EXPANSYS Samsung Galaxy S8 商品ページ

日本向けの販売拠点を香港に置くモバイルガジェットの海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)にて、昨日から一部の本体カラーの予定本体価格が公開されていた、Samsung Electronics(以下、Samsung)のフラグシップスマートフォン「Galaxy S8」。

その後、残る4色の予定本体価格も公開されるとともに、取り扱う製品の型番も商品ページに追記されました。

SPONSORED LINK

2017年4月22日(土)現在、EXPANSYSではSamsung Galaxy S8、全5色((Midnight BlackArctic GrayOrchid GrayCoral BlueMaple Gold)の予定本体価格を商品ページ上に公開。すべてのカラーで100,145円という共通の価格が設定されました。

またあわせて、商品ページ上には取扱い品の型番を示す「SM-G950FD」の文字も追記されています。

Galaxy S8/Galaxy S8+には搭載するプロセッサの異なる2つのモデルの存在が明らかになっており、ひとつは自社製のExynos 8895プロセッサ、もうひとつはQualcommのSnapdragon 835プラットフォームを採用します。

この“仕様が2つある”ことは旧作Galaxy S7 edgeと同様。ちなみにこのときアジアで流通していたDual SIM版を確認すると、型番が「SM-G935″FD”」のモノがExynosモデル、「SM-G935“0”」のモノがSnapdragonモデルとなっていました。

EXPANSYSの商品ページ上にはまだ、搭載するプロセッサについて詳細な情報は記載されていません。ただ仮にこれと同じですれば、EXPANSYSが現時点で取扱い予定とするGalaxy S8はExynos 8895搭載モデルと考えてよいのかも。

あるいはGalaxy S7同様、そもそもGalaxy S8(アジア向けのDual SIM版)にはExynos搭載モデルしか用意されていないという可能性も考えられそうですね。

ちなみにExynos 8895を搭載するGalaxy S8は先日台湾にて発表済みで、台湾では5月1日から発売開始となっています。

EXPANSYSには直近だとGalaxy Note7について、香港版以外(オクタコアモデル)を取り扱った実績もあることから、Galaxyシリーズの中でもとりわけ人気の高いフラグシップシリーズであることも踏まえれば、香港版が発売されるまでは台湾を含む他の国・地域向けの製品を取り扱う可能性も十分考えられます。

参考までに、Samsungの台湾向けニュースリリースにて確認できる、Galaxy S8(台湾版)の主な仕様情報はつぎのとおり。

Galaxy S8(台湾版)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 148.9 mm
横幅 68.1 mm
厚さ 8.0 mm
重さ 155 g
システム
OS Android 7.0
SoC Samsung Exynos 8895
Octa-core
2.3GHz x 4
1.7GHz x 4
RAM 4 GB
ROM 64 GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
バッテリー 3,000 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.8 インチ
解像度 WQHD+(2960 x 1440)
種類 Super AMOLED
カメラ
メイン 1,200 万画素
サブ 800 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE 2600 MHz
2100 MHz
1900 MHz
1800 MHZ
1700 MHz
850 MHz
900 MHz
800 MHz
700 MHz
TD-LTE 2600 MHz
2500 MHz
2300 MHz
1900 MHz
WCDMA 850 MHz
900 MHz
1700 MHz
1900 MHz
2100 MHz
CDMA
TD-SCDMA 1880 MHz
2010 MHz
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
MU-MIMO
Bluetooth Version 5.0
その他
防塵防水 IP68

対応する周波数情報にBand表記はありませんが、こちらは公式サイト内にビジネス向けとして台湾版の仕様が確認できるページを別途見つけることができました。そちらより確認できる詳細情報は次のとおり。

Galaxy S8(台湾版)の対応周波数情報
通信方式 対応周波数
FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/32/66
TD-LTE B38/39/40/41
WCDMA B1/2/4/5/8
TD-SCDMA B34/39

対応する周波数は旧作Galaxy S7シリーズ同様の幅広さとなっており、個人輸入して使うことを想定しても扱いやすい内容ですね。

予定本体価格が設定されたということは、入荷する商品の情報がある程度わかってきたということだと思われます。個人的にも今特に関心の強い機種であるだけに、引き続き新しい情報があれば紹介していくこととします。

Source:EXPANSYS