ソフトバンク AQUOS zero 801SH Advanced Black

中古スマホやタブレットの販売店・イオシスにて、ソフトバンク「AQUOS zero 801SH」の未使用品(SIMフリー)が税込価格39,800円で特売されています。

SPONSORED LINK

価格情報

イオシスにて割安価格で販売されているのはSoftBank AQUOS zero(型番:801SH)の未使用品。

取り扱うのはもともとキャリア(ソフトバンク)から販売された製品にSIMロック解除を施した“SIMフリー仕様品”です。6GBのシステムメモリや128GBの内蔵ストレージ、Single SIMカードスロットを搭載します。

セール対象の本体カラーはAdvanced Black(アドバンスドブラック)。

2020年5月26日(火)時点における価格設定は、販売価格が39,800円(消費税込み)。通販利用時には別途配送料(640円)がかかり、購入費用の総額は40,440円です。

参考までに、ソフトバンクで発売当初に設定されていた機種代金は税込99,840円。その後に価格改定が2回おこなわれ、機種代金は64,800円(※消費税率8%)まで下がっていました。

イオシスを利用して購入する場合、値下げ後のキャリア直販価格よりさらに24,360円安い特価で「SIMフリー仕様」かつ「回線契約なし」の“新品同等品”が入手できる計算です。

またイオシスは経済産業省のキャッシュレス・ポイント還元事業における登録加盟店(キャッシュレス決済5%還元対象店舗)。支払いをクレジットカード決済またはAmazon Pay決済でおこなえば、後日、購入費用の5%相当の還元も受けられます。

なお未使用品として販売されていますが、動作確認のため、商品はパッケージ開封と通電(電源投入)が済んだ状態とのこと。上記価格にはイオシスによる6ヶ月の商品保証が付帯します。

(Source:イオシス

製品情報

「AQUOS zero」の特徴

AQUOS zero(アクオスゼロ)は2018年11月にSHARP(シャープ)が日本で発表していたスマートフォン。

日本では2018年12月にソフトバンク「AQUOS zero」が発売。2019年4月になり、量販店などにてSIMフリーモデルの取り扱いも始まっていました。なお台湾など海外でもSIMフリーモデルが販売されています。

本体はIP65/IP68等級の防塵・防水設計。

ベゼルレスデザインの前面には、アスペクト比(縦横比)が18.7:9で、6.2インチ・2K+解像度(2992×1440ドット)の有機ELディスプレイを搭載。ディスプレイ上部には“ノッチ”と呼ばれるV字型の切り欠き付きです。

狭額縁や縦長画面、ノッチといった要素を取り入れ、大画面と持ちやすさの両立が図られています。

外装材質は側面フレームにマグネシウム合金、背面にはアラミド繊維「テクノーラ」を採用。強度・剛性に優れるマグネシウム合金とアラミド繊維、バックライト不要で軽さに優れる有機ELディスプレイを組み合わせることで「軽さ」と「耐久性」の両立も実現されています。

ディスプレイは映像業界でよく知られるHDR映像技術「Dolby Vision(ドルビービジョン)」に対応。3D音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」もサポートしており、対応コンテンツを再生する際には、鮮やかな色彩表現と臨場感あるサラウンドサウンドが楽しめます。

出荷時点でのソフトウェアバージョンはAndroid 9(開発コード名:Pie)。発売日から2年間、最大2回のOSバージョンアップが配信される保証付きです。ソフトバンク版には2020年4月からAndroid 10(Android Q)へのOSアップデートが配信されています。

内蔵するバッテリーの容量は3,130mAh。充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-Cです。

カメラは背面・前面ともシングル(単眼)設計。

アウトカメラは2,260万画素のイメージセンサーにf/1.9のレンズという構成。AI技術を使ったシーン検出機能を搭載し、被写体を検出・識別して9種類の撮影モードを自動で適用します。

インカメラは800万画素のセンサーにf/2.2のレンズという組み合わせ。美顔エフェクトのほか、撮影時にカメラ位置へ注意を引きつける独自機能「アイキャッチセルフィー」を搭載。セルフィーでの失敗を防ぐ工夫も見られます。

端末のロック解除などに使用できる生体認証機能として、背面のセンサーによる指紋認証、インカメラでの顔認証をサポートします。

日本向け製品にはFeliCa(フェリカ)チップを内蔵。国内向けの非接触型IC決済サービス「おサイフケータイ」が利用できます。また独自の音声アシスタント「エモパー」も搭載しています。一方でフルセグ/ワンセグ機能は非搭載です。

「AQUOS zero」の技術仕様

携帯電話AQUOSブランド公式サイトの日本向け製品ページなどにて確認できる、SoftBank AQUOS zero(型番:801SH)のおもな仕様情報は次のとおり。

SoftBank AQUOS zero(型番:801SH)のスペック表
外寸と重量
高さ 154mm
横幅 73mm
厚さ 8.8mm
重さ 146g
システム
OS Android 9
※Android 10へのアップデート配信済み
SoC Qualcomm Snapdragon 845
Octa-Core(8コア)

  • 2.6GHz×4
  • 1.7GHz×4
RAM 6GB
ROM 128GB
SDカード 非対応
バッテリー 3,130mAh
ディスプレイ
大きさ 6.2インチ
解像度 WQHD+(2992×1440ドット)
種類 有機EL
カメラ
背面カメラ シングルカメラ

  • 2,260万画素
前面カメラ シングルカメラ

  • 800万画素
SIMカード
大きさ nanoSIM
スロット数 1
通信機能(モバイル)
※青文字は初期状態(SIMロック付き/SoftBank回線)で国内利用できる周波数帯
5G FR1
FR2
4G FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 8
Band 11
Band 12
Band 17
Band 28
TD-LTE Band 41
Band 42
3G WCDMA
(UMTS)
Band 1
Band 2
Band 4
Band 8
CDMA2000
TD-SCDMA
通信機能(その他)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.0
その他
防塵防水 IP65/IP68
おサイフケータイ 対応
フルセグ/ワンセグ 非対応

補足情報

イオシス通販利用のながれ

イオシスの通信販売サービスを利用するながれについては別記事でまとめています。はじめて利用するといった場合には、以下の関連記事も参考にどうぞ。