30-01-2016_001

約10日ほど前よりXperia Z5の新色「Pink」の仮注文受付を行っていたガジェットショップのExpansys。この商品在庫が入荷し、販売が始まったようです。

SPONSORED LINK

2016年1月30日時点における本体価格は68,855円で、仮注文の受付開始当初と比較して975円ほど高い価格設定になっています。日本国内住所宛ての配送料、輸入時に課せられる輸入消費税などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約73,600円ほどです。

昨年9月にドイツ・ベルリンで開催された IFA2015(国際コンシューマ・エレクトロニクス展)にて正式に発表されたXperia Z5。日本国内においてもNTTドコモ、ソフトバンク、KDDIの3社より発売中ですが、そんな中先月新色として追加リリースされたのがこのPinkモデル。グローバルモデルとともに、今回は日本国内においてもNTTドコモとKDDIから発売される予定となっています。

従来モデルと異なるのは本体カラーのみで、それ以外の技術仕様や機能については変わりがありません。5.2インチ(解像度は1920×1080のFHD)のディスプレイにQualcomm Snapdragon 810(オクタコアプロセッサ)を搭載し、RAM3GB、ROM32GB(microSDカードで最大200GBまで拡張可能)。前作となるXperia Z3+(およびZ4)からの性能・機能的な進化点としてはカメラ(有効画素数アップ、オートフォーカスの高速化、ズーム撮影の強化)や指紋認証(電源ボタンに指紋認証センサーを搭載)といったところが挙げられます。

なおその他、このPinkモデル(モデル番号:E6653)の詳細な技術仕様は以下のとおり。

項目 詳細
サイズ 高さ 146 ✕ 幅 72 ✕ 厚さ 7.3 mm
重量 154 g
OS Android 5.1 Lollipop
CPU Qualcomm Snapdragon 810 64bit Octa-Core(2GHz Quad-Core+1.5Ghz Quad-Core)
メモリ RAM 3GB / ROM 32GB
バッテリー 2,900 mAh
ディスプレイ 5.2インチ Full HD(1,920×1,080)424ppi
カメラ リアカメラ:2,300万画素
フロントカメラ:510万画素
通信方式

LTE Cat 6
FDD-LTE:Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28
TD-LTE:Band 38/40
3G:850/900/1900/2100 MHz
2G:850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、MIMO
Bluetooth 4.1

その他 SIMカード:nano SIM
SDカード:microSDカード(最大200GBまで)

このPinkモデルに関しては現在まだ他の(日本国内への配送に対応した)主要ガジェットショップではほぼ取り扱いが見られません。ただし(カラーは異なりますが)1ShopMobile.comで取り扱う同モデル番号の商品を見てみると、本体価格USD505.00(約62,000円)、購入費用の概算見積もり額が約68,500円ほど。2世代前のモデルとなるXperia Z3で販売されていたDiamond Purple Editionのような限定モデルではないものの、他所との比較による相対的な見方をすれば、価格はやや割高となっています。

もちろん現在はまだ出回っている数も少ないことから、新色を少しでも早く手にしたい、という方はExpansysにて注文してみるのもアリでしょう。ただ1ShopMobile.comなどで取り扱いが始まるのも時間の問題と思われることから、(仮注文予約からの購入による割引適用が終了した)このタイミングで購入するのであれば、他所での取り扱い価格が一通り出揃ってからの注文でも ”個人的” には遅くはないように思います。

Source:Expansys