※記事末に追記あり。

ExpansysでSamsung Galaxy Note 7(オクタコアモデル)の仮予約受付がスタート

数日前よりSamsung Galaxy Note 7 のSnapdragon 820搭載モデルの購入仮予約受付を開始していた海外通販サイトExpansys(エクスパンシス)

同機種について、本日より新たにSamsung製のSoc「Exynos 8890(オクタコア)」を採用したモデルがラインナップに追加。仮予約の受付が始まるとともに、商品の入荷も近日中になるものと予想されます。

SPONSORED LINK

2016年8月25日(木)より新たに購入の仮予約受付が開始されたのは Samsung Galaxy Note 7(型番:SM-N930FD)。本体カラーは2色(Gold PlatinumSilver Titanium)が用意されています。

同日時点における予定本体価格は91,765円。本体代金だけで70,000円以上となることから日本国内住所宛てへの配送料は無料になると考えられ、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約96,100円ほど。

またExpansysでは現在、仮予約を済ませた上で実際に商品購入に至った場合に購入代金からUSD10.00相当を割り引くプロモーションを実施中。これも踏まえれば、現時点より注文しておくことにより約95,100円ほどで入手できる試算となります。

※当記事作成後にExpansysで予定本体価格の見直しが実施され、値上げがされています。最新の価格情報は記事末の追記を参照下さい。

2016年7月にグローバル向けにリリースされたGalaxy Note 7。同機種の大きな特徴となる専用スタイラスペン「S Pen」は今作にももちろん搭載。加えて今作では端末自体が防塵防水仕様になっており、S Penは水中でも使用できることが大きくアピールされています。

その他、Galaxyシリーズとしては初となるUSB Type-Cコネクタを採用。ディスプレイにはフラッグシップモデルGalaxy S7 edge同様に左右端がカーブしたデュアルエッジスクリーンも備えています。

今回Expansysで新たに取扱いが始まったモデル(モデル番号:SM-N930FD)は具体的にどこ向けの商品であるか現状では不明。ただExpansysが過去に在庫の入荷元として取扱い経験のある地域で考えてみれば、想定として台湾向けのSIMフリーモデルである可能性が考えられます。

参考までに、Samsung公式サイトの台湾向けの製品ページにて確認できる主な仕様情報は次のとおりです。

項目 詳細
サイズ 高さ:153.5 mm
横幅:73.9 mm
厚さ:7.9 mm
重量 169 g
OS Android 6.0
(開発コード名:Marshmallow)
SoC Samsung Exynos 8890
Octa-Core
(2.3GHz Quad + 1.6Ghz Quad)
メモリ RAM 4GB
ROM 64GB
バッテリー 3,500 mAh
ディスプレイ 5.7 インチ WQHD(2560×1440)
SuperAMOLEDディスプレイ
カメラ メイン:1,200万画素
サブ:500万画素
通信方式

FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28
TD-LTE:B38/39/40/41
WCDMA:B1/2/4/5/8
TD-SCDMA:B34/39
GSM:850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz), MU-MIMO
Bluetooth:Ver.4.2

その他 SIMカード:Nano SIM x 2
SDカード:対応(最大256GBまで)

同一型番(SM-N930FD)のモデルにおいては、Expansys以外にも現在1ShopMobile.comが台湾向けモデル、ETOREN(イートレン)がシンガポール向けモデルの取扱いを一足先に始めています。

参考までに、2016年8月25日(木)時点におけるそれぞれでの価格設定を整理してみたのが以下の表です。

サイト名 販売価格 購入費用
(概算)
Expansys ¥91,765 約¥95,100
1ShopMobile 約¥87,000
($869.00)
約¥95,800
ETOREN 約¥97,000
($969.00)
約¥100,900

この3サイトで比較した場合、一般的には保証等のサービスに手薄さがある1ShopMobile.comが最安値となることがほとんど。しかしこのGalaxy Note 7(Exynos 8890モデル)に関しては、現状では12ヶ月の商品保証も付き、より安心して使用できるExpansysが最安値となっています。

Expansysの最近の傾向として、予定本体価格が具体的に設定済みの商品は、商品ページ公開~発売開始までにあまり時間を要さないことが多く、このGalaxy Note 7に関しても近日中に在庫が入荷するものと期待してもよいように思います。

現在は世界的にも人気が殺到しており、一部の国では発売日自体が延期となっているケースもある同機種。価格も割安、かつ購入後の保証もしっかり付帯するという意味では、本体カラーが自分の望むものであれば仮予約をして購入する価値は十分にあるといえるでしょう。

Source:Expansys

追記:2016年8月25日

記事公開後にExpansysが予定本体価格の見直しを実施。2016年8月25日(木)の12時40分時点での最新の予定本体価格は97,700円(5,235円の値上げ)となっています。

ExpansysでSamsung Galaxy Note 7(オクタコアモデル)の仮予約受付がスタート

また同日21時に確認したところ、1ShopMobile.comでは本体価格が最大USD40.00も値下げされていることを確認。

これを受けて改めて他サイトと購入費用を比較したのが以下の表。

サイト名 販売価格 購入費用
(概算)
Expansys ¥97,700 約¥101,200
1ShopMobile 約¥83,000
($829.00)
約¥91,500
ETOREN 約¥97,000
($969.00)
約¥100,900

今回の価格見直しにより、仮予約によるUSD10.00相当の割引を含めて試算しても、Expansysでの購入費用は他所より割高となる結果に変わっています。

1shopMobile.comやETORENでは支払い方法がクレジットカード払いに限られるというポイントがあるものの、そこだけ問題なければ、現時点では他のサイトを利用するほうがより早く、より安く入手することが可能といえます。

保証よりも費用の安さを優先したい場合は1ShopMobile.comで、長期の保証も含めた安心感を優先したい場合はETORENで注文することが個人的にはよいかと思います。