1ShopMobile.comでMotorola Moto G4 Plus XT1644の取り扱いがスタート

本社をアメリカに置く海外通販サイト1ShopMobile.comにて、Motorola Moto G4 Plus(型番:XT1644)の取り扱いが始まっています。

SPONSORED LINK

2016年7月20日(水)時点において1ShopMobile.comで取り扱いが始まったのは Motorola Moto G4 Plus XT1644。現在注文できるモデルは RAM2GB/ROM16GB および RAM4GB/ROM64GB の2モデルで、それぞれ2色(Black/White)の本体からカラー選択することが可能です。

同日時点における本体価格、そして日本国内住所宛てへの配送料、輸入時に課せられる輸入消費税、クレジットカードでの代金決済時に発生する為替変換手数料などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額はそれぞれ次のとおりです。

RAM/ROM容量 本体価格 購入費用
(概算)
RAM2GB/ROM16GB 約¥29,200
($275.00)
約¥34,300
RAM4GB/ROM64GB 約¥34,900
($329.00)
約¥40,300

Moto G4 PlusはMotorolaが展開するミドルレンジ「Moto G」シリーズの第4世代のうちの1モデルとして2016年5月にリリース。ただ今作では4GBのRAM、64GBのROMを搭載するモデルも登場しており、性能的にはミドルレンジ~ハイエンドに位置する形になっています。

5.5インチ(解像度は1920×1080のフルHD)のディスプレイを搭載する大型のボディには3,000mAhの大型バッテリーも搭載。加えて独自の急速充電技術「TurboPower」をサポートすることで、15分の充電で6時間の使用が可能と謳われています。

その他にもMotorolaのグローバル向けモデルとしては今シリーズで初搭載となる指紋認証センサーも搭載。

1ShopMobile.comの商品ページにはモデルを表す「XT1644」の記載が有り、取り扱う商品は北米向けのSIMモデルフリーモデルを並行輸入したものと思われます。

参考までに、Motorola公式サイトのアメリカ向け製品ページにて確認できる主な仕様情報は次のとおり。

項目 詳細
サイズ 高さ:約 152.9 mm
横幅:約 76.5 mm
厚さ:約 7.87 mm
(カメラ部:9.78 mm)
重量 約 157 g
OS Android 6.0.1
(開発コード名:Marshmallow)
SoC Qualcomm Snapdragon 617
1.5GHz Octa-Core
メモリ RAM 2GB または 4GB
ROM 16GB または64GB
バッテリー 3,000 mAh
ディスプレイ 5.5インチ フルHD(1920 x 1080)
401ppi
カメラ メイン:1,600万画素
サブ:500万画素
通信方式

LTE Cat 4
FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/25/26
TD-LTE:B41
UMTS:850/900/1700/1900/2100 MHz
CDMA:BC0/1
GSM:850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:IEEE 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth:Ver.4.0 LE

その他 SDカード:対応(最大128GBまで)
SIMカード:Micro SIM または Nano SIM
※SIMスロットは1つ。付属アダプタでサイズ変更可

Moto G4 Plusに関しては日本国内でも今月22日より発売が予定されており、現在はAmazon.co.jpなどが購入予約を受付中。

ちなみに国内で発売されるものはRAM3GB/ROM32GBと記憶容量のサイズが異なる他、北米向けモデルとは対応周波数も異なる内容になっています。比較してみたのが以下の表です。

モデル名 対応周波数
北米向け
(XT1644)
FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/25/26
TD-LTE:B41
UMTS:850/900/1700/1900/2100 MHz
CDMA:BC0/1
GSM:850/900/1800/1900 MHz
日本向け FDD-LTE:B1/3/5/7/8/19/20/28
TD-LTE:B40
WCDMA:800/850/900/1900/2100 MHz
GSM:850/900/1800/1900 MHz

北米向けモデルはFDD-LTEのBand26(auのプラチナバンド)、TD-LTEのBand41(auのWiMAX2+)、そして3GでCDMAをサポート。日本国内での使用であれば、au系の回線と相性がよい内容となっています。

なお1点注意が必要なのは、北米向けモデルはSIMカードスロットが1つしか無いSingle SIM仕様になっているということ。当然ながら国内向けモデルがサポートする4G+3Gのデュアルシム・デュアルスタンバイは非対応です。

XT1644に関してはアメリカ・Amazon.comにてRAM2GBモデルがUSD249.99(約26,500円)、RAM4GBモデルがUSD299.99(約31,800円)で販売されていますが、いずれも日本国内住所宛てへの配送には非対応となっています。

★ 1ShopMobile.comの商品ページはこちら
Moto G Plus (4th Gen.) XT1644 – 1ShopMobile.com

Source:1ShopMobile.com