Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

海外で2018年8月24日(金)以降、順次発売を迎えているSamsung Electronics(サムスン電子。以下、Samsung)の最新ハイエンドスマートフォン「Galaxy Note9」を購入しました。

そこで、この記事ではSamsung Galaxy Note9(本体色:Metallic Copper)の外観デザインを写真および動画で紹介。購入を検討するにあたり「本体カラー選びで迷っている」といった方はとくに、参考にしてみてください。

SPONSORED LINK


購入モデルと選んだ理由

購入したGalaxy Note9はシンガポール仕向け(型番:SM-N960F/DS)の製品で、SoCにExynos 9810を搭載するDual SIMモデルです。購入先は海外通販サイトのETOREN(イートレン)

システムメモリ/内蔵ストレージの構成は「RAM6GB/ROM128GB」を、本体カラーは「Metallic Copper(メタリックカッパー)」を選びました。

RAM/ROM容量はこれまで使ってきたGalaxy Note8(RAM6GB/ROM64GB)でもストレスを抱かず使えていたため、価格との兼ね合いも含めて標準モデル(下位仕様)を選択。

本体カラーはGalaxy Note9の発表直後に“購入候補”として考えていた本体カラーが「Midnight Black(ミッドナイトブラック)」「Ocean Blue(オーシャンブルー)」の2色。

ただ過去に使ったGalaxy Note5Galaxy Note7では“普段自分で積極的に選ばない色”が使い込む中でお気に入りとなった経験もあり、今回も第一印象では候補になかったMetallic Copperにしてみました。

余談ですが、Metallic Copperの本体色は香港では未発売。従来Snapdragon 845モバイルプラットフォーム搭載モデルの投入地域は限られていることから、2018年9月12日(水)時点では“Metallic Copperの本体カラーはExynosモデルのみに用意された色”といってもよいでしょう。

パッケージデザイン

パッケージは“製品名が目立つデザイン”だった従来機から変更され、新たにBluetoohモジュール内蔵となったSペンを本体カラーの色でデザインしたものになりました。

▼デバイス本体の色がMetallic Copperの場合は銅色のSペンが描かれている

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

▼製品名はデボス加工(空押し加工)で側面に

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

▼シンガポール版のモデル番号は「SM-N960F/DS」

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

▼Sペンや製品名はスリーブカバーにデザインされている

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

▼パッケージは巻物型の構造

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

▼説明書・保証書類が入った箱の下にデバイス本体が収納されている

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

パッケージ同梱物

シンガポール仕向けの製品でパッケージに同梱されていたものは以下のとおり。

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

パッケージに含まれるもの

  • Galaxy Note9(デバイス本体)
  • 保護ケース
  • 充電器
  • USBケーブル(Type-A to C)
  • 変換アダプタ(Type-A to C/micro to C)
  • イヤホン(AKG)
  • 付替用イヤピース
  • 替えペン先
  • SIMカードのイジェクトピン
  • 説明書類

ひとつ気をつけたいのは、シンガポール仕向けの製品に同梱される充電器はプラグ形状がBFタイプであること。日本で使うためには別途変換プラグを用意する必要があります。

外観デザイン

本体には狭額縁や縦長画面といったトレンド要素と左右を湾曲させたデュアルエッジスクリーンを組み合わせたデザイン「Infinity Display(インフィニティー・ディスプレイ)」を引き続き採用。

Galaxy Note8と同じく、前面は本体カラーを問わず黒色で統一。動画を視聴する際などに没入性を高める効果が期待できます。

なおスピーカーはステレオ設計となっており、1機を下の側面、もう1機を前面の受話口内に搭載しています。

▼どの本体色も、前面はベゼルを含めて黒色で統一したデザイン

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

▼背面は光沢仕上げ

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

▼カメラは右側の口径が大きいものがプライマリカメラ(絞り可変設計)

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

▼鏡面仕上げではなく、クッキリ映り込みはしない

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

▼側面(上)にはカードスロット

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

▼側面(右)には電源キー

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

▼側面(左)にはBixbyキーと音量キー

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

▼側面(下)には3.5mmオーディオ端子、USB Type-C端子、スピーカー、Sペンスロット

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

▼カードトレイはスロット2がSIMカードとSDメモリカードの排他設計

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

▼Sペンスロットはポップアップ式。カチッと押し込むことでペンが取り出せる

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

▼Sペンはデバイス本体と同じ色味。外観は旧製品(Galaxy Note8)と違いを感じない

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

▼場所を変え、屋外であらためて色味をチェック

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

▼光の当て方によってはかなりまぶしく見えることも

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

▼正面から覗き込んでも姿はぼんやり映る程度

Samsung Galaxy Note9 SM-N960F/DS Metallic Copper

角度を動かしながら撮影した背面の色味を動画でも記録してみました。こちらも参考にどうぞ。

直近まで1年に渡りGalaxy Note8を使い続けてきましたが、Galaxy Note9に切り替えても手に持った印象はほぼ変わらず。

Galaxy Note8からGalaxy Note9になるにあたり、(縦を除く)本体サイズとディスプレイサイズは大型化。重量も微増していますが、体感では差がわかりません。

「Galaxy Note8」と「Galaxy Note9」での変化

  • 本体サイズ:「162.5mm×74.8mm×8.6mm」→「161.9mm×76.4mm×8.8mm」へほぼ大型化
  • 本体重量:「195g」→「201g」へ微増
  • ディスプレイ:「6.3インチ」→「6.4インチ」へ大型化

Galaxy Note8からの乗り換えであれば「指紋センサーの配置」を除き、スムーズに移行できることでしょう。

引き続き、ソフトウェアやカメラ、使ってみての印象をレビューしていくことにします。