ETOREN Samsung Galaxy S8/S8+ 商品ページ

モバイルガジェットの海外通販サイトETOREN(イートレン)にて、2017年4月末から発売中となっていたSamsung Electronics(以下、Samsung)のフラグシップスマートフォン「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」。

発売から約2ヶ月経過となるこのタイミングで、ETORENが両機種の価格設定を見直し。それぞれ発売開始当初と比べて、本体価格はUSD150.00以上も値下げされています。

SPONSORED LINK

ETORENで価格の大きな値下げが行われたのはSamsung「Galaxy S8(型番:SM-G950FD)」および「Galaxy S8+(型番:SM-G955FD)」。いずれも自社製SoCのExynos 8895を搭載するデュアルSIMモデルで、ETOREN取扱品はシンガポール版です。

2017年6月23日(金)時点における各モデルの(輸入消費税分を含む)本体価格、および配送料や為替変換手数料などを加味した購入費用の概算見積額は以下のとおり。

モデル 本体色 本体価格 購入費用
(概算)
Galaxy S8
(SM-G950FD)

  • RAM 4GB
  • ROM 64GB
約¥77,900
($699.00)
約¥81,200
Galaxy S8+
(SM-G955FD)

  • RAM 4GB
  • ROM 64GB
約¥89,000
($799.00)
約¥92,500

ETORENでの発売時において設定されていた価格は、Galaxy S8(型番:SM-G950FD)がUSD855.00、Galaxy S8+(型番:SM-G955FD)はUSD996.00。

そのためこの2ヶ月での値下げ額はGalaxy S8(型番:SM-G950FD)がUSD156.00に。またGalaxy S8+(型番:SM-G955FD)においては、さらに大きいUSD197.00となっています。

★ETORENの商品ページはこちら
Samsung Galaxy S8 & Galaxy S8+ – ETOREN

Galaxy S8/Galaxy S8+は2017年3月末に発表された、Samsung現行のフラグシップスマートフォン。

日本向けモデルも、Galaxy S8はNTTドコモ「Galaxy S8 SC-02J」およびau「Galaxy S8 SCV36」として、Galaxy S8はNTTドコモ「Galaxy S8+ SC-03J」およびau「Galaxy S8+ SCV35」として既に発売中です。

前作からの大きな変更点がフロントパネル下部の物理ナビゲーションキーを廃止して実現された「Infinity Display」と呼ばれるデザイン。

従来から採用されていたディスプレイ左右端の丸みは踏襲しつつ、今作ではディスプレイ上下もスリムベゼルに設計することで、フロントパネルにおける画面占有率が大幅に向上。大きなサイズの画面を、できる限り小さなサイズの本体に収めることに成功しています。

またオンスクリーンタイプのソフトウェアキーに変更されたホームキーも“画面の中に内蔵”された形で搭載。ナビゲーションキー非表示の際にも、ディスプレイ上のホームキーが仕込まれた部分を押し込むことで「ホームキーを押す」という操作が可能です。

このホームキーにはモーターによる振動で“擬似的にボタンを押した”と感じさせるフィードバックも組み込まれており、使い慣れれば、従来機との差もそこまで大きく感じずに端末が扱えます。

そのほか、Samsungシンガポール公式サイトの製品ページにて確認できる、Samsung Galaxy S8(型番:SM-G950FD)およびSamsung Galaxy S8+(型番:SM-G955FD)の主な仕様情報は次のとおり。

※赤字箇所はGalaxy S8/Galaxy S8+で仕様内容が異なる部分です。

Galaxy S8(SM-G950FD) / Galaxy S8+(SM-G955FD)の主な仕様情報
サイズと重さ
Galaxy S8 148.9 x 68.1 x 8.0 mm (155 g)
Galaxy S8+ 159.5 x 73.4 x 8.1 mm (173 g)
ディスプレイ
Galaxy S8 5.8インチ WQHD+(2960 x 1440)Super AMOLED
Galaxy S8+ 6.2インチ WQHD+(2960 x 1440)Super AMOLED
バッテリー
Galaxy S8 3,000 mAh
Galaxy S8+ 3,500 mAh
システム
OS Android 7.0
SoC Samsung
Exynos 8895
Octa-core
2.3GHz x 4
1.7GHz x 4
RAM 4 GB
ROM 64 GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
※SIMカードスロット2との排他設計
カメラ
メイン 1,200 万画素
サブ 800 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 13
Band 17
Band 18
Band 19
Band 20
Band 25
Band 26
Band 28
Band 32
Band 66
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
WCDMA Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 8
CDMA
TD-SCDMA Band 34
Band 39
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
MU-MIMO
Bluetooth Version 5.0
その他
防塵防水 IP68

シンガポールにおけるGalaxy S8シリーズの希望小売価格は、Galaxy S8(SM-G950FD)がSGD1,148(約92,100円)。Galaxy S8+(型番:SM-G955FD)がSGD1,298(約104,100円)に設定されています。ちなみにシンガポールで発売が始まったのも2017年4月、すなわち約2ヶ月前とまだ最近です。

ETORENでの設定価格をこれらと比べてみると、配送料や為替変換手数料を含めた購入費用ですら、両モデルとも海外現地の希望小売価格を10,000円前後も下回る内容に。

ETORENでは取り扱う全商品に対して12ヶ月の長期保証を無料で付帯。また万が一こういったアフターサポートのお世話になる場合も、商品発送先の住所が日本国内である(=通常の国内宅配便が使える)といった便利さを有します。

もともとGalaxy S8シリーズの海外モデルは対応する周波数の幅も広く、日本国内でも扱いやすい仕様に魅力を感じている方も多いはず。とくにこれまで値下げを待っていた方にとっては、あらためて購入を検討してみるよい機会となりそうです。

★Samsung Galaxy S8/S8+の商品ページはこちら
Samsung Galaxy S8 & Galaxy S8+ – ETOREN

Source:ETOREN