HTC One M9

モバイルガジェットの海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)が継続して開催中の在庫一掃セール(クリアランスセール)。

主にはスマートフォンのアクセサリーや周辺機器が在庫処分価格で販売されていることが多いのですが、珍しくスマートフォンが登場。

約2年前に発表されたHTCのフラグシップモデル「HTC One M9」およびその派生機「HTC One M9+」がそれぞれ1台ずつ限り、特価にて販売されています。

SPONSORED LINK

HTC One M9

EXPANSYS HTC One M9 商品ページ

在庫一掃セールの対象となっているスマートフォン1機種目は HTC One M9(本体色Gunmetal Gray)。

2017年2月22日(水)時点における価格設定は、本体価格が36,510円。日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額は約39,700円ほどとなります。

HTC One M9 はHTCのフラグシップモデルとして2015年3月に発表されたハイエンド仕様のスマートフォン。現行フラグシップ「HTC 10」の一世代前のモデルです。

金属製の本体には5インチのフルHDディスプレイ、発表当時最新であったSnapdragon 810プロセッサ、そして3GBの内蔵メモリや32GBの内蔵ストレージを搭載します。

旧作(HTC One 8)では複眼構成であったカメラはこのシリーズで単眼に。その代わり、画素数が大幅に強化され、有効画素数は2,000万画素となっています。ほかにも Dolby Audio 対応のHTC BoomSoundが採用されており、本体スピーカーから再生される音の力強さ・臨場感にも定評がありました。

その他、HTC公式サイトの香港向け製品ページにて確認できる主な仕様情報は次のとおり。

HTC One M9(M9u)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 144.6 mm
横幅 69.7 mm
厚さ 9.61 mm
重さ 157 g
システム
OS Android 6.0 with HTC Sense
SoC Qualcomm
Snapdragon 810
Octa-Core
2.0GHz x 4
1.5GHz x 4
RAM 3 GB
ROM 32 GB
SDカード 対応(最大2TBまで)
バッテリー 2,840 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.0 インチ
解像度 FHD(1920 x 1080)
カメラ
メイン 2,000 万画素
サブ HTC UltraPixel
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 1
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 3
Band 5
Band 7
Band 8
Band 20
Band 28
TD-LTE Band 38
Band 40
Band 41
UMTS 850 MHz
900 MHz
1900 MHz
2100 MHz
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.1
その他
防塵防水

周期的にはまもなく2世代前のモデルになる見込みですが、コレクション目的で安くなった製品の購入に興味がある場合は、購入を検討してみてもよいかもしれません。

HTC One M9+

EXPANSYS HTC One M9+ 商品ページ

在庫一掃セールの対象となっているスマートフォン2機種目は HTC One M9+(本体色:Gunmetal Gray)。

2017年2月22日(水)時点における価格設定は、本体価格が37,165円。日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額は約40,300円となります。

HTC One M9+ は2015年4月に発表された HTC One M9 の派生モデル。

基本的なデザインは HTC One M9 をベースとしつつ、ディスプレイの大型&高精細化、SoCの変更、メインカメラの複眼化、指紋認証センサーの搭載といった変更が加えられています。

その他、HTC公式サイトの香港向け製品ページにて確認で入る主な仕様情報は次のとおり。

HTC One M9+(M9pw)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 150.99 mm
横幅 71.99 mm
厚さ 9.61 mm
重さ 168 g
システム
OS Android 6.0 with HTC Sense
SoC MediaTek
helio X10
2.2GHz Octa-Core
RAM 3 GB
ROM 32 GB
SDカード 対応(最大2TBまで)
バッテリー 2,840 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.2 インチ
解像度 WQHD(2560 x 1440)
カメラ
メイン 2,000 万画素
サブ HTC UltraPixel
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 1
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 3
Band 5
Band 7
Band 8
Band 28
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
WCDMA 850 MHz
900 MHz
1900 MHz
2100 MHz
CDMA
TD-SCDMA
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Version 4.1
その他
防塵防水

余談:長く使うなら au HTC 10 HTV32 がオススメ

書いていて後から気がついたことですが、コレクション目的でなく、購入して長く使う目的であれば、個人的には先に紹介した HTC One M9、および HTC One M9+ ではなく au から発売中の現行フラグシップモデル「HTC 10 HTV32」の白ロム品を購入することもオススメです。

Amazon.co.jpで白ロム価格を確認してみると、安いもので40,000円(税込)前後から購入が可能。加えて HTC 10 HTV32 はNTTドコモがLTEで運用するBand 19や21、あるいは山間部で運用するWCDMAのBand6/19も幅広くサポートしており、ドコモ系SIMカードでも快適に利用しやすい構成です。

au以外のSIMカードを挿して使用する場合はSIMロック解除こそ必要となるものの、auの場合はこの手続きが購入日から180日さえ経過していればデバイス単独で実施できます(=白ロムで端末だけ入手したものでもSIMロック解除が可能)。

白ロムで購入した場合、元の購入者が購入した日から180日が経過していなければ即時のSIMロック解除ができない点だけは注意が必要ですが、計画的に長く使えるHTC端末を安く入手したい場合においては、HTC 10 HTV32 の白ロムを狙うのも良い方法だと思います。

★ HTC M9/M9 Plus の商品ページはこちら

Source:EXPANSYS