BlackBerry PRIVの仮注文受付がExpansysでスタート

香港に拠点を持つガジェットショップExpansysが、Android OSおよびスライド式の物理QWERTYキーボードを搭載する BlackBerry PRIV STV100-3 の仮注文受付を開始しています。

SPONSORED LINK

2015年11月11日時点における予定本体価格は103,175円。本体カラーに関してはBlack1色の取り扱い予定となります。なお本体価格だけで50,000円以上70,000円以上となっていることから日本までの配送料は無料になると予想され、輸入時に課せられる輸入消費税(内国消費税、地方消費税)などを加味した(個人輸入扱いとした場合における)購入費用の概算見積もり額は約107,900円ほど。

またExpansysでは仮注文の受付時より注文をして実際に購入に至れば、購入時にUSD10.00(約1,200円相当)の割引が適用されるキャンペーンを実施しており、それも加味すると現時点から注文しておけば約106,700円ほどで入手できる試算となります。

BlackBerry PRIV は10月下旬にカナダのモバイルブランドBlackBerryが発表した新機種。BlackBerry製のスマートフォンといえばこれまでOSは同社独自となるBlackBerry OSが搭載されていましたが、このBlackBerry PRIVはAndroid OSを採用し、かつスライド式で同社製端末の特徴といえる物理QWERTYキーボードを搭載するよいところ取りのハイブリッドモデルともいえるでしょう。

ディスプレイは5.4インチ(解像度は2,560×1,440のWQHD)で、プロセッサーはQualcomm Snapdragon 808 Hexa-Coreを搭載。その他RAM容量が3GB、ROM容量が32GB(別途microSDカードで2TBまで拡張可能)となっており、またリアカメラは有効画素数1,800万画素かつOIS(光学式手ぶれ補正機能)も搭載します。

なおExpansysで取り扱う予定のモデルは STV100-3 となっており、Expansysの商品ページにて確認できる詳細な技術仕様は以下のとおり。

項目 詳細
サイズ 高さ 147 ✕ 幅 77.2 ✕ 厚さ 9.4 mm(※キーボードオープン時の高さは 184 mm)
重量 192 g
OS Android 5.1 Lollipop
CPU Qualcomm Snapdragon 808 64bit Hexa-Core(1.8GHz Dual-Core + 1.44 GHz Quad-Core)
メモリ RAM 3GB / ROM 32GB
バッテリー 3,410 mAh
ディスプレイ 5.4インチ WQHD(2,560×1,440)
カメラ リアカメラ:1,800万画素
フロントカメラ:200万画素
通信方式

FDD-LTE:Band 1/2/3/45/7/8/12/13/17/20/25/28/29/30
TD-LTE:Band 38/40/41
3G:850/900/1700/1900/2100 MHz
2G:850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.1 LE

その他 SIMカード:nanoSIM
SDカード:microSDカード(最大2TBまで)

なおBlackBerryの製品ページにも記載されていますが、このBlackBerry PRIVに限らずBlackBerryの機種は3Gの850MHz帯がバンドで見ると「Band 5/6(Band 6を内包)」しており、日本国内においてはドコモのFOMAプラスエリアでも利用が可能となっています。

BlackBerry PRIVに関しては本日、日本国内における正規再販総代理店の認定を受けている株式会社FOXが雲梯するオンラインストア「caseplay」でも発売が正式に発表されています。ただしこちらでは本体価格はまだ未定です。

Expansysでは仮注文を行った後もそれがそのまま購入決定となるのではなく、商品入荷直前で最終的な本体価格の連絡ならびに購入意思の確認がメールで行われるため、とりあえず仮注文だけ済ませておき、連絡が来た時点で実際に購入するかどうかを価格を見ながら考える、といった方法もひとつの方法としてオススメできるでしょう。

Source:Expansys