※記事末に価格情報の追記あり

ETOREN Samsung Galaxy S8+ 商品ページ

シンガポールと香港に販売拠点を持つモバイルガジェットの海外通販サイトETOREN(イートレン)にて、Samsung Electronics(以下、Samsung)のフラグシップスマートフォン「Galaxy S8+」の販売がはじまりました。

SPONSORED LINK


ETORENに在庫が入荷しているのはSamsung Galaxy S8+(型番:SM-G955FD)。SoCに自社製Exynos 8895を搭載するDual SIMモデルで、本体カラーは3色(Midnight BlackOrchid GrayMaple Gold)から選択可能です。

2017年4月25日(火)時点における価格設定は、輸入消費税分を含む本体価格がUSD996.00(約110,100円)。日本国内住所宛てへの配送料、クレジットカードでの代金決済時に発生する為替変換手数料などを加味した購入費用の概算見積額は約113,900円ほどとなります。

Galaxy S8+は2017年3月に発表されたSamsungの新たなフラグシップスマートフォン。同時に発表された2機種のうちの大きい方で、6.2インチ(解像度は2K+)の有機ELディスプレイを搭載します。

「Infinity Display」と呼ばれる画面は前作同様に左右端が湾曲するとともに、上下についても狭額縁設計となりました。画面アスペクト比は18.5:9と縦長で、物理ホームキーとナビゲーションキーはオンスクリーンキーに変更されています。

参考までに旧フラグシップのGalaxy S7 edge、およびApple iPhone 7 Plusと外寸サイズを比較した表が以下のものですが、こうして見てみるとあらためて“縦長”のイメージがわくことでしょう。

機種名 高さ x 横幅 x 厚さ 画面サイズ
Galaxy S8+ 159.5 x 73.4 x 8.1 mm 6.2インチ
Galaxy S7 edge 151.0 x 73.0 x 7.7 mm 5.5インチ
Apple iPhone 7 Plus 158.2 x 77.9 x 7.3 mm 5.5インチ

背面に搭載された1,200万画素のメインカメラは前作同様のデュアルピクセル仕様。本体にはIP68相当の防塵防水設計やMicroSDメモリカードも備えます。

また今作では物理ホームキー廃止に伴い、指紋認証センサーが背面のカメラ脇に移動。追加で目の虹彩を用いた認証機能も搭載しており、2種類の認証機能を併用することで、ストレスなくロック解除ができる設計です。

Galaxy S8+はETORENが販売拠点を持つシンガポールではすでに先行販売分の引き渡しが開始となっており、おそらく現在庫もシンガポール向け製品になっていることが予想されます(※詳細は問い合わせ中)。

なおETORENに確認したところ、現在庫は東南アジア向けモデルになっているとのこと。

参考までに、このエリアに含まれる国のひとつ、Samsungのシンガポール向け製品ページにて確認できる主な仕様情報はつぎのとおり。

Galaxy S8+の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 159.5 mm
横幅 73.4 mm
厚さ 8.1 mm
重さ 173 g
システム
OS Android 7.0
SoC Samsung
Exynos 8895
Octa-core
2.3GHz x 4
1.7GHz x 4)
RAM 4 GB
ROM 64 GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
※SIMカードスロット2との排他設計
バッテリー 3,500 mAh
ディスプレイ
サイズ 6.2 インチ
解像度 WQHD+(2960 x 1440)
種類 Super AMOLED
カメラ
メイン 1,200 万画素
サブ 800 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE 不明(詳細情報なし)
TD-LTE 不明(詳細情報なし)
WCDMA 不明(詳細情報なし)
CDMA 不明(詳細情報なし)
TD-SCDMA 不明(詳細情報なし)
GSM 不明(詳細情報なし)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
MU-MIMO
Bluetooth Version 5.0
その他
防塵防水 IP68

対応周波数情報の具体的な記載がまだされておらず。ただし同じ【型番:SM-G955FD】のモデルは台湾でも発売予定となっており、こちらはSamsung公式サイト内にて対応周波数情報が公開されています。

Galaxy S8+(SM-G955FD/台湾版)の対応周波数情報
通信方式 対応周波数
FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/32/66
TD-LTE B38/39/40/41
WCDMA B1/2/4/5/8
TD-SCDMA B34/39

これを見る限りでは、日本国内でもNTTドコモやソフトバンク系回線にてしっかり使える内容といえますね。

2017年4月25日(火)6時現在、ETOREN商品ページ上で確認できる初回入荷分の在庫数はMidnight BlackOrchid Grayがそれぞれ5個ずつと若干数。Maple Goldは数量記載がないことから、他の2色よりもう少し余裕を持って確保されているものとは思われます。

参考として、シンガポールだとGalaxy S8+に設定されている定価はSGD1,298(約102,900円)。これと比べると、発売直後で希少性も高いことの影響もあるとは思いますが、ETORENの現在の価格設定はそこそこ割高になっていることがわかりますね。

それでもこのくらいの数であれば、すぐに売り切れてしまう可能性は高いかと思います。少しでも早く購入して使いたい!という場合には、早めの注文がオススメです。

Source:ETOREN

追記:2017年4月26日

ETORENが取り扱うSamsung Galaxy S8/Galaxy S8+の現在庫について、初期状態から日本語ロケールがプリインストールされていることがわかりました。

▼担当者より提供していただいた写真。確かに日本語も選べる

Samsung Galaxy S8/S8+(SM-G950FD/SM-G955FD)には日本語ロケールあり

以前Galaxy S7をETORENで購入した際には日本語ロケールを手動で追加する必要がありましたが、少なくともGalaxy S8/Galaxy S8+ではその必要はないようです。

追記:2017年5月19日

発売から1ヶ月弱が経過し、3色ある本体カラー(Midnight BlackOrchid GrayMaple Gold)すべてで価格が大きく値下がりしています。

ETOREN Samsung Galaxy S8+ 商品ページ

2017年5月19日(金)時点における価格設定は、輸入消費税分を含む本体価格がUSD925.00(約102,900円)。発売直後と比べると、USD71.00も安くなっています。

なお日本国内住所宛てへの配送料、クレジットカードでの代金決済時に発生する為替変換手数料などを加味した購入費用の概算見積額は約106,700円ほどです。

追記:2017年6月23日

発売から約2ヶ月が経過し、本体価格がかなり値下がりしてきました。詳しい内容は以下リンク先の記事にて。