EXPANSYS LG G6 商品ページ

モバイルガジェットの海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)2017年4月中旬より発売していた、LG Electronics(以下、LG)のフラグシップスマートフォン「LG G6(型番:LG-H870DS)」。

価格設定は発売当初から他所に比べて割安でしたが、それから2ヶ月が経過し、本体価格はさらに20,000円近く値下がり。全3色とも50,000円台で入手が可能になっています。

SPONSORED LINK

EXPANSYSにて大きな値下げを確認しているのはLG G6(型番:LG-H870DS)。4G+3Gの同日待ち受けもサポートするDual SIMモデルで、本体カラーは全3色(Astro BlackMystic WhiteIce Platinum)が引き続き取扱い中です。

2017年6月26日(月)時点における価格設定は、本体価格が53,865円発売直後から約2ヶ月ですでに19,035円もの値下がりを見せています。

なお日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税、クレジットカードでの代金決済時に発生する為替変換手数料などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額は約57,800円ほどです。

★EXPANSYSの商品ページはこちら
LG G6 Dual-SIM LG-H870DS (64GB) – EXPANSYS Japan

G6は2017年2月に発表された、LGの現行フラグシップスマートフォン。派生機も含め、日本国内では未発売のハイエンドモデルです。

LG「G」シリーズ初となる防塵防水設計のボディに搭載するのは、アスペクト比が18:9で、5.7インチ・2K解像度の液晶ディスプレイ。ディスプレイ周囲のベゼル面積を大きく削ることでフロントパネルの画面専有面積を上げ、画面への没入感を強化。また画面サイズよりかなりスリムで持ちやすいデザインを実現しています。

さらにこのディスプレイはHDR技術もサポート。ドルビービジョンやHDR10といった規格に対応した映像視聴時には、広い色域と輝度再現、より細かい明暗の表示が可能とうたいます。

そして他社製品と比べた際にG6の特徴といえるのが、デュアルレンズ設計のメインカメラ。画角の異なる2つのレンズ(71度/125度)から構成されており、撮影シーンに応じて、ワンタッチで切り替えが可能。

被写体に寄って撮影する“ズームイン”をデジタルズームでカバーするとともに、後ろに下がってより広い範囲を撮影する“ズームアウト”もレンズ変更で対応できるユニークさは、他社製品にない魅力といえます。

EXPANSYSが取り扱う商品は同社が拠点を持つ香港版と思われ、LG公式サイトの香港向け製品ページにて確認できる主な仕様情報は次のとおり。

LG G6(LG-H870DS/香港版)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 148.9 mm
横幅 71.9 mm
厚さ 7.9 mm
重さ 163 g
システム
OS Android 7.0
SoC Qualcomm
Snapdragon 821
Quad-Core
RAM 4 GB
ROM 64 GB
SDカード 対応(最大2TGBまで)
バッテリー 3,300 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.7 インチ
解像度 WQHD+(2880 x 1440)
種類 IPS Quantum Display
カメラ
メイン 標準レンズ:1,300万画素(画角71度)
広角レンズ:1,300万画素(画角125度)
サブ 500 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 20
Band 26
Band 28
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
WCDMA Band 1
Band 2
Band 5
Band 8
CDMA
TD-SCDMA Band 34
Band 39
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水 IP68

G6はSoCこそ他社フラグシップより1世代前のモデルとなるSnapdragon 821プラットフォームを採用しているものの、実際に使ってみても、日常使用+アルファでも動作にストレスを感じる場面はほぼナシ。32bit Hi-Fi Quad DACを搭載するなど音楽再生能力にも抜かりはなく、価格以上に総合力は高いです。

現行のフラグシップモデルの中では割安感がかなり強いだけにに、他社ハイエンドを使いつつ、2台目以降として購入を検討してみるのもよいのではないかと思います。

★LG G6の商品ページはこちら

Source:EXPANSYS