ZTE AXON miniの仮注文受付がExpansysでスタート

本日より中国・ZTEのハイエンドモデル AXON Elite Dual SIM の販売を開始したガジェットショップのExpansys。併せてよりコストパフォーマンスに長けた下位モデル AXON mini Dual SIM の仮注文受付が始まっています。

SPONSORED LINK

2015年10月19日時点における予定本体価格は約39,990円。本体カラーは AXON Elite 同様、 Ion Gold 1色の取り扱い予定となっています。なお日本への配送料、輸入時に課せられる輸入消費税(内国消費税、地方消費税)などを加味した個人輸入扱いとした場合における購入費用の概算見積もり額は約43,300円ほど。さらにExpansysでは仮注文後にそのまま購入に至った場合、購入代金からUSD10.00相当の割引を適用するキャンペーンを行っており、それも踏まえると約42,100円ほどで購入できる計算となります。

ZTE AXON miniは現地時間の10月11日に中国・深センで開催されたZTEの新製品発表会にて発表されたハイエンドモデル。本体の外観デザインはAXON Eliteをそのまま一回り小さくしたようなものとなっており、製品名に “mini” と冠されているものの、ディスプレイサイズは5.2インチと大きめ(少なくとも現行において一般的といえるスマートフォンと同程度のサイズ)になっています。

ちなみに現在まだZTEグローバルの公式サイトに製品ページは用意されておらず、またExpansysの商品ページにもスペックの記載はありません。参考までにプレスリリースおよびITmediaに掲載されている記事から現時点で確認できる、詳細な技術仕様は以下のとおり(※Expansysで取り扱うモデルが完全にこれに一致するかは不明であり、その点は要注意)

項目 詳細
サイズ 高さ 143.5 ✕ 幅 70.0 ✕ 厚さ 7.6(最薄部:3.5) mm
重量 不明
OS Android 5.0 Lollipop
CPU Qualcomm Snapdragon 616 1.5GHz Octa-Core
メモリ RAM 3GB / ROM 32GB
バッテリー 2,800 mAh
ディスプレイ 5.2インチ FHD(1,920×1,080)Super AMOLED ディスプレイ
カメラ リアカメラ:1,300万画素 + 200万画素 デュアルカメラ
フロントカメラ:800万画素
通信方式

FDD-LTE:Band 1/3/7
TD-LTE:Band 38/39/40/41
3G(W-CDMA):850/900/1900/2100 MHz
2G(GSM):850/900/1800/1900 MHz

Wi-fi:不明
Bluetooth:不明

その他 SIMカード:不明
SDカード:microSDカード(最大128GBまで)

なおこのAXON miniに関しては日本国内向けの投入も公式に発表されており、対応周波数などがよりローカライズされたモデルが後々発売されることが予想されます。

Source:ExpansysZTEITmedia