ExpansysでSony Xperia X Compactの販売がスタート

2016年9月下旬より Sony Mobile Communications(以下、Sony)の最新コンパクトサイズスマートフォン Xperia X Compact の購入仮予約受付を開始し、2日ほど前には予定本体価格も公開していた海外通販サイトExpansys(エクスパンシス)

この商品について、本日とうとう初回分の在庫が入荷。発売となっています。

SPONSORED LINK

2016年10月7日(金)時点で新たに販売開始となっているのは Sony Xperia X Compact(型番:F5321)。入荷済み(在庫あり)となっている本体カラーは2色(WhiteMist Blue)で、残る Universe Black だけは引き続き仮予約受付中となっています。

同日時点における本体価格は53,900円で、先日より公開されていた予定本体価格から変更なし。日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積額は約57,800円ほどです。

製品名に”Compact”を関した機種としては約1年ぶり(Xperia Z5 Compact以来)のリリースとなった Xperia X Compact。筐体材質は樹脂製、防塵防水には非対応と Xperia Z5 Compactに比べると劣る部分もありますが、一方で価格はより手頃に。

またRAM容量の増量(2GB→3GB)やフラグシップモデル(Xperia XZ)同様の高仕様なメインカメラを搭載するなど、ベーススペックを適度に引き上げつつ価格とのバランスを取ったという印象を受けます。

その他、Sony Developer Worldにて公開中のホワイトペーパーで確認できる「型番:F5321」の主な仕様情報は次のとおりです。

項目 詳細
サイズ 高さ:129.0 mm
横幅:65.0 mm
厚さ:9.5 mm
重量 135 g
OS Android 6.0.1
(開発コード名:Marshmallow)
SoC Qualcomm
Snapdragon 650
Hexa-Core
(1.8GHz Dual + 1.4GHz Quad)
メモリ RAM 3GB
ROM 32GB
バッテリー 2,700 mAh
ディスプレイ 4.6インチ
HD(1280 x 720)
TFT液晶ディスプレイ
カメラ メイン:2,300万画素
サブ:500万画素
通信方式

LTE Cat 6
FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20/26/28
TD-LTE:B38/39/40/41
UMTS:B1/2/4/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth:Ver.4.2 LE

その他 SIMカード:Nano SIM
SDカード:対応(最大256GBまで)
防塵防水:非対応

同モデルに関しては、同じく香港に販売拠点を持つ海外通販サイト1ShopMobile.comでも昨日より取扱いが始まっています。

同日時点における購入費用(概算額)は1ShopMobile.comのほうが3,000円ほど安価。

ただしこの2サイトでは購入前後のサポート内容が大きく異なっており、Expansysでは12ヶ月の長期保証が付帯することなどを考えると妥当、あるいはExpansysのほうが安いとも考えられる価格設定です(2サイトの違いは以下の記事で整理して紹介しています)。

個人的には、現在の費用差であれば、Expansysを利用して購入するほうが(それほど費用もかわらず、安心して使い続けられるという意味で)よりオススメです。

Source:Expansys