Samsung Galaxy Watch4 Classic Black

米国向け通販サイトAmazon.comにて、Samsung「Galaxy Watch4 Classic」購入の予約受付がスタート。

税別価格349.99米ドル(約38,700円)〜で販売されています。

SPONSORED LINK

価格情報

Amazon.comで新たに予約受付中となっているのはSamsung Galaxy Watch4 Classic。

取り扱うのは米国仕向けでグローバル仕様のBluetoothモデル。

注文できるのは2種類の本体サイズ(42mm/46mm)と2色の本体カラー(Black/Silver)をかけ合わせた計4商品です。

42mmサイズ(SM-R880)

2021年8月13日(金)時点における価格設定は、税別価格がUSD349.99(約38,700円)。

日本国内住所宛てへの配送料、およびデポジット(=輸入時に課せられる輸入消費税などの支払いに充てられる預け金)を加味した購入費用の概算見積額(日本円建て/米ドル建て)はそれぞれ以下のとおりです。

配送方法 購入費用
(日本円建て)
購入費用
(米ドル建て)
AmazonGlobal
Expedited Shipping
(おおよそ6-10営業日で配達)
44,153円 USD393.70
(約44,500円)
AmazonGlobal
Priority Shipping
(おおよそ2-4営業日で配達)
45,233円 USD403.33
(約45,600円)

また上記費用は「個人輸入扱いではない」想定で計算された内容。輸入時に個人輸入扱いとされればデポジットの余り分が返金される可能性もあり、今回の場合だと1,500円前後の後日返金(クレジットカードへの返金処理)も期待できます。

参考までに、Galaxy Watch4 Classic(型番:SM-R880)の米国向け価格は税別でUSD349.99(約38,700円)。

Amazon.comでは海外現地向け価格と同額で販売されています。

Amazon.comでの発売予定日は2021年8月27日(金)です。

なお上記価格および発送可能時期は2021年8月13日(金)13時25分の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入時点でのAmazon.comに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

46mmサイズ(SM-R890)

2021年8月13日(金)時点における価格設定は、税別価格がUSD379.99(約42,100円)。

日本国内住所宛てへの配送料、およびデポジット(=輸入時に課せられる輸入消費税などの支払いに充てられる預け金)を加味した購入費用の概算見積額(日本円建て/米ドル建て)はそれぞれ以下のとおりです。

配送方法 購入費用
(日本円建て)
購入費用
(米ドル建て)
AmazonGlobal
Expedited Shipping
(おおよそ6-10営業日で配達)
47,925円 USD427.34
(約48,300円)
AmazonGlobal
Priority Shipping
(おおよそ2-4営業日で配達)
49,025円 USD437.14
(約49,400円)

また上記費用は「個人輸入扱いではない」想定で計算された内容。輸入時に個人輸入扱いとされればデポジットの余り分が返金される可能性もあり、今回の場合だと1,600円前後の後日返金(クレジットカードへの返金処理)も期待できます。

参考までに、Galaxy Watch4 Classic(型番:SM-R890)の米国向け価格は税別でUSD379.99(約42,100円)。

Amazon.comでは海外現地向け価格と同額で販売されています。

Amazon.comでの発売予定日は2021年8月27日(金)です。

なお上記価格および発送可能時期は2021年8月13日(金)13時25分の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入時点でのAmazon.comに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

(Source:Amazon.com

製品情報

「Galaxy Watch4 Classic」の特徴

Galaxy Watch4 Classic(ギャラクシーウォッチフォークラシック)は2021年8月にSamsung Electronics(サムスンエレクトロニクス。サムスン電子)が海外で発表したスマートウォッチ。

2021年8月13日(金)現在、日本では未発売の製品です。

本体は5気圧防水およびIP68等級の防塵防水設計。米国防総省の軍用品調達規格(Military Standard。通称“ミルスペック”)「MIL-STD-810G」に準拠する耐久性・堅牢性も備えます。

ケースの大きさは直径42mmおよび直径46mmの2サイズ展開。ケースの外装素材はステンレススチールです。

前面には情報表示やタッチ操作に使用する、円形の有機ELディスプレイを搭載。画面の大きさと解像度は42mmサイズが1.2インチ(396×396ドット)、46mmサイズは1.4インチ(450×450ドット)です。

端末の操作には画面タッチのほか、ディスプレイ周囲に配された回転式のベゼルパーツ、側面(右の位置)にある2つの物理キー(ホームキー/戻るキー)も使用します。

「画面自体が発光する」という有機ELディスプレイの特長を生かし、省電力に常時時刻を表示できるAOD(Always on Display)機能もサポートします。

出荷時点で搭載するOSはWear OS Powered by Samsung。チップセットはSamsungのExynos W920です。

内蔵するバッテリーの容量は42mmサイズが247mAh、46mmサイズは361mAh。充電方法はQi(チー)規格に準拠したワイヤレス充電が採用されています。

新たに3つのセンサー(光学式心拍センサー/電気式心拍センサー/生体電気インピーダンス分析センサー)を統合したSamsung BioActive Sensorを搭載。

血圧の測定と記録、心電図(electrocardiogram。ECG)の監視と分析、最大酸素摂取量(VO2max)の測定、体組成情報(体脂肪率/骨格筋量/体水分量)の計算などがおこなえます。

アクティビティやフィットネスの自動追跡・記録、ストレスレベルの追跡、睡眠内容の分析やいびきのパターン検出、睡眠中の血中酸素飽和度(SpO2)の記録などにも対応します。

「Galaxy Watch4 Classic」の技術仕様

Samsung公式サイトのグローバル向け製品ページにて確認できる、Samsung Galaxy Watch4 Classic(型番:SM-R880/SM-R890)のおもな仕様情報は次のとおり。

Samsung Galaxy Watch4 Classic(SM-R880/SM-R890)のスペック表
外寸と重量
ケースの外寸
  • SM-R880(42mmサイズ)
    41.5mm × 41.5mm × 11.2mm
  • SM-R890(46mmサイズ)
    45.5mm × 45.5mm × 11.0mm
ケースの重量
  • SM-R880(42mmサイズ)
    47g
  • SM-R890(46mmサイズ)
    52g
システム
OS Wear OS Powered by Samsung
互換条件
  • Android OS
    • Android 6.0以降
    • RAM容量が1.5GB以上
SoC Samsung Exynos W920
Dual-Core(2コア)

  • 1.18GHz×2
RAM 1.5GB
ROM 16GB
バッテリー
  • SM-R880(42mmサイズ)
    247mAh
  • SM-R890(46mmサイズ)
    361mAh
センサー類
  • 光学式心拍センサー
  • 電気式心拍センサー
  • 生体電気インピーダンス分析センサー
  • 加速度センサー
  • 気圧センサー
  • ジャイロセンサー
  • コンパス
  • 環境光センサー
  • マイクロフォン
  • スピーカー
  • 振動モーター
ディスプレイ
大きさ
  • SM-R880(42mmサイズ)
    1.2インチ
  • SM-R890(46mmサイズ)
    1.4インチ
解像度
  • SM-R880(42mmサイズ)
    396×396ドット
  • SM-R890(46mmサイズ)
    450×450ドット
種類 Circular Super AMOLED
通信機能(モバイル)
5G FR1
FR2
4G FDD-LTE
TD-LTE
3G WCDMA
(UMTS)
CDMA2000
TD-SCDMA
通信機能(その他)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.0
衛星測位
システム
  • GPS
  • GLONASS
  • Beidou
  • Galileo
その他
防塵防水
  • 5ATM(5気圧防水)
  • IP68
おサイフケータイ 非対応

補足情報

米Amazonの利用方法

Amazonの日本向けサイト(Amazon.co.jp)で作成したアカウントは海外向けAmazonでは使用不可。米Amazon利用には別途、海外向けサイトで使えるアカウントが必要です。

これから新たに海外Amazonのアカウントを作成するのであれば、以下の関連記事も参考にどうぞ。