Galaxy S21 Ultra 5G SM-G998U1のアンテナピクト

2013年9月以降、Samsung Electronics(サムスンエレクトロニクス。サムスン電子)が海外向け製品に導入していたリージョンロック。

出荷時点(初期状態)では、その製品の販売地域以外でサービス提供されているSIMカードを挿しても音声通話やモバイルデータ通信が使えないという“独自のSIMロック”です。

このリージョンロックが米国仕向けのSIMフリー製品にはかけられていないことは過去に検証済み。5G対応スマホの登場により運用に変更がないのか?をあらためて検証し、引き続きリージョンロックはかけられていないことを確認しました。

この記事では米国仕向けでSIMフリー仕様のGalaxyスマートフォン(5G対応モデル)へのリージョンロックの有無について、検証した結果をまとめておきます。

SPONSORED LINK

検証内容

結論:米国モデルはリージョンロックなし

2020年2月時点(※検証機の購入時点)では引き続き、米国仕向けでSIMフリー仕様のGalaxyスマートフォンにリージョンロックはかけられていませんでした。

今回検証に用いたのはGalaxy S21 Ultra 5G(型番:SM-G998U)。米国仕向けのSIMフリーモデル(Unlockedモデル)で、かつ2021年1月に発売された“Galaxy Sシリーズの現行最新モデル”です。

なお今後方針が変更され、米国仕向けの製品にもリージョンロックが施される可能性はあります。あくまで2021年2月時点での参考情報としてご理解ください。

検証に用いた製品

検証に用いたのはGalaxy S21 Ultra 5G(型番:SM-G998U)の未開封新品。確実に“未開封の新品”を用意すべく、米国向け通販サイトAmazon.comにて、販売者と発送者が「Amazon」になっている新品を購入しました。

Amazonから販売・発送されている新品は、パッケージ未開封のものがそのまま(“機械的”に)出荷されます。出荷前にパッケージが開封されたり、リージョンロックが解除されたり、ということがなく、検証に適したものが入手できます。

▼販売・発送者は「Amazon Export Sales LLC(Amazon.comの輸出品担当)」

Amazon.comの注文内容の確認画面

▼モデル番号はSM-G998UZKAXAA(=米国向けでPhantom BlackカラーのUnlockモデル)

Galaxy S21 Ultra 5G SM-G998U1のパッケージ

▼封印シールが付いた“未開封の新品”

Galaxy S21 Ultra 5G SM-G998U1のパッケージ

▼指紋や皮脂などの汚れ、目立つゴミなどの混入はナシ

Galaxy S21 Ultra 5G SM-G998U1を開封したところ

通信に関する動作確認

検証にはNTTドコモにて5Gプランで契約しているSIMカードを使用。SIMカードを装着し電源を入れると、初回セットアップ画面にてすぐモバイルネットワークにつながりました。

▼ドコモのnanoSIMを挿し込む

Galaxy S21 Ultra 5G SM-G998U1のSIMカードトレイ

▼電源オンにした直後の初期設定画面

Galaxy S21 Ultra 5G SM-G998U1の初期設定画面

▼spモードで4G(LTE)接続。VoLTE(ボルテ)マークも表示

Galaxy S21 Ultra 5G SM-G998U1のアンテナピクト

APN情報(spモード)が自動で設定されており、設定を変更せず、このままインターネット閲覧が可能でした。音声通話の発信・着信も問題なくおこなえています。

▼Wi-Fiオフのままインターネット閲覧できた

Galaxy S21 Ultra 5G SM-G998U1でインターネット閲覧

▼音声通話の着信・発信も可能

Galaxy S21 Ultra 5G SM-G998U1で音声通話を着信

▼着信中も4Gネットワークへの接続を維持。VoLTEが機能している

Galaxy S21 Ultra 5G SM-G998U1で音声通話を着信

まとめ

2021年2月時点で確認したかぎり、米国仕向けでSIMフリー仕様のGalaxyスマートフォンには(引き続き)リージョンロックはかけられていませんでした。

日本国内で使用する目的であれば、香港仕向けの製品など(実装されている周波数的に)より適したモデルがあります。

ただ米国仕向けの製品はAmazon.comなど“利用しやすい通販サイト”でセール対象になることも多く、入手費用の安さを最優先するなら、選択肢として検討の余地アリです。