NETGEAR AC797

通販サイトAmazon.co.jpにて、NETGEAR「AC797」が発売。税込価格21,170円で販売されています。また1%相当のAmazonポイント還元付きです。

SPONSORED LINK

価格情報

Amazon.co.jpで新発売となっているのはNETGEAR AC797。

取り扱うのはSIMフリー仕様の国内正規品。microSIMカードサイズの物理SIMカードスロットをひとつ搭載します。本体カラーはブラック(Black)1色のみでの展開です。

2020年1月10日(金)時点における価格設定は、販売価格が21,170円(配送料・消費税込み)購入予約の受付開始直後から593円高くなりました。

販売価格に対して1%相当(212円分)のAmazonポイント還元付きであり、販売価格から還元ポイントを差し引いた“実質販売価格”は20,958円です。

参考までに、NETGEARが日本向けに案内しているAC797の市場想定価格は税込みで20,960円。Amazonではメーカー市場想定価格より210円高く販売されています(※還元ポイント分を差し引いた“実質販売価格”ならほぼ同額となる計算です)。

(Source:Amazon.co.jp

製品情報

「AC797」の特徴

AC797(AirCard 797)は2019年12月にNETGEAR(ネットギア)が日本向けに発表していたAirCardシリーズのモバイルルーター(モバイルWi-Fiルーター)。日本で2015年に発売された「AC785」の後継製品です。

本体前面にはバッテリー残量や利用状況の確認に使える1.77インチのカラー液晶ディスプレイ付き。

搭載するバッテリーの容量は2,930mAhで、最大11時間の連続使用が可能とうたいます。充電時などに使用する外部入出力端子の形状はUSB Type-B(Micro USB)です。背面カバーを外せばバッテリーを脱着・交換することも可能です。

モバイルデータ通信(インターネットとモバイルルーター間)では2CCCA(2つの周波数帯域を束ねるキャリアアグリゲーション)や256QAM(256カム。情報密度を高めてデータ転送量を増加させる技術)をサポート。通信速度は下りが最大300Mbps、上りは最大50Mbpsです。

また“無線LANの親機”としての通信(モバイルルーターとスマホなどの接続デバイス間)においては、最大32台のデバイスを同時に接続可能。IEEE802.11 ac規格や2×2 MIMO(ツーバイツーマイモ)に対応します。

ゲストWi-Fiモードも搭載。普段使うアクセスポイントとは別に“一時的に使えるアクセスポイント”を発行することで、ゲストユーザーにも無線LAN環境(Wi-Fiスポット)が共有できます。

「AC797」の技術仕様

NETGEAR公式サイトの日本向け製品ページにて確認できる、NETGEAR AC797のおもな仕様情報は次のとおり。

NETGEAR AC797のスペック表
サイズと重さ
高さ 68mm
横幅 110mm
厚さ 15.4mm
重さ
  • 78g(本体のみ)
  • 136g(バッテリー含む)
システム
バッテリー 2,930mAh
ディスプレイ
サイズ 1.77インチ
種類 LCD
SIMカード
種類 microSIM
スロット数 1
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 3
Band 19
Band 21
Band 28
TD-LTE
WCDMA Band 1
Band 2
Band 5
Band 8
CDMA
TD-SCDMA
GSM
Wi-Fi
(※親機としての仕様)
IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth
その他
防塵防水