ExpansysでZTE AXON 7 A2017Gの販売がスタート

2016年8月下旬より、ZTE Corporation(以下、ZTE)のAXONブランドにおけるフラッグシップモデル AXON 7(型番:A2017G)の購入仮予約を受け付けていたExpansys(エクスパンシス)

これに関して仮予約受付が終了し、販売開始となっています。

SPONSORED LINK

2016年9月3日(土)時点における本体価格は48,580円で、仮予約の受付開始時点から735円ほど高い価格設定に変更されています。現在注文可能な本体カラーは1色(Ion Golden)のみです。

日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約52,500円ほどとなります。

2016年5月に発表されたこのAXON 7。金属製の筐体はドイツの自動車メーカーBMWの子会社であるDesignworks社との協業で設計されており、質感とグリップ性の高さが実現されているとのこと。

SoCにはQualcomm社のSnapdragon 820を採用し、RAMは4GB、ROMは64GBが搭載されています。カメラもメインカメラの有効画素数は2,000万画素と非常に高くなっており、現行でもトップレベルといえるハイエンド仕様です。

また今作で大きな特徴として取り上げられているのは音楽関連機能。2種類のオーディオデバイスを搭載することで、こちらも現行のモバイルデバイスにおける最高品質の音楽環境を実現しているとのこと。もちろんハイレゾ音源の再生もサポートしています。

Expansysが取り扱うモデル(モデル番号:A2017G)はグローバル向けのSIMフリーモデルとなっており、ZTE公式サイトの製品ページで確認できる主な仕様情報は次のとおりです。

項目 詳細
サイズ 高さ:151.7 mm
横幅:75.0 mm
厚さ:7.9 mm
重量 175 g
OS Android 6.0
(開発コード名:Marshmallow)
SoC Qualcomm Snapdragon 820
Quad-Core
(2.15GHz Dual + 1.6GHz Dual)
メモリ RAM 4GB
ROM 64GB
バッテリー 3,250 mAh
ディスプレイ 5.5インチ WQHD(2560×1440)
AMOLEDディスプレイ
カメラ メイン:2,000万画素
サブ:800万画素
通信方式

FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/19/20/28AB
TD-LTE:B38/40/41
UMTS:B1/2/4/5/8
GSM:850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth:Ver.4.1

その他 SIMカード:Nano SIM x 2
SDカード:対応(最大128GBまで)

前作の派生モデルにあたるAXON miniは日本国内でもSIMフリー仕様で発売されており、今後このAXON 7についても発売は期待できるかもしれません。

とはいえ、グローバル向けモデルに関してもFDD-LTEのBand1/3の他、Band19(NTTドコモのプラチナバンド)もサポート。MVNOのSIMと合わせて使う場合であっても、他に多くある海外端末に比べれば、十分広いエリアで使用できる内容です。

なお当サイトで在庫・価格情報を紹介している通販サイトを確認してみても、現在同モデルの取扱いを行なっているところはありません。いち早く入手したいということであればExpansysでの注文は有効な選択肢となるでしょう。

Source:Expansys