1ShopMobile.comでNextbit Robinの取扱いがスタート

アメリカに本社を置くガジェットショップの 1ShopMobile.com にて、Nextbit製スマホ Robin の取扱いがスタートしています。

SPONSORED LINK

2016年5月9日時点における本体価格はUSD329.00(約35,600円)。現在注文が可能な本体カラーは2色(Mint/Midnight)です。

日本国内住所宛てへの配送料、クレジットカードで代金を決済した際に発生する為替変換手数料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約40,800円からとなります。
※DHLが定める”遠隔地“宛の配送では追加料金としてUSD20.00が発生

Nextbitの公式サイトでは日本国内住所を配送先と指定しての購入も可能ですが、そちらでは商品代金+輸入消費税の購入費用がUSD430.92(約46,700円)。1ShopMobile.comを利用して購入するほうが安い費用で入手できる状態となっています。

Robinは2015年9月にクラウドファンディングサイトのKickstarter(キックスターター)で登場したプロジェクトで生み出されたスマートフォン。

端末内部のストレージとクラウドを統合したAndroidベースの独自設計OS「Nextbit OS」を搭載。

アプリや写真などのデータをシームレスにクラウド上へとバックアップする点が特徴となっており、加えて、しばらく使用していないものをクラウド上へアーカイブする、アーカイブされたものはいつでも自由に復元できるといった設計になっています。なおその代わり、microSDカードはサポートしていません。

他にも本体右側面に設けられた電源キーには指紋認証センサーを内蔵。また外部入出力端子はUSB Type-Cコネクタを採用しています。

Nextbit公式サイトのRobin製品ページにて確認できる、Robinの主な技術仕様は次の通り。

項目 詳細
サイズ 高さ 149 x 幅 72 x 厚さ 7 mm
重量 150 g
OS Nextbit OS
SoC Qualcomm Snapdragon 808 64bit Hexa-Core
メモリ RAM 3GB/ROM 32GB
※その他専用クラウドストレージを容量100GB付与
バッテリー 2,680 mAh
ディスプレイ 5.2インチ フルHD(1920×1080)IPS液晶ディスプレイ
カメラ リアカメラ:1,300万画素
フロントカメラ:500万画素
通信方式

4G(FDD-LTE):Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28
4G(TD-LTE):-
3G(HSPA):850/900/1700/1800/1900/2100 MHz
2G(GSM):850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)

Bluetooth 4.0 LE

その他 SIMカード:Nano SIM
SDカード:-(非対応)
外部入出力端子:USB Type-C

Robinに関しては日本国内においても、今年3月末にソフトバンクが開設したIoT(Internet of Things。モノのインターネット)製品関連プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」での販売が予定されています。

そしてこれに先立ち、現在はNextbitの公式サイトで購入した製品においても日本向けの技適マークが確認できるとのこと。

しばらく待つことで日本国内でもより手軽に購入できるようになる一方、安く買えるのであれば少しでも早く購入して試してみたいといった方は1ShopMobile.comを利用して購入してみるのもよいかもしれませんね。

Source:1ShopMobile.com