ETOREN Samsung Galaxy S7 edge SM-G9350 商品ページ

今月初旬よりSamsung Electronics(以下、Samsung)のフラグシップスマートフォン Galaxy S7 edge(本体カラー:Blue Coral)の取扱いを開始していた、モバイルガジェットの海外通販サイトETOREN(イートレン)

当初取扱の商品はオクタコアプロセッサ(Exynos 8890)搭載モデルでしたが、新たに香港向けとなるクアッドコアプロセッサ(Snapdragon 820)の販売も始まっています。

SPONSORED LINK

2016年11月23日(水)時点で新たに取り扱い開始が確認できているのは Samsung Galaxy S7 edge(型番:SM-G9350)の新色 Blue Coral。問い合わせて確認したところ、商品は香港向けのSIMフリーモデルとのこと。

同日時点における価格設定は、輸入消費税分を含む販売価格がUSD733.00(約81,300円)。日本国内住所宛てへの配送料、クレジットカードでの代金決済時に発生する為替変換手数料などを加味した購入費用の概算見積額は約85,100円ほどです。

Galaxy S7 edgeの本体カラーBlue Coralは2016年10月末に海外向けに発表された同機種向けの追加カラー。日本国内向けにおいても、NTTドコモおよびauから12月上旬に発売される旨が昨日発表されたばかりです。

フロントパネル・リアパネルは水色に近い明るさのある青色となっており、サイドフレームには金色が用いられています。以下は台湾の店頭にて確認した同カラーの実機。

▼ Blue Coral のフロントパネル

ETORENでSamsung Galaxy S7 edge Blue Coralの販売がスタート

▼ Blue Coral のリアパネル

ETORENでSamsung Galaxy S7 edge Blue Coralの販売がスタート

Galaxy S7 edgeでは、前作で一度廃止されたSDカードスロットと防塵防水仕様が復活。防塵防水仕様に関しては、規格も向上(IP67→IP68)しています。

フラグシップモデルということで最新時点で最新のスペックを備えつつ、新たにデュアルピクセルカメラ採用による高速AF、1ピクセルあたりの受光量を増やしたイメージセンサーにより暗所の撮影に強さを発揮するようになっています。

その他、Samsung公式サイトの香港向け製品ページにて確認できる主な仕様情報は次のとおり。

Galaxy S7 edge(SM-G9350)の主な仕様情報
サイズと重さ
高さ 150.9 mm
横幅 72.6 mm
厚さ 7.7 mm
重さ 157 g
システム
OS Android 6.0
SoC Qualcomm
Snapdragon 820
Quad-Core
2.15GHz x 2
1.6GHz x 2
RAM 4 GB
ROM 32 GB
SDカード 対応(最大256GBまで)
※SIMカードスロット2との排他仕様
バッテリー 3,600 mAh
ディスプレイ
サイズ 5.5 インチ
解像度 WQHD(2560 x 1440)
種類 Super AMOLED
カメラ
メイン 1,200 万画素
サブ 500 万画素
SIMカード
種類 Nano SIM
スロット数 2
通信方式
FDD-LTE Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 13
Band 17
Band 18
Band 19
Band 20
Band 25
Band 26
TD-LTE Band 38
Band 39
Band 40
Band 41
WCDMA Band 1
Band 2
Band 5
Band 8
CDMA BC0
TD-SCDMA Band 34
Band 39
GSM 850 MHz
900 MHz
1800 MHz
1900 MHz
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
MU-MIMO
Bluetooth Version 4.2
その他
防塵防水 IP68

同機種の香港現地での販売価格はHKD5,998(約85,800円)となっており、ETORENではこれとほぼ変わらない費用で入手が可能。

なお同モデルに関しては、同じく香港に販売拠点を持つ海外通販サイトEXPANSYS(エクスパンシス)でも今月上旬より販売が始まっています。

EXPANSYSでは同日時点における在庫状況が入荷待ち(在庫切れ)にはなっているものの、本体価格が75,800円、輸入消費税などを加味した購入費用の概算見積額が約79,300円と安価で販売されています。

この価格差の大きな要因としてここ最近の円安の傾向が挙げられ、商品価格を外貨で設定している通販サイトでは実質商品全体の値上がりが進む中、EXPANSYSでは大きな価格の見直しが特に行われていないといった状況になっています。

あくまで”相対的に安い”ということではあるものの、円安の傾向が続く現在において少しでも費用を抑えて個人輸入を楽しむのであれば、割安感が出てきているEXPANSYSの利用は検討してみる価値がありそうです。

★ Galaxy S7 edge(型番:SM-G9350)の商品ページはこちら

Source:ETOREN