NTTドコモ カードケータイ KY-01L

中古スマホやタブレットの販売店・イオシスにて、NTTドコモ「カードケータイ KY-01L」の未使用品(SIMフリー)が税込価格22,800円で販売されています。

SPONSORED LINK

価格情報

イオシスにて割安価格で販売されているのはカードケータイ(型番:KY-01L)の未使用品。

取り扱うのはもともとキャリア(NTTドコモ)から販売された製品にSIMロック解除を施した“SIMフリー仕様品”です。1GBのシステムメモリや8GBの内蔵ストレージ、nanoSIMサイズの物理SIMカードスロットを1つ搭載します。

注文できる本体カラーはInk Black(インクブラック)。当記事作成時点での在庫数量は「1個」です。

2020年5月21日(木)時点における価格設定は、販売価格が22,800円(消費税込み)。通販利用時には別途配送料(640円)がかかり、購入費用の総額は23,440円です。

参考までに、同日現在ドコモオンラインショップで設定されたカードケータイ(型番:KY-01L)の機種代金は税込みで31,680円。

イオシスを利用して購入する場合、新品のキャリア直販価格より8,240円安く「SIMフリー仕様」の“新品同等品”が入手できる計算です。

またイオシスは経済産業省のキャッシュレス・ポイント還元事業における登録加盟店(キャッシュレス決済5%還元対象店舗)。支払いをクレジットカード決済またはAmazon Pay決済でおこなえば、後日、購入費用の5%相当の還元も受けられます。

なお未使用品として販売されていますが、動作確認のため、商品はパッケージ開封と通電(電源投入)が済んだ状態とのこと。上記価格にはイオシスによる6ヶ月の商品保証が付帯します。

(Source:イオシス

製品情報

「カードケータイ」の特徴

カードケータイは2018年11月にNTTドコモから発表・発売されていた携帯電話。製造を担当したメーカーは京セラです。

製品最大のウリは、発表当時で「世界最薄」「世界最軽量」(※2016年1月~2018年8月末までに発売された4G対応携帯電話端末において)をうたう携帯性の高さ。

本体はIPX2等級の防滴設計。側面(右下)にはストラップホールも備えます。

前面には2.8インチ(600×480ドット)の電子ペーパーディスプレイを搭載。

ソフトウェアにはAndroid OSがベースの独自OSが採用されています。チップセットはQualcomm(クアルコム)のSnapdragon 210モバイルプラットフォームです。

“携帯電話としての機能”として、音声通話(VoLTE対応)、SMS、カレンダー、時計、電卓、Webブラウザ、メモ帳、テザリングなどに対応。なおGoogleアカウントとの連携、Google Playなどによるアプリの追加はできません。

内蔵するバッテリーの容量は380mAh。「静止画面は消費電力ゼロ」とうたっており、小型(小容量のバッテリー)ながら長時間の電池持ちが実現されています。

充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-B(Micro USB)です。

カメラは背面・前面とも非搭載になっています。

「カードケータイ」の技術仕様

NTTドコモ公式サイトの製品ページにて確認できる、カードケータイ(型番:KY-01L)のおもな仕様情報は次のとおり。

カードケータイ(KY-01L)のスペック表
外寸と重量
高さ 91mm
横幅 55mm
厚さ 5.3-5.5mm
重さ 47g
システム
OS 独自OS
SoC Qualcomm Snapdragon 210
Quad-Core(4コア)

  • 1.094GHz×4
RAM 1GB
ROM 8GB
SDカード 非対応
バッテリー 380mAh
ディスプレイ
大きさ 2.8インチ
解像度 600×480ドット
種類 電子ペーパー
カメラ
背面カメラ -(非搭載)
前面カメラ -(非搭載)
SIMカード
大きさ nanoSIM
スロット数 1
通信機能(モバイル)
※青文字は初期状態(SIMロック付き/docomo回線)で国内利用できる周波数帯
5G FR1
FR2
4G FDD-LTE Band 1
Band 19
TD-LTE
3G WCDMA
(UMTS)
Band 1
Band 6
Band 19
CDMA2000
TD-SCDMA
通信機能(その他)
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水 IPX2
おサイフケータイ 非対応
フルセグ/ワンセグ 非対応

補足情報

イオシス通販利用のながれ

イオシスの通信販売サービスを利用するながれについては別記事でまとめています。はじめて利用するといった場合には、以下の関連記事も参考にどうぞ。