ソフトバンク AQUOS R3 808SH エレガントグリーン

中古スマホやタブレットの販売店・イオシスにて、ソフトバンク「AQUOS R3 808SH」の未使用品(SIMフリー)が税込価格57,800円で特売されています。

SPONSORED LINK

価格情報

イオシスにて割安価格で販売されているのはSoftBank AQUOS R3 808SHの未使用品。

取り扱うのはもともとキャリア(ソフトバンク)から販売された製品にSIMロック解除を施した“SIMフリー仕様品”です。6GBのシステムメモリや128GBの内蔵ストレージ、Single SIMカードスロットを搭載します。

注文できる本体カラーは3色(プレミアムブラック/プラチナホワイト/エレガントグリーン)です。

2020年4月30日(木)時点における価格設定は、販売価格が57,800円(消費税込み)。通販利用時には別途配送料(640円)がかかり、購入費用の総額は58,440円です。

参考までに、同日現在ソフトバンクオンラインショップで設定されたAQUOS R3 808SHの機種代金(税込)は95,040円。

イオシスを利用して購入する場合、新品のキャリア直販価格より36,600円安い特価で「SIMロックフリー」かつ「回線契約なし」の“新品同等品”が入手できる計算です。

またイオシスは経済産業省のキャッシュレス・ポイント還元事業における登録加盟店(キャッシュレス決済5%還元対象店舗)。支払いをクレジットカード決済またはAmazon Pay決済でおこなえば、後日、購入費用の5%相当の還元も受けられます。

なお未使用品として販売されていますが、動作確認のため、商品はパッケージ開封と通電(電源投入)が済んだ状態とのこと。上記価格にはイオシスによる6ヶ月の商品保証が付帯します。

(Source:イオシス

製品情報

「AQUOS R3」の特徴

AQUOS R3(アクオスアール3)は2019年5月にSHARP(シャープ)が日本で発表していたスマートフォン。

国内ではNTTドコモ「AQUOS R3 SH-04L」やソフトバンク「AQUOS R3 808SH」、au(KDDI)「AQUOS R3 SHV44」として、3キャリアからSIMロック付き製品(※条件を満たせば解除可能)が販売されています。

外装素材にガラスとアルミニウムを用いた本体はIP65/IP68等級の防塵防水設計。

ベゼルレスデザインの前面には、アスペクト比(縦横比)が19.5:9で、6.2インチ・2K+解像度(3120×1440ドット)のPro IGZOディスプレイを搭載。“ノッチ”と呼ばれるV字型の切り欠きはディスプレイの上部(インカメラ用)および下部(指紋センサー用)の計2箇所に設けられています。

「狭額縁」「縦長画面」「ノッチ」といった要素を取り入れ、大画面と持ちやすさの両立が図られています。

ディスプレイが表現できる色数は一世代前の製品(=AQUOS R2。以下「旧世代機」)の1,677万色から大幅に増加し10億色に。滑らかなグラデーション表現、優れた解像感など、より実物に近い色味が出せるとうたいます。

また旧世代機と比べて画面の明るさは2倍、電力効率も約10%向上。「ハイスピードIGZO」技術によるリフレッシュレート120Hz(=1秒間に120回の表示書き換え)での高速駆動もサポートしており、画面スクロール時などにも残像を抑えたなめらかな描写が可能です。

さらに映像業界でよく知られるHDR映像技術「Dolby Vision(ドルビービジョン)」、3D音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」にも対応。対応コンテンツ再生時には、鮮やかな色彩表現や臨場感あるサラウンドサウンドが楽しめます。

出荷時点でのソフトウェアバージョンはAndroid 9(開発コード名:Pie。パイ)。発売日(2019年5月25日)から2年間のOSバージョンアップ配信が保証されており、2020年4月現在すでにAndroid 10(Android Q)へのアップデートも提供中です。

右の側面にはGoogleアシスタントの起動に使える専用の物理キー「アシスタントキー」を配置。「OK, Google(オーケー、グーグル)」などウェイクワードを声に出して発さずとも、すばやくGoogleアシスタントが呼び出せます。「短押し」「2回押し」「長押し」の各操作に任意アプリの起動を割り当てて“ショートカットキー”として使うことも可能です。

チップセットはQualcomm(クアルコム)のSnapdragon 855モバイルプラットフォーム。

内蔵するバッテリーの容量は3,200mAh。Quick Charge 3.0(QC3.0)やUSB Power Delivery(USB PD)などの急速充電規格に対応しており、互換性のある充電機器なら充電時間を大きく短縮できます。

充電時などに使用できる外部入出力端子の形状はUSB Type-C。3.5mmオーディオ端子も備えており、有線設計のイヤホン/ヘッドホンも変換アダプタなしで使えます。

Qi(チー)規格準拠の無線充電もサポート。互換性のあるワイヤレス充電機器を用意すれば“置くだけ充電”も利用可能です。

アウトカメラはデュアル(2眼)設計。プライマリカメラが1,220万画素のイメージセンサーにf/1.7のレンズ、セカンダリカメラは2,010万画素のセンサーにf/2.4のレンズという構成です。

プライマリカメラは「写真」「動画」の撮影に使う“標準カメラ”。デュアルピクセル設計のセンサーや2種類の手ぶれ補正機能(光学式/電子式)を搭載し、撮影精度を高めています。

「ドメスティックワイドカメラ」と名付けられたセカンダリカメラは超広角設計の“動画専用カメラ”です。

アウトカメラの特徴機能として、2つのカメラで動画撮影中に静止画も撮影しリアルタイムに約15秒のショートムービーを自動作成する「AIライブストーリー」、検出した撮影対象を9つの被写体とシーンで識別し撮影モードを自動で選ぶ「AIオート(シーン検出)」などを備えます。

インカメラはシングル(単眼)設計で、1,630万画素のイメージセンサーにf/2.0のレンズという組み合わせです。

端末のロック解除などに使用できる生体認証機能として、前面のセンサーによる指紋認証、インカメラでの顔認証をサポートします。

国内向けの非接触型IC決済サービス「おサイフケータイ」、独自の音声アシスタント「エモパー」、スマホでテレビが視聴できるワンセグ/フルセグ機能にも対応します。

「AQUOS R3」の技術仕様

ソフトバンク公式サイトの製品ページおよびSHARP公式サイトの日本向け製品ページにて確認できる、SoftBank AQUOS R3(型番:808SH)のおもな仕様情報は次のとおり。

SoftBank AQUOS R3(808SH)のスペック表
外寸と重量
高さ 156mm
横幅 74mm
厚さ 8.9mm
重さ 185g
システム
OS Android 9
※Android 10へのアップデート配信済み
SoC Qualcomm Snapdragon 855
Octa-Core(8コア)

  • 2.8GHz×1
  • 2.4GHz×2
  • 1.7GHz×4
RAM 6GB
ROM 128GB
SDカード 対応(最大512GBまで)
バッテリー 3,200mAh
ディスプレイ
大きさ 6.2インチ
解像度 WQHD+(3120×1440ドット)
種類 Pro IGZO
カメラ
背面カメラ デュアルカメラ

  • プライマリ:1,220万画素
  • セカンダリ:2,010万画素
前面カメラ シングルカメラ

  • 1,630万画素
SIMカード
大きさ nanoSIM
スロット数 1
通信機能(モバイル)
※青文字は初期状態(SIMロック付き/SoftBank回線)で国内利用できる周波数帯
5G FR1
FR2
4G FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 11
Band 12
Band 17
Band 18
Band 19
Band 28
TD-LTE Band 38
Band 41
Band 42
3G WCDMA
(UMTS)
Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
CDMA2000
TD-SCDMA
通信機能(その他)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 5.0
その他
防塵防水 IP65/IP68
おサイフケータイ 対応
フルセグ/ワンセグ フルセグ/ワンセグ対応

補足情報

イオシス通販利用のながれ

イオシスの通信販売サービスを利用するながれについては別記事でまとめています。はじめて利用するといった場合には、以下の関連記事も参考にどうぞ。