SONY Xperia XZ F8332の購入仮予約受付がExpansysでスタート

日本向けの販売拠点を香港に持つモバイルガジェットの海外通販サイトExpansys(エクスパンシス)にて、SONY Mobile Communications(以下、SONY)Xperiaブランドの新フラグシップモデル Xperia XZ(型番:F8332)の購入仮予約受付が始まっています。

SPONSORED LINK

2016年9月15日(木)時点における予定本体価格は未定。現時点で取扱い予定となっている(商品ページが用意されている)本体カラーは3色(Mineral BlackPlatinumForest Blue)です。

Xperia XZは現在国内でも発売中のXperia X Performanceなどを含む「Xperia Xシリーズ」のフラグシップモデルとして2016年9月初旬に発表されたハイエンドスマートフォン。

Xperia Xシリーズの既発表済みハイエンドモデルは筐体材質として主に金属を用いていますが、それはこのXperia XZにも共通すること。ただしXperia XZでは用いる金属(アルミ)をより輝度の高いものとしており、外観に受ける印象はXperia X(あるいはXperia X Performance)とは大きく異なるといわれています。

またXperiaの機能面での最大の強みともいえるカメラ機能は今作でさらにパワーアップ。前作Xperia Xで搭載された先読みAFに、Xperiaシリーズ史上初となるレーザーAF、そしてRGBC-IRセンサーを用いた色再現技術を組み合わせた”トリプルイメージセンシング技術”をサポートし、暗所でのフォーカス精度の向上や撮影環境を問わない色再現を実現しています。

Expansysの商品ページには取り扱うモデルを表す「F8332」の表記があり、これはDual SIMスロットを備えたSIMフリーモデルであることがわかります。

参考までに、SONY Developer Worldにて公開中のホワイトペーパーで確認できる主な仕様情報は次のとおりです。

項目 詳細
サイズ 高さ:146.0 mm
横幅:72.0 mm
厚さ:8.1 mm
重量 161 g
OS Android 6.0.1
(開発コード名:Marshmallow)
SoC Qualcomm
Snapdragon 820
Quad-Core
(2.2GHz Dual + 1.6GHz Dual)
メモリ

RAM 3GB
ROM 64GB

バッテリー 2,900 mAh
ディスプレイ 5.2インチ
フルHD(1920 x 1080)
TFT液晶ディスプレイ
カメラ メイン:2,300万画素
サブ:1,300万画素
通信方式

LTE Cat 9
FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/19/20/26/28/29/32
TD-LTE:B38/39/40/41
UMTS:B1/2/4/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz), MIMO
Bluetooth:Ver.4.2 LE

その他 SIMカード:Nano SIM x 2
SDカード:対応(最大256GBまで)
防塵防水:IP65/68

対応周波数を確認するとFDD-LTEのBand19(NTTドコモのプラチナバンド)やBand26(auのプラチナバンド)、またUMTSでもBand6/19(NTTドコモのFOMAプラスエリア)をサポート。日本国内でもNTTドコモ、au、そして(もともと海外向け機種と相性のよい)ソフトバンクの回線いずれにおいても、より快適に使いやすい構成となっています。

なお Xperia XZ に関しては、イギリスのガジェット通販サイトCloveにておいても、一足先に購入予約の受付が始まっていました。

Cloveが取扱い予定としている商品は「型番:F8331」となっており、Single SIMスロット搭載、ROM容量32GB(RAM容量は3GB)といった点がF8332と異なる部分となっています(対応周波数は変わりません)。

ただ端末本体の仕様を見れば、より高仕様となっているのはExpansysが取り扱う予定のF8332。またDual SIMスロットは”おそらく”4G+3G(あるいは3G+3G)のデュアルシム・デュアルスタンバイもサポートするものと予想されます。

Expansysの仮予約は予約する際にも、万が一キャンセルする場合であっても手数料等はかかりません。仮予約を行なうと商品在庫が入荷する直前でEメールによる通知を受け取ることができ、その時点で価格を見ながら購入する・しないの判断が可能です。

また仮予約を済ませた上で実際に購入に至った場合には本体代金からUSD10.00相当の割引が受けられるため、発売直後に通常注文するよりも購入費用を安く押さえることもできます。

今後発売までに予定本体価格なども商品ページに公開されるはず。ただその上で、発売と同時に確実に購入したい方から価格によっては購入も検討したいという方まで、多少でも発売と同時に購入する想定があるのであれば”とりあえず”でも仮予約を済ませておくことがより賢い選択といえるでしょう。

Source:Expansys