ExpansysでSONY Xperia X Compact F5321の購入仮予約受付がスタート

日本向けの販売拠点を香港に構えるモバイルガジェットの海外通販サイトExpansys(エクスパンシス)にて、Sony Mobile Communications(以下、Sony)の最新コンパクトスマートフォン Xperia X Compact の購入仮予約受付が始まっています。

SPONSORED LINK

2016年9月24日(土)時点において新たに仮予約の受付が始まっているのは Sony Xperia X Compact。商品ページには型番を示す記載「F5321」が見つかり、取り扱う予定の商品はDual SIMスロットを搭載したSIMフリーモデルと見られます。

同日時点で仮予約が可能な本体カラーは3色(Universe BlackWhiteMist Blue)。なお予定本体価格は現時点で全色未定です。

Xperia X Compact は今年2016年9月初旬にSONYが発表したスマートフォン。その名の通り、搭載するディスプレイサイズが4.6インチ(解像度は1280×720のHD)のコンパクトサイズモデルとなります。

本体外装の素材は樹脂(プラスチック)ですが、多層仕上げとすることで陶器のような独特の質感を再現したといわれています。そしてここにSnapdragon 650(ヘキサコア)プロセッサ、3GBのRAMなどを搭載。注意が必要なポイントとして、防塵防水には非対応です。

同じタイミングで発表された Xperia Xシリーズのフラグシップモデル「Xperia XZ」同様にメインカメラはシリーズ初となる赤外線によるレーザーAFをサポート。これに他の技術も組み合わせた”トリプルイメージセンシング技術”をサポートし、ピント合わせの速さや暗所でのフォーカス精度がより強化されています。

参考までに、Sony Developer Worldにて公開中のホワイトペーパーで確認できるその他主な仕様情報は次のとおりです。

項目 詳細
サイズ 高さ:129.0 mm
横幅:65.0 mm
厚さ:9.5 mm
重量 135 g
OS Android 6.0.1
(開発コード名:Marshmallow)
SoC Qualcomm
Snapdragon 650
Hexa-Core
(1.8GHz Dual + 1.4GHz Quad)
メモリ RAM 3GB
ROM 32GB
バッテリー 2,700 mAh
ディスプレイ 4.6インチ
HD(1280 x 720)
TFT液晶ディスプレイ
カメラ メイン:2,300万画素
サブ:500万画素
通信方式

LTE Cat 6
FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20/26/28
TD-LTE:B38/39/40/41
UMTS:B1/2/4/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth:Ver.4.2 LE

その他 SIMカード:Nano SIM
SDカード:対応(最大256GBまで)
防塵防水:非対応

同モデル(型番:F5321)に関しては、一足先に欧州圏で販売がスタート。日本への配送に対応する通販サイトとしてはCloveなどがその例として挙げられます。

参考までに同日時点におけるそちらでの取扱い価格を改めて確認してみると、VAT(付加価値税)抜きの本体価格がGBP315.83(約41,500円)、購入費用の概算見積もり額は約47,200円ほど。Expansysで購入する場合の費用についても、この前後を想定しておけばよいのではないか、と思います。

Expansysでは購入前後と問い合わせを含めて日本語でのサポートに対応、商品代金は現金払い(ヤマト運輸の代金引換)にも対応、販売するすべてのスマートフォンに対して12ヶ月の長期保証が付帯といった利用者にとってのメリットがあります。

また同サイトの仮予約は予約をキャンセルした際も含めて手数料が無料。仮予約をしておくと商品入荷直前にEメールで通知が届き、その時点で価格を見て購入する・しないの最終判断が可能です。また仮予約を行なった上で実際に購入に至ると、本体代金からUSD10.00相当が割引かれる特典も。

少しでも早く同モデルを入手したいというのであればCloveなど既に発売中のサイトを利用するのもオススメ。一方でそこまで急ぎはしないので、購入後のアウターサポートも含め、より安心して使えるサービスを優先したい場合であれば、Expansysで注文することは個人的にもオススメできます。

Source:Expansys