CASIO PRO TREK Smart WSD-F30

通販サイトAmazon.co.jpがCASIO(カシオ計算機)のSmart Outdoor Watchシリーズの第3世代モデル「PRO TREK Smart WSD-F30」を割引価格およびポイント還元付きで販売。

割引後価格から還元ポイントを差し引いた“実質価格”は税込51,583円に。メーカー希望小売価格に対して22%オフの特価で購入可能です。

SPONSORED LINK

価格情報

Amazon.co.jpにて割引価格およびポイント還元付きで販売されているのはCASIO PRO TREK WSD-F30。対象の本体カラーは2色(オレンジ/ブルー)です。

2019年2月11日(月)時点における価格設定は、販売価格が59,281円(消費税・配送料込み)。またAmazonポイントでの6,588円相当のポイント還元が設定されており、販売価格から還元ポイントを差し引いた“実質価格”は51,583円です。

参考までに、日本での製品発表時にCASIOから案内されたWSD-F30の希望小売価格は税込65,880円。ポイント還元分も加味した“実質価格”はメーカー希望小売価格に対して22%オフとなっています。

(Source:Amazon.co.jp

製品情報

「WSD-F30」の特徴

WSD-F30は2018年8月にCASIOが発表したスマートウォッチ。同社のSmart Outdoor Watchシリーズ「PRO TREK Smart」の第3世代モデルで、国内では2019年1月に発売されていました。

本体は5気圧防水設計に加え、米国防総省が定める軍用品調達規格「MIL-STD-810G」(Military Standard。通称“ミルスペック)の9項目にも準拠。落下や振動、湿度、低圧保管・動作、高低温保管、温度衝撃、氷結などへの優れた耐性を備えます。

前面には情報表示および操作に使う1.2インチの円形ディスプレイを搭載。ディスプレイはカラー有機ELディスプレイとモノクローム液晶ディスプレイを重ねた二層構造です。

モードや機能ごと2種類のディスプレイを使い分けることで、スマートウォッチの全機能を使う「通常使用」で約1.5日、BluetoothやWi-Fiによる通信のみオフにする「エクステンドモード」なら約3日、シンプルに時刻とセンサー情報(高度・気圧など)だけを表示する「マルチタイムピースモード」ならおおよそ1ヶ月の連続駆動が可能とうたいます。

また衛星による位置測位も3つのシステム(アメリカのGPS、ロシアのGLONASS、日本のみちびき)に対応。デバイス単体で現在地確認はもちろん、あらかじめ本体内に地図データをダウンロードしておけば、電波圏外でも地図表示・現在地がおこなえます。

「WSD-F30」の技術仕様

CASIO公式サイトの日本向け製品ページにて確認できる、CASIO PRO TREK Smart WSD-F30の主な仕様情報は次のとおり。

CASIO PRO TREK Smart WSD-F20のスペック表
ケースサイズと重さ
60.5mm
53.8mm
厚さ 14.9mm
重さ 83g(バンド含む)
システム
OS Wear OS by Google
互換性
  • Android OS:
    Android 4.4以降(Go Editionは除く)
  • iOS:
    iOS 9.3以降
連続動作時間
  • 通常使用:約1.5日
  • 時計とセンサーのみ:約1ヶ月
ディスプレイ
サイズ 1.2インチ
解像度
  • カラー:390×390ドット
  • モノクロ:不明(詳細記載なし)
種類
  • カラー有機EL+モノクロ液晶(※2層構造)
通信方式
衛星測位
システム
  • GPS
  • GLONASS
  • みちびき
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth Version 4.1
その他
機器類
  • マイク
  • バイブレーター
センサー類
  • 圧力(気圧/高度)センサー
  • 加速度センサー
  • ジャイロセンサー
  • 方位(磁気)センサー
防水性能 5気圧防水