB/ROM128GB搭載品

2021年11月30日(火)時点における価格設定は、輸入消費税分を含む税込価格が54,700円。

日本国内住所宛てへの配送料を加味した購入費用の総額は約56,800円です。

参考までに、Redmi Note 11 Pro+の中国向け価格は、RAM8GB/ROM128GB搭載品だとCNY2,199(約39,300円)。

ETORENを利用して個人輸入する場合、海外現地向け価格プラス18,000円前後で入手可能です。

なお上記価格にはETORENによる1年間(12ヶ月)の商品保証が含まれます。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
ETOREN | Xiaomi Redmi Note 11 Pro+

RAM8GB/ROM256GB搭載品

2021年11月30日(火)時点における価格設定は、輸入消費税分を含む税込価格が59,200円。

日本国内住所宛てへの配送料を加味した購入費用の総額は約61,300円です。

参考までに、Redmi Note 11 Pro+の中国向け価格は、RAM8GB/ROM256GB搭載品だとCNY2,399(約42,900円)。

ETORENを利用して個人輸入する場合、海外現地向け価格プラス18,000円前後で入手可能です。

なお上記価格にはETORENによる1年間(12ヶ月)の商品保証が含まれます。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
ETOREN | Xiaomi Redmi Note 11 Pro+

(Source:ETOREN

製品情報

「Redmi Note 11 Pro+」の特徴

Redmi Note 11 Pro+(Redmi Note 11 Pro Plus。レッドミーノートイレブンプロプラス)は2021年10月にXiaomi(シャオミ。小米科技)が海外で発表していたスマートフォン。

2021年11月30日(火)現在、日本では未発売の製品です。

本体はIP53等級の防塵防滴設計。

ベゼルレスデザインの前面には、アスペクト比(縦横比)が20:9で、6.67インチ・フルHD+解像度(2400×1080ドット)の有機ELディスプレイを搭載します。

狭額縁や縦長画面といった要素を取り入れ、大画面と持ちやすさの両立が図られています。インカメラをパンチホール(穴あき)デザインで配置することにより、フロントパネルにおける画面占有率も高められています。

ディスプレイは最大リフレッシュレート120Hz(=1秒間に最大120回の表示書き換え)および最大タッチサンプリングレート360Hz(=1秒間に最大360回のタッチ検出)の高速駆動に対応。残像感を抑えたなめらかな映像描画性能、操作に対しての優れたレスポンス速度(操作~検出~表示に反映するまでの“応答速度”)を備えます。

音響機能面では、本体にSamsung傘下の音響機器メーカーであるHarman International Industries(ハーマン・インターナショナル・インダストリーズ)のJBLブランドがサウンドチューニングを担当したデュアルスピーカーを搭載。

映像業界でよく知られる3D音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」にも対応。立体的で臨場感あるサラウンドサウンドが楽しめます。

出荷時点でのソフトウェアバージョンはAndroid OSがベースのMIUI 12.5。チップセットはMediaTek(メディアテック)のDimensity 920です。

筐体内部には独自の冷却システムを搭載。発熱によるパフォーマンス低下が抑制されています。

内蔵するバッテリーの容量は4,500mAh。最大120W入力の急速充電に対応しており、互換性のある充電機器なら充電時間を短縮できます。

充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-Cです。3.5mmオーディオ端子も備えており、有線設計の一般的なイヤホン/ヘッドホンも変換アダプタなしで使えます。

アウトカメラはトリプル設計(3眼設計)。プライマリカメラが10,800万画素(1億800万画素)のイメージセンサーにf/1.89のレンズという構成。セカンダリカメラには800万画素、ターシャリカメラには200万画素のセンサーを備えます。

プライマリカメラは9画素を結合し1画素として扱うピクセルビニング技術「9-in-1 Super Pixel」に対応。光量不足のシーンでは、画素数を9分の1へ抑える代わりに1画素あたりの面積を9倍に拡張。受光量を増補し、ノイズの少ない明るい写真が楽しめます。

セカンダリカメラは超広角カメラ。画角は120度です。

ターシャリカメラはマクロカメラ。至近距離から被写体の細部を大きくくっきりと記録できます。

インカメラはシングル設計(単眼設計)。イメージセンサーの有効画素数は1,600万画素です。

端末のロック解除などに使える生体認証機能として、側面(右の位置)の電源ボタンに統合されたセンサーによる指紋認証をサポートします。

★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
ETOREN | Xiaomi Redmi Note 11 Pro+

「Redmi Note 11 Pro+」の技術仕様

Xiaomi公式サイトの中国向け製品ページにて確認できる、Xiaomi Redmi Note 11 Pro+(中国版)のおもな仕様情報は次のとおり。

Xiaomi Redmi Note 11 Pro+(中国版)のスペック表
外寸と重量
高さ 163.65mm
横幅 76.19mm
厚さ 8.34mm
重さ 204g
システム
OS MIUI 12.5 based on Android OS
SoC MediaTek Dimensity 920
Octa-Core(8コア)
RAM 次のいずれか

  • 6GB
  • 8GB
ROM 次のいずれか

  • 128GB
  • 256GB
SDカード 対応
バッテリー 4,500mAh
ディスプレイ
大きさ 6.67インチ
解像度 FHD+(2400×1080ドット)
種類 AMOLED
カメラ
背面カメラ トリプルカメラ

  • プライマリ:10,800万画素
  • セカンダリ:800万画素
  • ターシャリ:200万画素
前面カメラ シングルカメラ

  • 1,600万画素
SIMカード
種類 nanoSIM
物理スロット数 2
通信機能(モバイル)
5G FR1 n1
n3
n5
n8
n28a
n38
n41
n77
n78
FR2
4G FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 5
Band 8
Band 19
TD-LTE Band 34
Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
Band 42
3G WCDMA
(UMTS)
Band 1
Band 2
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
CDMA2000 BC0
TD-SCDMA
通信機能(その他)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.2
その他
防塵防水 IP53
おサイフケータイ 非対応
フルセグ/ワンセグ 非対応
★ETOREN(イートレン)の商品ページはこちら
ETOREN | Xiaomi Redmi Note 11 Pro+

補足情報

0.5%相当のTポイントももらえる

既報のとおり、2020年4月末からETORENではCCCマーケティング株式会社が企画・運営するポイントサービスサイト「Tモール」との連携を開始。通販利用前にTモールを経由することで、利用金額200円につき1ポイントがTポイントで付与されます。

ETORENでのTポイント獲得のながれ(詳細)は以下の関連記事にて。