ETORENでGalaxy S7が実質値下がり中

5月から6月にかけて2度ほど、週末限定の大幅割引価格で Samsung Galaxy S7 SM-G930FD を販売してきた海外通販サイトETOREN(イートレン)

現在この過去2回と同額でのプロモーションが継続実施されており、直近の円高も相まって日本円換算ではかなり割安に入手が可能となっています。

SPONSORED LINK

2016年7月6日(水)時点における販売価格は輸入消費税込みでUSD599.00(約61,156円)から。

ETORENでは現在同モデルの本体カラーを5色(Black OnyxWhite PearlGold PlatinumSilver TitaniumPink Gold)取り扱っていますが、このうち3色(Black OnyxGold PlatinumSilver Titanium)が販売価格USD599.00、また追加カラーである1色(Pink Gold)も販売価格USD600.00で取り扱いされています。

日本国内住所宛への配送料、クレジットカードでの代金決済時に発生する為替変換手数料などを加味した購入費用の概算見積もり額は最安モデルで約64,700円ほどとなります。

過去2回の週末限定セールで設定されていた販売価格はともにUSD599.00と米ドルでは同額。ですが日本円換算した購入費用の概算見積もり額は5月開催の1回目が約69,300円、6月開催の2回目が67,400円ほどでした。

円高の影響により、2ヶ月前と比べると同設定価格なのに購入費用は5,000円近く安い状況となっています。

今年2月に発表され、ETORENでは3月から取り扱いが始まっていたGalaxy S7。日本国内では未発売のモデルで、国内2キャリアから発売されているGalaxy S7 edgeと比較すると主な違いはディスプレイサイズ、デュアルエッジスクリーンの有無、搭載するプロセッサといったところ。

ディスプレイサイズは5.1インチと片手でも扱いやすく、またGalaxy S7よりデザインも一般的。特徴である一方、言い方を変えればクセともいえるデュアルエッジスクリーンがないことで、シンプルに長く使える印象があります。

ETORENが取り扱うモデルはシンガポール向けのSIMフリーモデルとなっており、Samsung公式サイトのシンガポール向け製品ページにて確認できる主な仕様情報は次の通り。

項目 詳細
サイズ 高さ:142.4 mm
横幅:69.6 mm
厚さ:7.9 mm
重量 152 g
OS Android 6.0
(開発コード名:Marshmallow)
SoC Samsung Exynos 8890 Octa-Core
(2.3GHz Quad+1.6GHz Quad)
メモリ RAM 4GB(LPDDR4規格)
ROM 32GB
バッテリー 3,000 mAh
ディスプレイ 5.1インチ WQHD(2560 x 1440)
Super AMOLEDディスプレイ
577ppi
カメラ メイン:1,200万画素
サブ:500万画素
通信方式

LTE Cat 9
FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28
TD-LTE:B38/39/40/41
UMTS:Band 1/2/4/5/8
TD-SCDMA:B34/39
GSM:850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz), MU-MIMO
Bluetooth:Ver.4.2 LE

その他 SIMカード:Nano SIM x 2
SDカード:対応(最大200GBまで)
防塵防水:IP68相当

Galaxy S7に関しては、日本向けの販売拠点を香港に持つガジェットショップExpansys(エクスパンシス)では1色(Pink Gold)を残し早くも取り扱いが終了。このPink Goldも同日時点での本体価格が66,400円と、これだけですでにETORENでの購入費用を上回っています。

日本語でも問い合わせが可能な他のショップとして1ShopMobile.comもあり、同日時点におけるそちらでの本体価格はUSD535.00(約55,800円)。購入費用の概算見積もり額は約61,600円ほど。こちらは入手費用で比べるとETORENよりも安くはなっています。

ただし1ShopMobile.comでは、商品に付帯する保証は初期不良対応の10日間のみ。一方でETORENでは販売する全ての商品に12ヶ月の長期保証が適用されます。差額3,000円で12ヶ月の保証がプラスされると考えれば、個人的に利用を薦めやすいのはETORENです。

なおシンガポール向けモデルは購入後に日本語ロケール(システム言語)を手動で追加する必要があります。パソコンに環境が構築できていないとやや手間がかかることは事実なので、ETORENでの購入を検討する際は、事前に下記記事で紹介している手順も確認しておくことがオススメです。

今回紹介している中でも追加カラーとなるPink Goldに関しては、他のショップでも取り扱いがない、または他色と比べて価格が割高設定といったケースがほとんど。輸入消費税込みでUSD600.00(約61,074円)、購入費用の概算見積もり額が約64,900円というのは現状かなりお買い得です。

国内で発売されていないモデル、そしてさらに珍しいカラーを購入したいという方にとっては、ETORENでのPink Goldモデル購入はかなりオススメといえるでしょう。

Source:ETOREN